さたぱんびん?元気の子!?宮古島名物のローカルフード5選!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

さたぱんびん?元気の子!?宮古島名物のローカルフード5選!

さたぱんびん?元気の子!?宮古島名物のローカルフード5選!

更新日:2016/06/11 18:14

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

沖縄本島から南西へ約300kmに位置する離島、宮古島。同じ沖縄でも島によってそれぞれに独特な風習や文化がありますが、宮古島も特徴的な離島の一つ。そんな宮古島に行ったのならぜひ見つけて欲しい、ここでしか出会えない名物的なご当地グルメ・ローカルフードをちょっとしたウンチクも含めて5点ご紹介!

宮古島のソウルフード!?「うずまきパン」

宮古島のソウルフード!?「うずまきパン」

写真:bow

宮古島の商店に入ると、「うずまきパン」という名の一見ロールケーキのような菓子パンをよく目にします。その正体はひらたく焼いた生地にクリームをぬり、くるっと巻いてカットされた甘〜いパン。

たっぷり入ったクリームの中には砂糖が溶けていない状態で混ざっており、ジャリッという食感があるのが特徴的!パンの部分自体はあくまでパンなので結構パサついています。なので、ロールケーキなイメージで食べるのは厳禁(笑)、なんともいえない素朴な味が人気の秘密なのです。

そんな「うずまきパン」ですが、小さな宮古島なのに沢山のパンメーカーがこぞって作っています。その中でもパイオニアともいわれるのが伊良部島に工場がある、まるそうパンの「うずまきサンド」。商品名は「うずまきサンド」になのですが、まるそうパンの「うずまきパン」が観光客には一番おなじみかも。伊良部島だけでなく、宮古島でも空港や土産店などで販売されているので比較的手に入りやすい商品です。

聞きなれない「さたぱんびん」って?

聞きなれない「さたぱんびん」って?

写真:bow

宮古島で抱く一つの違和感。それは沖縄でならどこにでもありそうな「さーたーあんだーぎー」がなかなか見つからないこと。全くゼロというわけではないのですが、沖縄本島のように簡単に見つけることができません。

でも、名前が違うのですがよく似た見た目のお菓子は結構目につくかと思います。そのよく似たお菓子には「さたぱんびん」と記されています。宮古島の方言で「さた」は砂糖、「ぱんびん」は揚げ菓子のこと。そう、つまりこの「さたぱんびん」こそが「さーたーあんだーぎー」だったのです!!お味もまさに「さーたーあんだーぎー」そのもの。しかし、宮古島では「さたぱんびん」という呼び名の方が通っていますので、ある意味では宮古名物!

余談ですが「さーたーあんだーぎー」は沖縄の方言で「さーたー」が砂糖、「あんだ」が油、「あぎー」が揚げという意味。つまり、砂糖を油で揚げたお菓子というのがその語源なんですね。ちなみに写真は「紅芋ぱんびん」。「さーたーあんだーぎー」の知名度が高いだけに、「紅芋ぱんびん」といわれてもなんだそりゃ?って思ってしまいますよね。

宮古島にしかない、島民的飲料!?「元気の子」

宮古島にしかない、島民的飲料!?「元気の子」

写真:bow

ちょっと喉が詰まってきましたのでそろそろ水分補給を(笑)。宮古島のローカル飲料の代表格といえば「元気の子」。「元気な子」ではなくって「元気の子」です。

「元気の子」は元気生活株式会社(旧宮古ゲンキ乳業)が製造、宮古島だけに流通しているという乳酸菌飲料です。これはコンビニやスーパーなど島内の至る所で目にすることができます。お味はいわゆる乳酸菌飲料の味ですが、甘さは控えめのサッパリ風味。宮古島の気候にあった乳酸菌飲料といえます。

日本には、北海道の「カツゲン」など全国津々浦々にこういったご当地乳酸菌飲料があるのですが、特に沖縄は「森永ヨーゴ」や、八重山諸島限定の「ゲンキクール」などご当地乳酸菌飲料がひしめくエリアだったのです。飲み比べるのも面白いかもしれませんね!

ありがとうは心の栄養「うしさんありがとう」牛乳

ありがとうは心の栄養「うしさんありがとう」牛乳

写真:bow

続きましては乳酸菌飲料ではなく牛乳!その名も「うしさんありがとう」。「元気の子」と同じく元気生活(旧宮古ゲンキ乳業)が製造する牛乳。もちろん宮古島産の生乳を使ったご当地牛乳、いわゆるジモ乳!地元民にとっては誰でも知っている名前で、有名すぎてその名前は宮古島のダイビングスポットにも・・・!?

宮古島といえばダイビングのメッカですが、宮古島南部には「牛さんありがとう」という名前のついたダイビングスポットがあるのです。実際のところ牛乳は関係なく、ダイビングのポイントの近くの海岸に牛の像があり、その牛を目印にしてダイビングをしていたことから「牛さんありがとう」という名前がついたといわれています。・・・が、きっと牛乳から名前をとったんだろうと推測!(キリッ

ちなみに「牛さん」の名前を冠したダイビングポイントがまだほかにもあり、「牛さんありがとう」の近くには真っ暗なトンネルのある「牛さんこわいよう」や「牛さん遠くでこんにちは」という名前のダイビングポイントまであるのです。海にまでその名が轟く牛乳、見つけたら飲んでみてください(笑)

伊良部島名産「健康ウコンまんじゅう」

伊良部島名産「健康ウコンまんじゅう」

写真:bow

さて、2015年1月に宮古島と伊良部島を結ぶ日本一長い「伊良部大橋」が開通しました。そこで、伊良部島名産を代表して、密かなファンも多いという「健康ウコンまんじゅう」をご紹介。

まんじゅうという名はついていますが、普通のまんじゅうより遥かにビッグサイズ!中には白餡がギッシリと入った「健康ウコンまんじゅう」は割ってみると断面が黄色、つまりウコン色で確かに健康によさそう!しかしウコン特有のクセはそれほどなく、素朴な味わいのまんじゅうです。

伊良部島の商店であれば探しやすいですが、宮古島でも「うずまきパン」と並んで置かれていることもしばしば!かなり食べごたえがありますので見つけたらゲットしてみてください。

食べ歩きにも最適!宮古島ローカルフード!

いかがでしたでしょうか?宮古島ならではのローカルフード、ちょっと小腹が減った際の食べ歩きにはもってこい。また、紹介はしていませんが宮古島には沖縄本島と同じような、おやつに最適な天ぷらを提供している店もあって人気です。本土ではびっくりする程の低価格なのでぜひ探してみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/20−2015/04/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ