未来へつながる宿場町。川崎でタイムスリップの旅!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

未来へつながる宿場町。川崎でタイムスリップの旅!

未来へつながる宿場町。川崎でタイムスリップの旅!

更新日:2015/06/30 16:49

カノオミツヒサのプロフィール写真 カノオミツヒサ フリーライター

神奈川県の北東部にある川崎駅。東海道の宿場町として栄えた駅の東側では、「川崎・砂子の里資料館」の浮世絵や、「東海道かわさき宿交流館」の資料などが、当時の面影を忍ばせます。また、西側の東芝工場跡には「東芝未来科学館」がオープン。最新技術で遊べるほか、家電製品の1号機などを展示しており、見ているだけで、その時代にやってきたかのようです。
今回は川崎駅周辺で、手軽にタイムスリップできる旅をご案内します。

名品がズラリ!「川崎・砂子(いさご)の里資料館」

名品がズラリ!「川崎・砂子(いさご)の里資料館」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

川崎駅までは、東京駅から電車で20分。羽田空港からもおよそ20分ですが、こちらの場合は京急川崎駅で下車しましょう。川崎駅から10分、または京急川崎駅から5分ほど歩くと旧東海道です。その道沿いに、なまこ壁が目を引く「川崎・砂子の里資料館」があります。

「川崎・砂子の里資料館」では、葛飾北斎をはじめ、歌川豊国、喜多川歌麿など、著名な絵師たちの作品を収蔵。そのなかから常時60点ほどが、月ごとのテーマに沿って展示されています。美人画、風景画などが所狭しと並べられており、1点1点をじっくりと鑑賞できますよ。情緒あふれる浮世絵に囲まれていると、なんだかその時代に迷い込んだみたいですね。

次はこのまま旧東海道を進み、「東海道かわさき宿交流館」へ参ります。

記念撮影もバッチリ!「東海道かわさき宿交流館」

記念撮影もバッチリ!「東海道かわさき宿交流館」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「川崎・砂子の里資料館」から、旧東海道をおよそ100m歩くと、「東海道かわさき宿交流館」に着きます。

展示スペースは1階から3階まで。東海道五十三次の宿場町として栄えた川崎の様子と、現在までのあゆみを解説しています。街並みを再現した川崎宿の模型ほか、『東海道中膝栗毛』にも登場する当時大人気の茶店「万年屋」を模したお休み処など、見どころ多数。また、実際に江戸時代の旅人が使っていた道具類が展示されており、墨つぼ付きの筆入れ「矢立」や、折りたたみ式の携帯用「旅まくら」などを見ているだけで、かつての旅の雰囲気が伝わってきます。

さらに、歌川広重の浮世絵『東海道五十三次之内 川崎 六郷の渡し舟』を背景にした記念撮影スポット(上記写真)があります。顔抜きパネルのほか、背景に合わせた男性・女性・子ども用の撮影衣装や、かつらまで用意されていますよ。江戸時代にタイムスリップした気分で、記念に1枚撮影してみてはいかがですか?

続いては旧東海道をさらに進み、「御菓子処 川崎屋東照(とうてる) 本店」へ向かいます。

「奈良茶飯」が絶品! 「御菓子処 川崎屋東照 本店」

「奈良茶飯」が絶品! 「御菓子処 川崎屋東照 本店」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「東海道かわさき宿交流館」から、旧東海道をさらに50mほど進むと、100年以上続く老舗「御菓子処 川崎屋東照 本店」に到着です。店内には川崎名産品認定の「かわっぴら餅」をはじめ、美しい和菓子がズラリ。そして奥の喫茶スペースでは、先述した茶店「万年屋」の人気メニュー「奈良茶飯」(税抜 580円)が頂けます。

こちらの「奈良茶飯」は、『うるち米ともち米に、栗、炒り大豆、粟や小豆を加え、お茶の風味に仕上げたおこわ』で、食材のいろどりが豊かです。栗や小豆の異なる食感が楽しく、ほんのりとした塩味が後を引きます。しじみの味噌汁と奈良漬が付いて、栄養もたっぷり。食べ終わる頃には、疲れも吹き飛んでしまいますよ。弥次さん喜多さんも食した「奈良茶飯」を、是非味わってみましょう。

宿場町の雰囲気を満喫したあとは、たちまち時間を早送り。次は「東芝未来科学館」へ行きましょう。

最新技術と産業遺産にクギ付け!「東芝未来科学館」

最新技術と産業遺産にクギ付け!「東芝未来科学館」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「御菓子処 川崎屋東照 本店」から徒歩15分。JR川崎駅の西側に出ると、大型ショッピングモール「ラゾーナ川崎」が広がります。その隣にある施設が「東芝未来科学館」です。

2014年にリニューアルオープンした館内では、体験型のアトラクションが人気です。脈拍などを読み取って音楽を奏でる「キミセンサー」、半導体の世界を疾走する「ナノライダー」など、ゲームで遊びながら最新技術にふれることができます。また、ステージでの「サイエンスショー」や、超電導技術の実演も面白いですよ。

しかし、やはり技術のスゴさに驚いてしまうのは、「1号機ものがたり」のコーナー。日本初の電気冷蔵庫・電気洗濯機・電気掃除機などが展示されています。実際に動くものもあり、80年以上の時を越えてスイッチが入る姿に感動しますよ!
さらに世界初の日本語ワードプロセッサー・ノート型PC・DVDプレイヤーなども展示されており、大きさやデザインの違いに目を奪われます。ほんの少し前に登場したばかりの製品でも、技術が目まぐるしく進歩していることが分かりますね。懐かしさを感じながら、じっくりと1号機たちを見ていきましょう。

おわりに

いかがでしたか?川崎駅周辺を観光するだけで、まるでいくつもの時代を垣間見てきたかのようです。江戸時代の風情から最新のテクノロジーまで、ひとつの場所にいながら、これだけ別の時間を体験できるのは珍しいですね。入場無料で楽しめるうえ、過去を見ても、未来にふれても、きっと新しい発見が待っていますよ。

みなさまも川崎で、“時の旅人”になってみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -