草津温泉で温泉まんじゅうを食べ比べ!おすすめ4選

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

草津温泉で温泉まんじゅうを食べ比べ!おすすめ4選

草津温泉で温泉まんじゅうを食べ比べ!おすすめ4選

更新日:2015/06/29 11:42

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

天下の名湯・草津温泉。温泉のお土産の定番と言えば、そう!「温泉まんじゅう」。
草津は押しも押されぬ温泉まんじゅうの激戦区。20店舗近いまんじゅう店が軒を連ねています。
どのまんじゅうを買うのがよしか非常に悩むところ。オーソドックスOR変り種、有名店OR地元の人気店・・・。突き詰めれば奥の深い「温泉まんじゅう」の世界。草津で温泉まんじゅう巡りをしてあなたにとってベストのまんじゅうと出会いましょう!

「温泉まんじゅう」食べ比べのススメ

「温泉まんじゅう」食べ比べのススメ

写真:しの

地図を見る

草津温泉と言えばもちろん温泉。
その中心地は大量の温泉が湧き出す「湯畑」周辺です。

湯畑の周辺は各種の温泉宿やお店が軒を連ねていますが、草津土産の定番「温泉まんじゅう」のお店ももちろん軒を連ねています。

せっかく「温泉まんじゅう」激戦区に来たからには、ただ単に「お土産」として適当に選ぶのではなく、じっくり食べ比べてみませんか?

湯畑から徒歩圏内で十分に食べ比べが可能なのも魅力です。

品質重視のこだわり饅頭「本家ちちや」の温泉まんじゅうは2種限定

品質重視のこだわり饅頭「本家ちちや」の温泉まんじゅうは2種限定

写真:しの

地図を見る

本家ちちやのまんじゅうは種類を2つに限定し、草津高原の水をアルカリイオン水にして使い、小豆は北海道産とするこだわりの逸品です。

2種類のまんじゅうは、一般的な茶色の皮に包まれた「茶まんじゅう」と本家ちちやならではの「二色まんじゅう」があります。「茶まんじゅう」は黒糖を使った皮に粒あんが包まれたもの、「二色まんじゅう」は白い皮に栗あんとこしあんが二色となって包まれたものです。

いずれも皮は薄皮・しっとり、あんにほどよい塩味を感じます。

地元で人気の「花いんげん」を使ったまんじゅうを提供「菓匠清月堂」

地元で人気の「花いんげん」を使ったまんじゅうを提供「菓匠清月堂」

写真:しの

地図を見る

おんせん饅頭多しの草津の中でもやや変り種としては「菓匠清月堂」のまんじゅう。
こちらの特徴は地元で人気の甘納豆に利用する「花いんげん」のあんを包んでいる点。

皮は一般的な茶色ではなくしろで、厚くふかふかしています。
豆本体をじっくり味わい、もっと食べたい方にはもちろん甘納豆もお忘れなく!

アウトレット商品に遭遇!?「旅館田島屋」のまんじゅう

アウトレット商品に遭遇!?「旅館田島屋」のまんじゅう

写真:しの

地図を見る

「旅館田島屋」は源泉かけながしの温泉宿。
こちらにあるたぬきが目印のお土産屋に毎日できたてのまんじゅうがずらりと並んでいます。

種類も多めで通常の粒あんやこしあん以外にもくるみみそまんじゅうなどが人気。
特徴としては他店よりあんはややあっさりめ・皮はふわふわしています。

ザ・温泉まんじゅうといえば「松むら饅頭」

ザ・温泉まんじゅうといえば「松むら饅頭」

写真:しの

地図を見る

「松むら饅頭」の温泉まんじゅうは品質・有名さ・そのオーソドックスさで非常にバランスのとれたもの。

まずは見た目から包み紙にも温泉マークがしっかり印字されており、その中に茶色の皮の温泉まんじゅうがイン!
皮はやや薄め・ややしっとりしつつふっくら感もあり、あんは柔らかめの粒あんがぎっしり詰まっております。

めくるめく温泉まんじゅうの世界へようこそ・・・

「温泉まんじゅう」と一口に言ってもお店や種類によって味が異なります。
皮はふっくら・しっとりに大別され、あんは粒あんとこしあん・柔らかめ・かため、塩味しっかり・ほとんど感じず等々です。

特に皮はお店によって特徴が出やすいので注目すべき点です。

微妙な違いは食べ比べることではっきりしやすく、楽しみが広がるもの。
草津では1個で販売しているお店がほとんどなので、お土産用に購入する前にまずは自身で食べ比べて検討してみましょう。

「温泉まんじゅう」の魅力にとりつかれること間違いなしです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/21−2015/06/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ