光る技!魅せる花火!「長岡まつり大花火大会」は一生に一度は観ておきたい花火大会

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

光る技!魅せる花火!「長岡まつり大花火大会」は一生に一度は観ておきたい花火大会

光る技!魅せる花火!「長岡まつり大花火大会」は一生に一度は観ておきたい花火大会

更新日:2015/07/14 12:42

新潟・長岡の花火は「魅せる」花火。絶妙な位置関係で打ち上げられる「ナイアガラ花火+正三尺玉」や、大迫力の尺玉100連発。直線2kmにも及ぶ超広範囲花火「フェニックス」など魅力満載!きっとあなたの心を鷲掴みにするでしょう。

全国で何十何百もの花火大会がある中、他ではなかなか観られない光景、「長岡まつり大花火大会」ならではの花火の楽しみ方、花火の基礎知識も交えつつ、長岡花火の凄みの一部を紹介ます。

「長岡まつり大花火大会」の歴史

「長岡まつり大花火大会」の歴史
地図を見る

昭和20年8月1日の「長岡空襲」により亡くなられた方々への慰霊の念や、長岡再興に尽力した先人への感謝、恒久平和への願いを込めて始まったお祭り。これが毎年8月2・3日に行われている「長岡まつり」の起源で、他にも中越地震のような自然災害といった慰霊・復興を表す為の花火大会です。

このお祭りで行われる「長岡まつり大花火大会」は、「日本三大花火」の一つとして数えられるほどです。また、新潟県内でも「越後三大花火」と言われ、「海の柏崎」「山の片貝」「川の長岡」と表現されるほどで、新潟=花火といっても過言ではありません。

これであなたも花火博士!?長岡まつり大花火大会での知っておきたい「花火の見方」

これであなたも花火博士!?長岡まつり大花火大会での知っておきたい「花火の見方」
地図を見る

綺麗な花火、良い花火とはどういったものでしょうか。

【座り】
花火玉が打ち上がり、最上点に達して落下し始める境目のこと。ここで花が開くことが理想となります。

【盆・肩・消え口】
花火玉が開いた時、星(色を出す火薬)が描く円(盆)が完全な円形で間隔や飛散(肩)が一定であること。その星の開くタイミング・色・色の変化・消え方(消え口)が揃っていること。

といった要素があります。また、一度に数発の花火を組み合わせたものやスターマインのような一斉に数百〜数千発が上がる花火では、その色合い、タイミング、音、リズム、それぞれの組み合わせといった様々な要素を楽しむことができ、長岡まつり大花火大会の「技術の繊細さ」と「地の利を活かした花火」が、越後三大花火のひとつ、そして日本三大花火のひとつと謳われる所以でしょう。

「観る」のではなく「全身で感じる」長岡まつり大花火大会

「観る」のではなく「全身で感じる」長岡まつり大花火大会
地図を見る

復興祈願花火「フェニックス」。
平成16年に発生した中越大震災からの復興の祈りを込めて誕生しました。何と言ってもこの魅力は約2kmにも及ぶスケールで打ち上げられるというところです。通常、花火は正面に見ることがほとんどですが、これほどワイドな「奥行き」を感じられる花火は他ではなかなか観られないでしょう。

他にも、「音」と共に体中に響き渡る「振動」を特別味わえる「正三尺玉」。(特に、ナイアガラ大瀑布をバックに打ち上がる三尺玉は一級品です)
大迫力の超大型スターマインや尺玉100連発など、見どころ満載です。

「長岡まつり大花火大会」の概要と鑑賞のコツ

開催日:毎年8月2・3日
打ち上げ数:2万発(2日間合計)
開催場所:長生橋下流 信濃川河川敷(JR長岡駅から徒歩約30分)

正3尺玉をキレイに見るなら、打ち上げ場所に近い長生橋上流がおすすめです。

花火鑑賞には毎年大混雑する程の大人気の大会ため、遠方から来られる方、土地勘がない方には有料観覧席(3千〜1万8千円)を取ることをおすすめします。しかし、早期売り切れは必須…。しかし、日にちが近づいていても、各旅行会社で宿泊・日帰りツアーであれば観覧席とセットのプランで申し込みができます。インターネットで調べてみるといいでしょう。無料自由席の場合は、例年14時から解放されるのでシートなどを敷いて場所取りができます。

日本を代表する長岡まつり大花火。職人の長年の技術ときめ細やかな味わい…。その魅力を人生に一度は体感しておきたいものですね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/02−2014/08/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ