絶対食べるべき!!知床料理「一休屋」のオススメ海鮮グルメ3選

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶対食べるべき!!知床料理「一休屋」のオススメ海鮮グルメ3選

絶対食べるべき!!知床料理「一休屋」のオススメ海鮮グルメ3選

更新日:2015/07/24 16:26

道産子 うまうまのプロフィール写真 道産子 うまうま 日本フードアナリスト、北海道フードマイスター、北見観光マスター

2015年7月に世界自然遺産登録10周年を迎えた知床。知床観光の中心となるオホーツク海に面したウトロ地区は、漁港もあることから、ここならではの絶品グルメを味わうことができます。中でもオススメは、この地区では一番古くから営業をしている郷土料理店「一休屋」。和の趣きある店内では、地元でとれる旬の魚介を中心に、知床の郷土料理やここでしか味わえない珍味が楽しめます。ぜひ、観光とセットで訪れてみましょう!

ウトロで一番古い郷土料理「一休屋」

ウトロで一番古い郷土料理「一休屋」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

知床斜里町ウトロ地区にある1968年(昭和31)年創業の「一休屋」。ウトロでは一番古いとされる人気の老舗店です。オホーツクの海の幸を知り尽くした店主が仕入れる、地元の新鮮な魚介を中心とした、この土地ならではの旬のグルメを味わうことができます。その絶品グルメに、地元の人たちはもちろん、何度も通う観光客のリピーターも多数!

めふん(鮭の腎臓塩辛)、鮭の切り込み、たこまんま(タコの卵)など、そんな店主だからこその、ここでしか味わえない珍味も。かと思えば、丼ものから定食、カレーにラーメン・うどんと、食堂の定番メニューも充実。幅広い客層に愛されて続けている理由は、味はもちろんのこと、このバラエティーあふれる豊富なメニューにあるのかもしれません。

一休屋の人気NO.1メニュー「さけ親子丼」

一休屋の人気NO.1メニュー「さけ親子丼」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

一休屋の迷ってしまうほど豊富なメニューの中には、お客さんの半数以上が注文する、不動の人気No.1メニューがあります。
名物「さけ親子丼」。まさに海の宝石とも言えるくらいキラキラと輝く自家製イクラと、特製しょう油タレのかかったサーモンがたっぷりとのった絶品丼ぶり!トロトロのサーモンは甘みがあって美味!イクラもプチッと弾けた瞬間にトロリと甘みが広がります。

ウトロがある斜里町には、サケが遡上する川があり、観光名所になるほど。また、さけ定置漁業は道内トップクラスの水揚げ量をほこっています。知床観光に訪れた際は、一度は食べておきたい、店主自慢の一品です!!

期間限定!ウニとイクラの「ハーフ丼」

期間限定!ウニとイクラの「ハーフ丼」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

夏の知床で絶対に食べておきたい食材「ウニ」。もちろんウニ丼もありますが、欲張な方にはコレがおすすめ!ウニとイクラが半分ずつのった「ハーフ丼」。ウニとイクラ、北海道では欠かせない海の幸が一度に味わえる贅沢な丼ぶりです。

ウニは、前浜で獲れた高級な「エゾバフンウニ」だけを使用。ウトロのウニ漁期間中(4月下旬〜8月)のみの限定メニューとなります。
どちらも口の中に入れた瞬間とろけて、海の香りが広がります。この機会に「ハーフ丼」で、知床の味を贅沢に食べ比べてみましょう!

侮るなかれ!「エビフライ定食」

侮るなかれ!「エビフライ定食」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

知床など北海道の海の街へ行ったら、新鮮なお刺身や海鮮丼が人気です。しかし、ここ一休屋は、お昼時になると地元の人たちも多く訪れるだけあり、カレーやラーメン、うどん・そば、定食に丼物と、気軽に食べられる食堂メニューも充実しています。

なかでもオススメなのは「エビフライ定食」。大きな海老フライが頭から尻尾まで丸ごと4尾もついてきます。カリッとしていて、海老の甘みが広がる絶品グルメ!ボリュームがありますが、夢中に食べすすめているうちに、あっという間に完食してしまうほど。

もちろんメニューは、魚介系ばかりではなく、お肉を使った料理もあります。「プルプル定食」という謎のメニュー(単品もあり)。豚肉をたっぷりの胡椒で炒めたスパイシーな料理。知床へ来て肉料理?と思いますが、食べて損はないオススメの一品です!
海鮮丼もオススメですが、定食や肉料理など、あなどれない穴場メニューもぜひ食べておきたいところ。

ご当地ソフトクリーム「はまなすこけもも」

ご当地ソフトクリーム「はまなすこけもも」

写真:道産子 うまうま

地図を見る

一休屋からわずか400m、歩いて5分のところにある道の駅「うとろ・シリエトク」。トイレやレストラン・売店はもちろん、観光案内所もあり、4カ国語対応の観光情報案内端末や知床の四季を観賞できるハイビジョン放映など、休憩施設、観光拠点施設として利用できます。

ここにも、ぜひ味わってほしいご当地グルメがあります。
「はまなすこけももソフトクリーム」。北海道の花、また知床斜里町の花になっているハマナスは、森重久彌さんの『知床旅情』の歌詞の中にもでてくるほど、知床を代表する花。また同じく、知床に群生しているコケモモ。この2つがミックスされたソフトクリームが食べられるのは知床だけです!甘酸っぱいなかにも、優しい香りと甘さのある味わい。このソフトクリームは、道の駅の他、知床五湖や知床自然センターの売店でも食べることができます。

道の駅では、その「はまなすこけもも」と更に北海道では定番の「北海道牛乳」の2色を味わえるお得なソフトクリームが。シャリッと感が残るしっかりとした食感のソフトクリームで後味さっぱり。一休屋でお腹を満たした後は、道の駅うとろ・シリエトクで食後のデザートはいかがでしょう。

おわりに

知床観光は、「知床五湖」「カムイワッカの滝」「オシンコシン滝」「プユニ峠」「知床峠」など、見どころがたくさんあります。しかし、観光に美味しいグルメは欠かせないもの!
中でも知床ウトロ地区の老舗店「一休屋」は、地物にこだわった旬の味覚を楽しむことができるオススメ店です。新鮮旬の海鮮丼をはじめ、定食やここでしか味わえない珍味まで、胃袋が満足すること間違いなしの逸品ばかりです。
道の駅や温泉ホテル、漁港など、歩いて行ける距離に点在している好立地なのも観光にはポイントが高いです。
美味しいものを堪能しながら、世界自然遺産でもある知床観光をたっぷり楽しみましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/06/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -