アンコール遺跡めぐりで味わいたい!カンボジアグルメ4選

| カンボジア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アンコール遺跡めぐりで味わいたい!カンボジアグルメ4選

アンコール遺跡めぐりで味わいたい!カンボジアグルメ4選

更新日:2015/07/22 16:30

カンボジアへの旅行は、アンコール遺跡群の見学を目的に計画し、事前の準備も遺跡めぐりの行程や予習が中心になりがちではないですか?しかし、遺跡めぐりがメインだったとしても、旅の満足度を高めるためにグルメの要素は欠かせません!
今回は、カンボジアを訪れたら食べてみたい、外せない、カンボジアグルメをご紹介したいと思います!

淡水魚を使った名物料理、アモック!

淡水魚を使った名物料理、アモック!
地図を見る

アンコール遺跡群のある町シェムリアップは、カンボジアの内陸部です。シェムリアップの南部には、カンボジア最大の湖であるトンレ・サップ湖があり、周辺では淡水魚がよく食べられています。

アモックは、そのなかでも代表的なお料理。
お店では写真のように、ココナッツの実をかたどって作られてた器に入れられて出てくることが多く、大抵のカンボジア料理のお店ならメニューに名を連ねています。

アモックは端的に説明すると、魚のカレーのようなもの。
スパイスで煮込まれた淡水魚は、淡白で身がしっかりとしていて、食べ応えがあります。暑いカンボジアでは、スタミナは欲しいものの、食が進まないこともしばしば。けれども、スパイスとともアクセントに入れられたレモンがさっぱりと食べやすいです。

初体験?絶品生胡椒の炒め物!

初体験?絶品生胡椒の炒め物!
地図を見る

「胡椒」と聞いて、どんなものを思い浮かべますか。
日本では、グレーのパウダーや黒や赤の実を乾燥させたものに親しみがありますが、カンボジアでは「生」の胡椒に出会えるんです!

茎ごと入れられた生胡椒は、スパイシーだけど乾燥させたものよりはマイルドで、いくらでも食べられてしまいます。
写真は、生胡椒とイカと野菜の炒め物。
一年中暑さが厳しいカンボジアでは、スパイシーなお料理がいつでも美味しくいただけて、なおかつ香りが食欲をそそります。

ちなみに、カンボジアは胡椒の産地なので、乾燥させたブラックペッパーなどをお土産にするのもオススメです。市場に出向くと日本では考えられないようなお得なお値段で並んでいますよ。

スープが嬉しい、クメールバーベキュー!

スープが嬉しい、クメールバーベキュー!
地図を見る

クメールバーベキューは、ジンギスカンのときに使うようなお鍋で楽しみます。ジンギスカンと違うのは、野菜がある低いところにたっぷりのスープが注がれること!
だから、〆にラーメンが食べられます。

そうなんです!
つまり、焼肉とお鍋を同時に楽しめちゃうんです!!
お肉は、牛や豚、鶏、クロコダイルと多種多様。それらの旨みがスープに流れ出して、さらにスープにコクが加わります。そんなスープと一緒に煮込んだ野菜も〆のラーメンがいただけるのです。
想像するだけで、たまらないですよね。

一度は食べたい、ブルー・パンプキンの冷たいスイーツ!

一度は食べたい、ブルー・パンプキンの冷たいスイーツ!
地図を見る

最後は、冷たいデザートをご紹介します。
ブルー・パンプキンは、シュムリアップの近郊にあるカフェ&ベーカリーなのですが、一番のオススメは各所でいただける冷たいデザート。

こちらのお店が出しているジェラートは、他のレストランのデザートや空港でも楽しむことができるので、シェムリアップ近郊をふらふらとしていると必ず出会うといっても過言ではありません。

また、写真のようにジェラートを使ったドリンクもオススメ。
どちらもアンコールワットのエントランスの近くでも楽しめるので、暑い中遺跡を廻った後は、ジェラートやドリンクで休憩をして、次のスポットへ向かいましょう!

おわりに

それぞれのお料理を提供しているお店をリンクしています。
一つ目のアンコールワットカフェでは、アモックと生胡椒を使った炒め物、二つ目のクメールバーベキューは店名の通りバーベキュー。
最後のブルー・パンプキンは繁華街のお店のリンクをメモに載せましたが、シェムリアップには何店舗も食べられるところがあるので、ロゴを見つけたら入ってみてくださいね。
また、アモックや生胡椒を使ったメニューは該当のお店以外でも、食べられるお店が多くあります。シェムリアップでは外れのレストランはないかもしれない!?というくらい、どんなところでも美味しいお料理をいただけるので、臆せずいろんなお店にチャレンジしてみてください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/02/09−2014/02/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -