最高にクレイジーなテーマパーク!ベトナムの「スイティエン公園」がとても奇抜で楽しい

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

最高にクレイジーなテーマパーク!ベトナムの「スイティエン公園」がとても奇抜で楽しい

最高にクレイジーなテーマパーク!ベトナムの「スイティエン公園」がとても奇抜で楽しい

更新日:2015/07/11 16:52

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

ベトナム最大の経済都市・ホーチミン。その中心部からバスで1時間弱のところに、なんと東京ディズニーランドとディズニーシーを合わせた面積以上の広さを誇る、超巨大アミューズメントパーク「スイティエン公園」があります。そしてそれが、あまりにも奇抜で面白いと評判なのです!ここでは、この公園の魅力をお伝えしましょう。

あの『奇界遺産』の表紙を飾った場所!

あの『奇界遺産』の表紙を飾った場所!

写真:中川 康雄

地図を見る

この写真をみた人のなかには、「あれっ、これどこかでみたな」と思った人もいるかもしれません。それもそのはず、フォトグラファーの佐藤健寿氏の有名な写真集『奇界遺産』の表紙を飾っているのがこの「スイティエン公園」なのです!世界の奇妙なものを集めた写真集の表紙を飾るなんてすごいですね。

このテーマパークは、私たち外国人にとってすごく奇抜な場所として有名。また、世界の旅行情報をランキングしているウェブサイト「The Travelerszone.com」によって、「世界の有名テーマパーク12選」にも選出。つまり、世界的に有名なテーマパークなのです。

ベトナムの神話や歴史、仏教などがテーマに!

ベトナムの神話や歴史、仏教などがテーマに!

写真:中川 康雄

地図を見る

この驚愕のアミューズメントパークは、ベトナムの神話や歴史、仏教などがテーマになっています。私たち外国人にとっては、前提としている知識がないからかとても突飛なものに感じられますね。この広い公園の中には本当に変わったオブジェがたくさん溢れかえっています。

公園にいる間は、あまりにたくさんの奇妙なオブジェに囲まれている状態なため、その奇妙さになれてそれが普通のような気持ちに。けれども、カメラで撮影した写真を後から眺めていると、その空間がとても特異なものであることがわかります。

昔、この場所は林や沼が広がっていたそうで、ベトナム戦争時には革命軍の拠点でもあったとのこと。また、このあたりの泉に7人の女神が宿っているという伝説があり、名前の「スイティエン」とは「妖精の泉」という意味なのです。

バラエティ豊かなアトラクションが盛りだくさん!

バラエティ豊かなアトラクションが盛りだくさん!

写真:中川 康雄

地図を見る

このスイティエン公園には、観覧車やジェットコースターなどの定番アトラクションもあります。あるのですが、特におすすめしたいのは、その他の一風変わったアトラクションの数々。

その代表的なもののひとつがワニ釣り。これは、ものすごい数のワニたちがいる池に肉のついた釣竿をたらすという遊びです。ベトナムでは結構メジャーな遊び方のよう。

他にも、大量の魚(結構大きい)に足の角質を食べてもらうフットマサージや、360度立体映像の「8D映画館」、極寒のなかで震えながら雪そりをする「スノーキャッスル」など、そのバラエティ豊かなアトラクションには思わず脱帽してしまいます。

おわりに

いかがでしたか?ベトナムの超巨大アミューズメントパーク「スイティエン公園」。これはもう、ホーチミンを訪問した際には行っておかないともったいない場所といえるでしょう。

遊び方は、入り口で入場料の9万ドン(約500円)を払い、あとはアトラクションごとにお金を支払うという仕組み。アトラクションごとに料金は違いますが、大体平均すると3、4万ドン(約150円〜200円)くらいです。

開園時間は平日だと朝8時から夕方5時半まで。土日祝日はもうちょっと遅くまでやっています。園内には飲食スペースもあるので、昼食に困るようなこともありません。平日は人も少なく、楽に周れるので人の多い場所が苦手な人にもおすすめですよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ