奇天烈な世界 スペイン「ダリ美術館」夜はシュール度アップ!

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

奇天烈な世界 スペイン「ダリ美術館」夜はシュール度アップ!

奇天烈な世界 スペイン「ダリ美術館」夜はシュール度アップ!

更新日:2015/07/14 13:46

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター

スペインのカタルーニャ州というと圧倒的な知名度を誇るのはガウディの作品群。でももう一人の奇才?!、天才アーティスト『サルバドール ダリ』の奇抜な世界も必見。フィゲラスにある「ダリ劇場美術館」は、常識という概念が一掃されてしまう空間。毎年8月には、「夜のダリ」といって夜の時間帯も開館しシュール度は更にアップ!
ドキドキする気持ちを抑えながら、勇気を出してキテレツな世界へ足を踏み入れてみませんか?

ここはスペイン?ではなくカタルーニャ?!

ここはスペイン?ではなくカタルーニャ?!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ダリ劇場美術館(以下、ダリ美術館)がある街は、スペインのカタルーニャ州、バルセロナからバスで2時間20分、電車で2時間弱の街「フィゲラス」。(特急電車なら1時間もかかりません。普通電車とは到着駅が変わります)
バルセロナに組み合わせるもよし、またバルセロナからフィゲラスの間には、通り過ぎるだけなんてもったいない街「ジローナ」もあり、ここも絶対に立寄って欲しい場所です。
ジローナの旧市街は歩いて回るのに程よい大きさで、写真のような建物や橋も美しく、近くには「世界のベストレストラン」で2015年に世界1位に返り咲いた、超有名3兄弟のレストラン「エル セジェール デ カン ロカ」もあるからです。
スペインではなく、ここはまるで別の国というような、カタルーニャ地方独特の文化や空気を感じてみてください!

ヨーロッパの他の国からもアクセスは抜群。ジローナの空港までヨーロッパの様々な都市からLCCが就航しています。スペイン行きが予定に入っていなくても、予想以上に簡単に組み込むことができてしまいます。

周囲も見所たくさん!ミステリアスなエリア

周囲も見所たくさん!ミステリアスなエリア

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

ダリ美術館は、シュールレアリズムのオブジェでは世界最大級。15世紀に建設され市民劇場だった建物が南北戦争のため廃墟と化していました。ダリがこの場所に自身の美術館を建設しようと決めたときの言葉がとっても印象的です。
「生まれ育ったこの地で自分の作品を後世に伝えていくのに、これ以上にふさわしい場所はない」と。その理由は3つ、彼は劇画家で、この場所は洗礼を受けた教会のすぐ隣に位置し、そして最初の作品が展示されたのはこの劇場のホールだったから、ということです。

美術館の周辺や外観から既にシュールなダリの世界が広がっています。まずは外観をチェック。建物の上から落ちてきそうな卵のオブジェと金色の銅像、壁面に張り付いている奇妙な物体。横にある広場や正面入り口前には不思議な銅像や、奇想天外なアレンジが施されたダリの顔が展示されていたりするのでお見逃しなく!

美術館?テーマパーク?お化け屋敷?夜はシュール度アップにカヴァのおまけ付き!

美術館?テーマパーク?お化け屋敷?夜はシュール度アップにカヴァのおまけ付き!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

映画「ナイト ミュージアム」のように、夜の文化施設はミステリアス度がアップする気がしてたまりません。その上、ここはシュールで摩訶不思議なダリワールド。入ってすぐのホールはライトアップされ、暗闇と少しの明かりの中に浮かび上がる奇怪なオブジェ。壁に掛けられた絵からは中の人が動き始め、外へ飛び出し歩き出してきそうな気がしてきて驚きを隠せません。敷地内に埋葬されているダリは、そんな人々の様子をどこかから覗き見ているのでは?!、という想像まで湧いてきます。

隠されたお宝を探すように、上から下、作品の細部、部屋の隅々までみてくださいね。多彩なトリックが隠れている遊び心満載の作品を観賞していると、頭がいっぱいになって消化不良を起こしそうです!

この夜のツアーでは、ダリ関連の映像が上映されている開放的な屋外テラスでスペインのスパークリングワイン、カヴァがグラスで提供されます。(チケット代金が1ユーロだけ高くなります)外の空気を吸い込んで、いっぱいになった頭を少し休めることができますよ。

変化球の効いた作品の数々、常識がとんでいく!

変化球の効いた作品の数々、常識がとんでいく!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

数ある作品の中の人気の1つは「メイ ウエストの部屋」。写真で種明かしになってしまいますが、知っていても実際に体験してみると思わず「わーっ」と歓声が。他にも1つの作品でも、見方を変えると全く違うものにみえ、ドキドキ、わくわく感は絶えません。
この美術館では、常識、当たり前、普通は・・・というような概念は存在しません。変化球の効いた作品の数々は、そんな概念が全て取り去られ、独創的な感性が自分にも宿ってくる感覚と余韻がしばらく続きます。

美術館のチケットは、宝飾美術館の入場料もセットになっています。こちらも見所、遊び心満載なのでお見逃しなく!
また、あまりにもたくさんのトリックがあり、気付かずに見過ごしてしまうこともあるので少し予習していくとよいかもしれません。

夜はシュール度アップ!でも奇想天外な世界は昼間も健在

夜はシュール度アップ!でも奇想天外な世界は昼間も健在

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

昼と夜の差が感じられるのは、入り口も含め外観のライトアップ、入ってすぐのホール、テラスで涼みながら味わうカヴァ、そしてダリ関連の映像です。でももちろん昼間でも奇想天外な世界を満喫でき、美術館は期待以上の満足度。

当日並んで入場券を手に入れることができますが、夏の時期には混み合うため確実なのは事前予約。インターネットで手続きできますので日程が決まったら即手配を。前売り券を持っていると当日並んでいる人を横目に先に入場できてしまうのです。昼間は街を見て歩いて、夕食を済ませて、時間ギリギリでも安心して行くことができます。

この、8月限定「夜のダリ」の入場料は、昼よりたったの1ユーロ高いだけの13ユーロ。開館時間は夜の10時〜深夜1時まで。時間はたっぷりあるような気がしますが、全て見て回るとあっという間に時間が過ぎてしまいますのでご注意くださいね。日付が変わり深夜になるので帰りのタクシーを事前に予約しておくとよいでしょう。

ダリのシュールな世界、そしてスペインではなくカタルーニャを感じて!

突拍子もないダリの作品の数々は、とてもこのページだけでは紹介しきれないほどの驚きに満ちあふれています。そして、写真でみるのと目の前にどーんと現れるのとでは、全く違うので目だけでなく体全体で感じて欲しいです!
近くには、バルセロナ、ジローナなどスペインというより、カタルーニャというまるで別の国にいるかのような雰囲気の街があります。「ジローナ」と「世界第1位のレストランを生み出した味」に関して別の記事で紹介しています。下記の"MEMO"からリンクされていますのでこちらも参考にしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/14−2013/08/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -