「ウィズ ザ スタイル福岡」で過ごす極上の非日常空間!

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「ウィズ ザ スタイル福岡」で過ごす極上の非日常空間!

「ウィズ ザ スタイル福岡」で過ごす極上の非日常空間!

更新日:2016/02/09 11:00

古川 和美のプロフィール写真 古川 和美 温泉ソムリエマスター、神社検定2級

博多駅から徒歩7分というアクセスで、海外のリゾート気分を満喫できる一押しスポットが「ウィズ ザ スタイル福岡(WITH THE STYLE FUKUOKA)」。ホテルに一歩入ると、非日常空間が広がる光景に、ここは海外?!と思わず錯覚してしまうほど!特に平日ランチ時はその美味しさと、高級感漂う空間にも関わらず、コスパの良さで常に満席になるほどの人気!今回はそんなおススメのランチをご紹介します。

ラウンジバーでは癒しの大人時間を

ラウンジバーでは癒しの大人時間を

写真:古川 和美

地図を見る

博多駅筑紫口駅から出て、右手にまっすぐ歩くこと約7分、右手にパームツリーやサボテン、南国で咲くというピンク色のお花がかわいらしいブーゲンビレアに囲まれたアジアンテイストの建物が現れます。まるでこの一角だけ南国リゾートのような雰囲気。

早速ホテル入口を抜けるとラウンジバーがあり、そしてその先に広がる吹き抜けのウォーターテラスと開放的な空間に思わず息をのみます。まるで海外のリゾート地に来たかのような非日常空間が広がり、一瞬でワクワク感がピークに!
このラウンジバーではお酒はもちろん、カフェなどの利用もOK。しっとり落ち着いた空間と、目の前に広がるリゾート空間を堪能しながら、癒しの大人時間を満喫できます。

360度見渡せる開放的なウォーターテラス

360度見渡せる開放的なウォーターテラス

写真:古川 和美

地図を見る

「ウィズ ザ スタイル福岡」を最も象徴するのが、このウォーターテラス。このテラスをぐるりと囲むように、いろんな席から360度見渡せて楽しめるのも魅力の1つです。

そして平日のお昼時に最も賑わうフロアが、イタリアンランチで人気の「メインダイニング COTTON(コットン)」。レストラン奥にはオープンキッチンがあり、スタッフの掛け声やランチをする人の賑わいもあいまって、常に活気に溢れています。

席は全てテーブル席になりますが、ウォーターテラスに最も近い席だと、間近でこの解放感を楽しむことができます。できれば行く際は、事前に電話予約してたほうが確実です。
さあ、ではランチの紹介にまいりましょう!

美味しさ・コスパの良さで人気のイタリアンランチ

美味しさ・コスパの良さで人気のイタリアンランチ

写真:古川 和美

地図を見る

これまでご紹介してきた魅力に加え、さらに人気を後押ししているのがランチではないでしょうか。

ランチは【1】パスタ【2】ピザ【3】メイン(魚またはお肉)の3種類から選びます。パスタやピザはお好きなものを選び、メインランチはお魚かお肉を選びます。そしてどのランチにもサラダ、自家製パン(お替り自由)、食後のコーヒーか紅茶がつきます。
(オプションでデザートも可)

そして嬉しいのがそのお値段!
●パスタ1000円●ピザ1300円/1600円●メインランチ1500円/1800円と、どれもそのコスパの良さに驚かされます(いずれも税込価格/別途サービス料10%)
旬の野菜や地元福岡の素材も使われた料理でさらに元気を頂けます。
この空間でこの内容とお値段…常時賑わっているのが納得です。

※営業時間・メニュー内容などはHP参照ください

お肉の気分…の時には鉄板焼ランチを

お肉の気分…の時には鉄板焼ランチを

写真:古川 和美

地図を見る

今日はお肉の気分…なんて日もありますよね?もしくはちょっとスタミナつけたい!今日はちょっと豪華ランチを・・などなどそんなときは、もう1つのフロア「ステーキハウス ミディアムレア」で鉄板焼きをどうぞ。

コの字型の鉄板を囲むように並んだカウンター席でいただけるのは、ハンバーグをはじめ、宮崎の齋藤牛を使ったステーキに九州各地から取り寄せた旬のお野菜など、お好きな内容をこちらも選べます。
食欲をかきたてる香りと、目の前でシェフが焼き上げる鉄板の上のお料理にさらに食欲&期待も膨らみ、会話も弾みます。

※内容・お値段の詳細はHP参照ください

プライベート空間でまさにリゾート気分!

プライベート空間でまさにリゾート気分!

写真:古川 和美

地図を見る

ウォーターテラスの一角には、アジアンテイストの調度品で囲まれた4つのタイプのお部屋「テラスボックス」も用意されてます。こちらはプライベート感重視の空間で、それぞれ仕様も違いますが、いずれもソファでまったり寛げるのが嬉しい。目の前のウォーターテラスを眺めながら、まさにリゾート気分を満喫できる空間です。
カップル、女子同士の語らいにもピッタリ。思わず時間を忘れてついつい長居・・なんてこともあるので気をつけて!

いかがでしたか?

今回はホテルの雰囲気とランチの紹介がメインでしたが、ディナーはライトアップされ、また違った幻想的な雰囲気が楽しめます。宿泊やウェディングなども人気で、どんな使い方をしてもまた来たいと思わせてくれる、そんなホテルです。
また、スタッフのホスピタリティも素晴らしく、とても居心地がいいのも大事なポイント。博多駅からも近いので、ぜひランチやカフェ使いで疲れを癒してほしいおススメスポットです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -