パリ・セーヌ川クルーズ完全ガイド!必見は最も美しい橋と塔「アレクサンドル3世橋」&「エッフェル塔」

| フランス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

パリ・セーヌ川クルーズ完全ガイド!必見は最も美しい橋と塔「アレクサンドル3世橋」&「エッフェル塔」

パリ・セーヌ川クルーズ完全ガイド!必見は最も美しい橋と塔「アレクサンドル3世橋」&「エッフェル塔」

更新日:2017/08/23 10:17

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会

一度は体験したいパリのセーヌ川クルーズ。その魅力は何といっても、世界遺産の集まるスポットを効率よく、しかも優雅に楽しめるところ。中でも、パリで最も華麗で美しいといわれる「アレクサンドル3世橋」とパリのシンボル「エッフェル塔」は必見。

チケットはどこで買うの?乗り場や服装は?といった気になる点も事前にチェック。パリ観光のハイライト、憧れのセーヌ川クルーズでパリの名所を楽しみましょう!

セーヌ川クルーズの予約・服装は?「バトー・ムッシュ」、「バトー・パリジャン」、「バトビュス」の特徴

セーヌ川クルーズの予約・服装は?「バトー・ムッシュ」、「バトー・パリジャン」、「バトビュス」の特徴

提供元:pixabay/tpsdave

https://pixabay.com地図を見る

全長約780km。セーヌ川の源流はワインで有名なブルゴーニュ地方のディジョン近郊の森の中。そこから蛇行を続けパリを抜けてイギリス海峡まで注いでいます。

セーヌ川沿いにはノートルダム大聖堂、ルーブル美術館、オルセー美術館といった世界的にも有名なパリの観光スポットや歴史的建造物がいっぱい。サン・ルイ島からエッフェル塔にかけてのセーヌ河岸一体は世界遺産にも登録されています。これらの世界遺産やパリで最も美しい橋と塔を一度に見られるのがセーヌ川クルーズの魅力。

セーヌ川クルーズの予約・服装は?「バトー・ムッシュ」、「バトー・パリジャン」、「バトビュス」の特徴

写真:ろぼたん

地図を見る

セーヌ川クルーズのチケットは、催行会社のインターネットサイトやツアー会社経由で購入することができます。ランチやディナークルーズならば、日本からの予約が確実。食事なしの遊覧クルーズであれば、現地(乗船場の売り場)で当日チケットを購入するのがオススメ。手数料もかからず、当日天気を確認してから決められます。

気になる服装ですが、食事なしのクルーズはジーンズ、スニーカーでOK。ガラス張りの船が多く、船の中からも十分景色を楽しめます。写真のようなオープンエアのデッキでは、夏でも上着があると安心。また、ディナークルーズの場合、男性はジャケットやネクタイの着用が好ましく、パリの雰囲気にあうオシャレも楽しみの一つです。

セーヌ川クルーズの予約・服装は?「バトー・ムッシュ」、「バトー・パリジャン」、「バトビュス」の特徴

提供元:pixabay/tpsdave

https://pixabay.com地図を見る

セーヌ川クルーズで最も有名な会社は「バトー・ムッシュ」。乗り場はアルバ橋のたもと。大型船で本数も多いのが特徴です。気軽な価格帯の遊覧クルーズをはじめ、ランチやディナークルーズも楽しめます。

高級感のある「バトー・パリジャン」は、低価格の遊覧クルーズ(食事なし)もありますが、ディナークルーズが有名。乗り場はイエナ橋のたもと。エッフェル塔が目の前です。

観光案内不要なら、乗り降り自由の「バトビュス」と呼ばれる水上バスの利用が便利。エッフェル塔やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂(写真)など、乗船スポットが9カ所あり、どこの停留所でもチケット購入が可能。メトロやバスのような移動手段として使えます。

セーヌ川で一番美しい橋「アレクサンドル3世橋」とは?

セーヌ川で一番美しい橋「アレクサンドル3世橋」とは?

写真:ろぼたん

地図を見る

セーヌ川クルーズで必見の名橋「アレキサンドル3世橋」は、パリで最も美しいと言われる橋。この橋は1900年のパリ万国博覧会にあわせ、フランスとロシアの友好の証としてパリ市にロシア皇帝より寄贈されたものです。

橋の四隅には芸術、農業、闘争、戦争を意味する女神像がペガサスに乗って輝いています。豪華な彫刻、アールヌーヴォーの街灯はまさにパリらしい優美さが。

セーヌ川で一番美しい橋「アレクサンドル3世橋」とは?

写真:ろぼたん

地図を見る

橋の上を歩くのも楽しいけれど、全景や欄干や橋の下部の装飾などをしっかり確認できるのは川から眺めるクルーズならでは。

セーヌ川で一番美しい橋「アレクサンドル3世橋」とは?

提供元:pixabay/tpsdave

https://pixabay.com地図を見る

鋼鉄製のアーチの橋にはトカゲやニンフ、天使などの装飾も見事。橋からはエッフェル塔を眺められ、映画やTV番組などでもよく利用されています。

セーヌ川から楽しむパリのシンボル「エッフェル塔」

セーヌ川から楽しむパリのシンボル「エッフェル塔」

写真:ろぼたん

地図を見る

パリの街は20の区でできています。セーヌ川の北側を「右岸」、南側を「左岸」といい、大きさは東京の山手線の内側くらい。花の都と呼ばれるパリは、意外とコンパクトな街です。

そんなパリ左岸で最も有名な観光名所といえば、「エッフェル塔」といっていいでしょう。その高さは276m。登って楽しい、眺めて嬉しいパリの顔です。

セーヌ川から楽しむパリのシンボル「エッフェル塔」

写真:ろぼたん

地図を見る

石造りの街パリに鉄の塔が建つという、近代幕開けの象徴ともいわれている「エッフェル塔」。セーヌ川から眺める「エッフェル塔」は繊細さと迫力が同居してみえるはず。時間帯をずらしたり、場所を変えてみるだけで、パリのシンボルは違った感動をもたらしてくれます。

見どころいっぱいのセーヌ川クルーズ

見どころいっぱいのセーヌ川クルーズ

写真:ろぼたん

地図を見る

最も美しい橋と塔をセーヌ川クルーズで楽しんだら、他の橋にも注目してみましょう。パリに現存する最も古い橋「ポン・ヌフ」や、パリの恋人たちが訪れる「ポン・デ・ザール」をはじめ、セーヌ川には37もの橋がかけられており、どれも個性的。

近代的な雰囲気がありながら造形の美しい「ビル・アケム橋」(写真)は筆者のオススメ。メトロが橋の上を通過する2階建ての橋でここからはエッフェル塔も美しく見えます。映画『インセプション』や日本のドラマ『のだめカンタービレ』でも登場した橋です。

見どころいっぱいのセーヌ川クルーズ

提供元:pixabay/liudanao1991

https://pixabay.com地図を見る

昼と夜、それぞれに魅力的な顔があるパリの街。繊細な彫刻の表情までじっくり見られる昼、ライトアップが美しい夜、どちらもハズレはありません。あえてオススメを挙げるとすれば、その両方を楽しめる夕暮れの出港時刻でしょうか。

セーヌ川クルーズをショッピングや観光の合間に組み込むと時間を有効に使えます。ショッピングや観光重視で歩き回ったら、船上で川風に吹かれながら景色を楽しみつつ休憩。豪華にランチやディナークルーズを選んでも、パリでの素晴らしい思い出になることでしょう。

クルーズ後はライトアップされたパリの街へ

クルーズ後はライトアップされたパリの街へ

提供元:pixabay/EdiNugraha

https://pixabay.com地図を見る

セーヌ川クルーズの後のお楽しみとして、パリの代表的な観光名所のライトアップを見に行くのもオススメです。凱旋門、ルーブル美術館(写真)、ノートルダム大聖堂…といった歴史的な建造物はライトアップされると、昼とは違った表情を見せてくれます。

夜に出歩くのはちょっと不安という方はナイトバスツアーを企画している旅行会社を利用するのも効率よく名所を周れて便利です。

世界遺産が一度に楽しめる!セーヌ川クルーズでパリの見どころを網羅

セーヌ川クルーズでは古代から現代までの様々な時代の建造物が河岸に並んでいる様子が見えます。時代とともに変貌しつつも独特の美しさで人々を惹き付けてやまないパリ。

華麗な橋や塔、世界遺産をたっぷり楽しむことのできるセーヌ川クルーズでパリの街を存分に楽しみましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/09/23−2013/11/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ