天空の露天風呂が魅力!徳島・新祖谷温泉「ホテルかずら橋」

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

天空の露天風呂が魅力!徳島・新祖谷温泉「ホテルかずら橋」

天空の露天風呂が魅力!徳島・新祖谷温泉「ホテルかずら橋」

更新日:2015/08/22 17:44

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

徳島県吉野川の支流、祖谷(いや)渓谷には、小便小僧が立つことでおなじみの祖谷温泉がありますが、その南側に広がる温泉郷は、比較的新しく開発されたので「新祖谷温泉」と呼ばれています。
その新祖谷温泉では、ケーブルカーで上っていく「ホテルかずら橋」の天空の露天風呂が人気を集めています。
あなたも天空の露天風呂と、そして何より心温まるホテルスタッフのおもてなしで、新祖谷温泉に心の底から癒されてみませんか?

昔懐かしいボンネットバスがお出迎え「ホテルかずら橋」

昔懐かしいボンネットバスがお出迎え「ホテルかずら橋」

写真:やま かづ

地図を見る

「ホテルかずら橋」は祖谷渓にかかる観光スポット「かずら橋」にほど近く、自動車で数分のところに位置しています。
正面玄関の脇には、ホテルの顔ともなっている昔懐かしいボンネットバスがとめられています。このボンネットバス、ただ単なる展示物ではなくいまだに現役で活躍中。ホテルの宿泊客のために「かずら橋ツアー」などで走り回っているんです。

囲炉裏端で祖谷の田舎料理を堪能!

囲炉裏端で祖谷の田舎料理を堪能!

写真:やま かづ

地図を見る

夕食では「ホテルかずら橋」料理長渾身のメニュー、囲炉裏端で味わう祖谷の田舎料理を堪能することができます。
祖谷川でとれた「アメゴの刺身」や「アユの串焼き」、ジャガイモ、こんにゃく、豆腐を串刺しして味噌だれで焼いた「でこまわし」、地元食材を味噌焼きした「ひらら焼き」、太くて短い「祖谷そば」など、どれもできる限り地元の食材にこだわり、祖谷の湧き水を利用して調理されたお料理の数々です。田舎料理とはいえ、そのバリエーション、彩りは洗練され、素朴さの中にも豪華さが感じられるよう細かいところにまで工夫が行き届いています。

また、食事の途中には祖谷名物の「そば米雑炊」の調理実演、若女将の「祖谷の粉ひき節」の披露など、お料理とともにホテルスタッフのおもてなし心も感じることができます。

山小屋風ケーブルカーが天空の露天風呂を結ぶ

山小屋風ケーブルカーが天空の露天風呂を結ぶ

写真:やま かづ

地図を見る

「ホテルかずら橋」の一番のウリ、天空の露天風呂へは山小屋風のケーブルカーで上っていくことになります。
建物3階にある乗り場から露天風呂へは約2分。急な斜面をごとごとと上り切ったその先には遥か遠くに広がる祖谷の絶景が拝めます。

実は、天空の露天風呂へはケーブルカー以外に、側道として整備された遊歩道を歩いて行くこともできます。上りはケーブルカー、下りは夕涼みがてら、遊歩道沿いに植え込まれた草花を鑑賞しながら歩いてみるのもいいかもしれませんね。

天空の露天風呂だけではない!多彩な天空の癒しどころ

天空の露天風呂だけではない!多彩な天空の癒しどころ

写真:やま かづ

地図を見る

天空の露天温泉には男性専用の「雲海の湯」、女性専用の「樹海の湯」、家族風呂の「筍の湯」、その他、貸し切りの「五右衛門風呂」など、多彩な露天風呂が揃っています。
また、祖谷渓谷を臨むことができる展望台や足湯、さらには湯上り休憩どころ「半兵衛の家」などもあり、露天風呂のほかにも家族やグループでゆったり楽しめるスペースも充実しています。
ちなみに天空の露天風呂以外にも、3階には大浴場もありますし、各部屋には広めのユニットバスが用意されています。

かずら橋を朝に夜に楽しめるホテル発の「かずら橋ツアー」

かずら橋を朝に夜に楽しめるホテル発の「かずら橋ツアー」

写真:やま かづ

地図を見る

「ホテルかずら橋」では、宿泊客限定で2種類の「かずら橋ツアー」を催行しています。
一つは朝出発のボンネットバスで行く「かずら橋ツアー」、そしてもう一つは夜出発の「ライトアップされたかずら橋と琵琶の滝をめぐるツアー」です。
どちらも人気ツアーなので予約が必要です。詳細はチェックインの際にフロントでお尋ねください。

写真)ライトアップされた琵琶の滝で記念撮影を楽しむツアー

泊まってみてわかる祖谷温泉の魅力

大歩危・小歩危、小便小僧、かずら橋を初め、妖怪屋敷、かかしの里、二重かずら橋と、見どころが点在する祖谷温泉郷。さっと一日で見て回ることもできますが、やはり、そのよさは泊まってみないとわかりません。
あなたも「ホテルかずら橋」に泊まって、ゆったりのんびり、そして、地元の田舎料理に舌鼓を打って、新祖谷温泉の魅力を感じてみませんか。

なお、祖谷温泉にはケーブルカーで谷底の秘湯におりていく「和の宿 ホテル祖谷温泉」もありますので、そちらと混同しないようご注意ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/19−2015/07/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ