丘の上に佇むペンション「うさぎの時計」は伊豆・伊東に隠れたアリスの世界

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

丘の上に佇むペンション「うさぎの時計」は伊豆・伊東に隠れたアリスの世界

丘の上に佇むペンション「うさぎの時計」は伊豆・伊東に隠れたアリスの世界

更新日:2015/07/16 11:28

西藤 カオルのプロフィール写真 西藤 カオル

伊豆・伊東といえば都心から気軽に行ける温泉旅行のメッカ。CMでお馴染みの有名旅館が並び、伊東といえば温泉のイメージですが、それだけに絞ると見逃してしまう素敵なお宿があります。場所は、温泉街から離れた相模灘を見下ろす小高い丘の上。昼間は青い海を眺め、夜はキラキラの夜景、夏場なら花火も見下ろせる超展望!大人を癒すセンスの良いアリスコレクションに囲まれるお宿、「うさぎの時計」をご紹介します。

不思議の国ならぬ癒しの国は丘の上

不思議の国ならぬ癒しの国は丘の上

写真:西藤 カオル

地図を見る

JR東日本と伊豆急行が乗り入れる伊東駅は、週末になると温泉目当ての観光客でとても賑やか。温泉街らしい名前の「湯の花通り商店街」には、地元名物やお土産品をあつかう店が並び、ぶらり歩くだけでも退屈しません。温泉街の活気をこちらでひととおり楽しんだら、別世界にご案内しましょう。

駅を背に、左手後ろの小高い丘の上に小さいオレンジ色のかわら屋根が見えます。こちらが目指すお宿「うさぎの時計」。健脚な人なら徒歩でも30分ほどで辿り着けるのですが、なにせ丘の上。到着が夕刻になったら迷わずタクシーをご利用ください。車なら山道をのぼること5分程度。登りきった眼下には、伊東の街並みと相模灘の海がいっぱいにひろがります。

優しくつつまれるアリスの世界観

優しくつつまれるアリスの世界観

写真:西藤 カオル

地図を見る

「うさぎの時計」は全5室。そのすべてがオーシャンビューのお部屋になっており、どちらからも素敵な景色を拝めます。なかでも角部屋は2つの窓から海を眺めることができる分、眺望は格別。爽やかなミント系の配色が可愛らしさの中にも大人っぽい雰囲気を保っています。

ペンション名「うさぎの時計」は、もうお分かりでしょうがオーナーが大好きだというルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』にちなんだもの。部屋の中にも静かにその世界観がただよっています。背丈より高い位置にある小花の照明に、お茶会を彷彿させるティーカップのような趣きの花柄の湯のみ。ナイトテーブルのオブジェはお休み前に童話の世界へ誘ってくれそうです。

モーニングは海を眺めながら

モーニングは海を眺めながら

写真:西藤 カオル

地図を見る

近くの森林にすむ鳥のさえずりで目を覚ます朝。高原のように澄んだ空気を取り入れようと、窓を開ければそこは海!朝食会場に出向けば、お部屋以上に絶景がひろがります。

テラコッタ状の床に、アンティークな椅子を備えたテーブルセット。眼下に朝日に照らされた海を眺めながらのこの風景は、まるでヨーロッパのリゾート地のよう。こんなところで、一日をスタートさせたら素敵ですね。丘の上で過ごす伊東は、それまでの「伊東=温泉街」のイメージを180度覆すかもしれません。

熱々のクロワッサンは生地から自家製のこだわり

熱々のクロワッサンは生地から自家製のこだわり

写真:西藤 カオル

地図を見る

ここまで、眺望ばかりを紹介してきましたが、こちらのペンションの隠れた人気は食事にもあります。朝食は、焼きたてのクロワッサンに、選べる卵料理、ベーコン、サラダ、フルーツ盛り合せにコーヒー(又は紅茶)とテーブルが賑やかになるほどいっぱい。卵料理は、スクランブルエッグ・目玉焼き・オムレツからお好きなものをチョイス。食器や備品の一つ一つにアリスの世界観をひそませている様な、女性なら歓声をあげてしまいそうな華やかさがあります。

特筆すべきはクロワッサン。こちらは生地から自家製というこだわりで、テーブルには熱々の焼きたてが振舞われます。ひとくち頬張ったときの「音」もパン好きには幸せの響き!このクロワッサンを目当てにくるリピーターがいるというのにも納得です。

時を忘れる癒し空間

時を忘れる癒し空間

写真:西藤 カオル

地図を見る

食事会場のすぐ隣に小さな応接間があり、アンティークで座り心地のよさそうなソファーに腰掛け、オーナーがコツコツ集めたアリスコレクションを拝見することができます。本棚には、アリスに関する書籍がびっしり。パラパラとページを捲っていくうちに、『不思議の国のアリス』の世界にひきこまれていきます。

アリスの物語の挿絵は、もともとは作者のルイス・キャロル自身がつけており、その後、当時のトップ・イラストレーターであったジョン・テニエルに引き継がれ、「不思議の国のアリス」は世に広まりました。多くの人がアリスで思い浮かべるのは、テニエルの挿絵になるでしょう。日本では、2015年3月に亡くなった画家の金子國義の挿絵も人気がありました。「うさぎの時計」にも彼の描いたアリスのリトグラフが飾られています。

『不思議の国のアリス』は、その出版から2015年で150年を迎えます。アニバーサリー・イヤーに、アリスにちなんだ「うさぎの時計」にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

超展望のペンション「うさぎの時計」はいかがでしたか。
小高い丘の上のため、素晴らしい景色を堪能できますが、ここまで温泉はひかれていません。伊東温泉を楽しみたい場合は、伊東駅近辺に点在する共同浴場をぜひご利用ください。
昔ながらの低料金(大人250円ほど)で入浴ができます。大きな荷物は、駅のロッカーや手荷物預かり場所などを利用して、マナーよく地元の人と温泉を楽しみたいですね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/11−2015/04/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ