オーストラリアの隠れ家的極上ビーチリゾート「ヌーサ」に行こう!

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

オーストラリアの隠れ家的極上ビーチリゾート「ヌーサ」に行こう!

オーストラリアの隠れ家的極上ビーチリゾート「ヌーサ」に行こう!

更新日:2015/07/01 10:11

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

オーストラリアのクイーンズランド州に、ヌーサ (Noosa) という極上のビーチリゾートがあります。スタイリッシュで落ち着いた高級リゾート地でありながら、フレンドリーでのんびりした雰囲気も持ち合わせているヌーサは、オージーには大人気のリゾート地なのですが、何故か日本人には殆ど知られていません。

そんなオーストラリアの隠れ家的な極上ビーチリゾートのヌーサをご紹介します。

ヌーサのメインビーチとヘイスティングス通り

ヌーサのメインビーチとヘイスティングス通り

写真:高田 真美

地図を見る

ヌーサ観光の中心となるのが、ヌーサのメインビーチ。 青い海に、少しピンク色がかった砂浜、パンダナスの木が並ぶ、美しいビーチです。メインビーチ沿いのヘイスティングス通り (Hastings Street) には、お洒落なブティックやギャラリー、カフェ、レストランなどが並んでいます。

海水浴を楽しんだり、美しい海を眺めながら食事をしたり、ブティックやギャラリーを散策したり。。。 ヌーサでは、美しい自然と洗練されたリゾートライフの両方を楽しむことができます。

高層ビルのない自然と調和した街並み

高層ビルのない自然と調和した街並み

写真:高田 真美

地図を見る

ヌーサが他のビーチリゾートと違うのは、高層ビルがまったく建っていないというところ。なぜかと言うと、ヌーサには「椰子の木よりも高い建物を建ててはいけない」という条例があるため、高層ビルを建てることができないんです。

そのため、ヌーサには、他のビーチリゾートとはちょっと違った、高級感のある落ち着いた雰囲気が漂っています。

海と川が交わるところ

海と川が交わるところ

写真:高田 真美

地図を見る

ヌーサのもう一つの魅力は、ヌーサ川が作り出す、ヌーササウンドと呼ばれる景色です。
ヌーサの町は、ヌーサ川の河口部に位置しています。この、川と海が交じりあう河口部分には、砂と水が作り出したラグーン状の穏やかな景色が広がっており、ヌーササウンドと呼ばれています。

ヌーササウンドには、桟橋付きの豪邸や低層のコンドミニアムが並び、ヌーサ独特の美しい景観を作り出しています。海とは違って波もなく穏やかなので、ボートやヨット、釣り、カヤックなどを楽しむ人も多く見られます。

ヌーサ国立公園では野生のコアラに遭遇することも!

ヌーサ国立公園では野生のコアラに遭遇することも!

写真:高田 真美

地図を見る

ヌーサ滞在中に必ず訪れてほしいのが、メインビーチの東にあるヌーサ国立公園です。
国立公園内にはいくつかのウォーキングトラックがありますが、お勧めは、コースタルトラックという遊歩道。きちんと整備された海沿いのウォーキングトラックで、崖の上から海を見下ろす展望スポットや美しいビーチなど、次から次へと美しい景色が現れます。

この国立公園内は、ユーカリの木も多いので、野生のコアラに出会える事もありますよ!!

レストランも充実

レストランも充実

写真:高田 真美

地図を見る

ヌーサは、ダイニングシーンも充実しています。お洒落なレストランでも、畏まりすぎず、明るくフレンドリーなのがヌーサ風。 

レストランやカフェがたくさん並んでいるのは、ビーチ沿いのヘイスティングス通り(Hastings Street)と、ヌーサ川沿いのギンピーテラス通り (Gympie Terrace)。
また、ヌーササウンドに面したクアンビープレイス(Quamby Place)にも、評判の良いレストランが5軒ほど入っていてお勧めです。

おわりに

ヌーサへのアクセスは、ブリスベン空港より車で約90分(140km)、もしくは、サンシャインコースト空港より車で約30分(30km)です。

車の運転が出来ない方は、ブリスベン空港およびサンシャインコースト空港から、Sunair という会社がシャトルバスを運行していますのでご利用下さい(予約要)。Door-to-Door のサービスを利用すると宿泊先まで行ってもらえるので便利ですよ。

オーストラリアの極上ビーチリゾート ヌーサで、のんびり休暇を過ごしてみてはいかがですか?

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ