花咲き乱れる癒しの庭園!アルハンブラの離宮「ヘネラリフェ」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

花咲き乱れる癒しの庭園!アルハンブラの離宮「ヘネラリフェ」

花咲き乱れる癒しの庭園!アルハンブラの離宮「ヘネラリフェ」

更新日:2015/06/30 19:23

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

イスラムの香り漂うエキゾチックな街、スペイン・グラナダ。ヘネラリフェは、14世紀、アルハンブラ宮殿ナスル朝の夏の別荘(離宮)として、隣接する太陽の丘に建てられました。
一見素朴な雰囲気ですが、建物の柱のアーチや壁面にはイスラム芸術の粋を凝らした超細密彫刻が施され、その美しさは圧巻です。
庭園では、豊かな緑、涼やかな噴水、咲き乱れる花々に心身共に癒されますよ。ゆっくり散策するのがお勧めです。

素朴で繊細!癒しのスペイン・イスラム様式「アセキアの中庭」

素朴で繊細!癒しのスペイン・イスラム様式「アセキアの中庭」

写真:高橋 樂

地図を見る

ヘネラリフェ(Generalife)は、14世紀初頭のナスル朝時代、ムハンマド3世によって建築されたアルハンブラ宮殿の夏の別荘(離宮)です。チノス坂を挟み、太陽の丘と呼ばれる少し高台にあります。

ヘネラリフェを入れば、美しく剪定された緑の木々の間を奥に進みます。涼やかに配された水路や噴水、所々で咲き乱れる花々に癒されますよ。所々ベンチもありますので、疲れたら少し休憩するのもいいですね。

そして、奥の建物に入れば、そこは有名な「アセキアの中庭(Patio de la Acequia)」。保存状態の特に良いスペイン・イスラム様式の庭園として知られています。アセキアとは、スペインの伝統的な水路の意味です。

宮殿の別荘、離宮といえば、ベルサイユ宮殿に対してのプチ・トリアノンのような瀟洒な建物を想像しがちですが、こちらはどちらかと言えば、一見簡素な東屋風の佇まい。細長い水路に控えめな噴水、花壇に所狭しと咲き乱れる可憐な花々の風景は、どこまでも素朴です。

しかし、一見東屋風の建物(北側)ですが、『王の間』と『見晴らしの塔』の柱のアーチには、「おおっ!」と声をあげたくなる様な超細密彫刻が施されています。また、内部にはアラビア文字が見事に意匠化された壁面装飾があり、窓とそこに切り取られたアルバイシン地区の景色は、まるで一幅の絵画のよう。これらの高度な技術とイスラム独特の美意識には、心底魅了されますよ。

王妃と騎士の秘密の逢瀬の場所「スルタナの中庭」

王妃と騎士の秘密の逢瀬の場所「スルタナの中庭」

写真:高橋 樂

地図を見る

アセキアの中庭の隣には、スルタナの中庭(Patio de Sultana)があります。
スルタナとは王妃の意味で、王妃と騎士が、王の目を盗み逢瀬を重ねていた場所なのだそうです。池の中にある植え込みの薔薇が咲く時期がおすすめです。

噴水は、どれも高低差を活かした自然の力で吹き出しています。絶え間なく聞こえる涼やかな水音に身も心も癒されます。
噴水庭園といえば、イタリア・ローマ近郊、ティヴォリのヴィッラ・デステ(エステ家別荘)等、凝りに凝った見事な噴水庭園を期待しがちですが、ヘネラリフェの噴水は、あくまで控えめで素朴です。庭園の見事な引き立て役になっていますね。

手摺で流しそうめんしたくなる!?「水の階段」

手摺で流しそうめんしたくなる!?「水の階段」

写真:高橋 樂

地図を見る

グラナダの夏の暑さは格別です。王が、このように緑と水に囲まれた、避暑のための庭園づくりに熱心だったのも納得ですね。それにイスラム王は、アフリカの砂漠出身でしたから、緑や水への憧れはとても強く、最高の贅沢として水や緑あふれる庭園を造ったとも言われています。

スルタナの庭園を抜けると、「水の階段(Escalera del Aqua)」があり、両脇の手摺には涼しげに水が流れていています。夏が猛暑のグラナダにピッタリ、涼しげで素敵な建築デザインです。また、こちらの水は、シエラネバダ山脈を源流とするそうですから、往時の技術の凄さには脱帽です。

でも、この水の階段、日本人的には、ついつい「流しそうめん」を想起してしまうかもしれませんね。妄想を楽しみながら、階段を上がるのもまた一興です。

ヘネラリフェで最も高い場所にある展望台「Mirador Romantico」

ヘネラリフェで最も高い場所にある展望台「Mirador Romantico」

写真:高橋 樂

地図を見る

「水の階段」を上り切ると、Mirador Romanticoと呼ばれる建物があります。19世紀前半のネオゴシック形式の建築で、他の建物と趣を異にしています。ヘネラリフェで最も高い場所にあり、その窓からは、アルハンブラ宮殿をはじめアルバイシン地区、さらに遠くの広い景色を楽しむことができます。
ただ、アルハンブラ宮殿の景色は、向いのアルバイシン地区の展望台からの方が、全景が見える分迫力があります。

また建物を出て、帰る方向に別の階段を下りようとすると、頭上には藤棚があることに気づきます。4月下旬頃には藤の花の房が垂れ下がり、とても綺麗ですよ。藤棚は、他にも庭園内にいくつかあります。中には、わっさわっさと薄黄色に咲き乱れるモッコウバラと絡まって、「うわ〜!」と歓声を上げたくなるような華麗なものもありますよ。

グラナダ国際舞踊音楽祭の会場にもなる「ヘネラリフェ野外劇場」

グラナダ国際舞踊音楽祭の会場にもなる「ヘネラリフェ野外劇場」

写真:高橋 樂

地図を見る

帰りは糸杉など緑の小道を通ります。濃い緑からエネルギーチャージ!旅の疲れもなぜか吹っ飛びます。

最後は、入り口付近に戻ってきます。入口前にあるのは、野外劇場。ここでは、グラナダ国際舞踊音楽祭などのショーが行われます。
因みに、グラナダ国際舞踊音楽祭は、毎年6月下旬から7月上旬にかけて行われる音楽祭で、毎年3万人もの人が訪れるグラナダの一大イベントです。会場は、この野外劇場だけでなく、アルハンブラ宮殿を始め、サクロモンテ等、各歴史的地区でも行われます。世界遺産の中でショーを見られるなんて、感動倍増ですね。興味のある方は下記の公式HPをご参考ください。

まとめ・注意

アルハンブラ宮殿ナスル朝の夏の別荘(離宮)「ヘネラリフェ」は、豊かな緑と水、美しい花々に囲まれた、素朴な癒しの場所です。

中でも一番の見所は、スペイン・イスラム様式が良く残っている「アセキアの中庭」。一見素朴な東屋風に見える建物(北側)も、柱のアーチや壁面は超細密彫刻が施され圧巻。イスラム芸術の高い美意識とその精緻な美しさに目を見張ります。
他には、王妃と騎士が秘密の逢瀬を重ねたと言われる「スルタナの中庭」、手摺に水が流れる「水の階段」、最も高い場所にある展望台(Mirador Romantico)も見所ですよ。入口手前の野外劇場は、毎年6月下旬から行われるグラナダ国際舞踊音楽祭の会場にもなっています

ヘネラリフェをしっかり見学したい方は、所要時間、最低1時間は見ておきたいですね。お勧めの時期は、花々が美しい春〜夏です。

■注意
・アルハンブラ宮殿からは徒歩約20分です。結構距離があります。
・ナスル宮殿入場券とセットになったチケットは、ヘネラリフェの入口でも提示が必要です。ナスル宮殿見学後も、捨てないようにしてください。
・緑や花が一杯なので、春に行かれる花粉症の方はお気をつけください。
・グラナダの真夏の昼間は酷暑です。飲み水・サングラス・帽子等、熱中症対策をお忘れなく。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ