鉄道模型の世界に触れてみよう!「ホビーセンターカトー東京」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

鉄道模型の世界に触れてみよう!「ホビーセンターカトー東京」

鉄道模型の世界に触れてみよう!「ホビーセンターカトー東京」

更新日:2015/07/27 18:06

まきの つぐみのプロフィール写真 まきの つぐみ 旅行ライター

東京都新宿区にある「ホビーセンターカトー東京」は、鉄道模型メーカー「KATO」のショールーム。
多くの鉄道ファンに愛され、「聖地」とも呼ばれるほどの人気スポットです。
2014年2月にリニューアルオープンした店内は、子どもから大人まで、ファミリーでも楽しめる仕掛けがいっぱい。
鉄道模型ファンじゃないそこのあなた、鉄道模型の世界の入り口を、ちょっとだけのぞいてみませんか?

鉄道模型のパイオニア「KATO」本社ビルは、「赤い電車」が目印!

鉄道模型のパイオニア「KATO」本社ビルは、「赤い電車」が目印!

写真:まきの つぐみ

地図を見る

最寄り駅は、都営大江戸線の落合南長崎駅。到着時のアナウンスでも「ホビーセンターカトー東京」と案内があります。

駅からは徒歩5分ほどで、住宅街の中に突如現れる赤い電車が目印です。
本社前に鎮座する赤い電車は、京浜急行電鉄で実際に使用されていた「230形電車」という車両。ショールームのリニューアルにあたり塗り替えられた鮮やかな赤は、何気なく通り過ぎる人の目をも惹きつけます。

堪能したら、いよいよ建物の中へ。
エントランスに置かれているモニュメント「飛べ!カトー!!」は、東京駅の「銀の鈴」で知られている東京藝術大学学長の宮田亮平氏によるものです。
エントランス左手の入り口が、ショールームの入り口になります。

思わずため息が出てしまう巨大レイアウトはまさに「アート」

思わずため息が出てしまう巨大レイアウトはまさに「アート」

写真:まきの つぐみ

地図を見る

1階のフロアに入ってまず目に飛び込んでくるのが、巨大なジオラマ。
鉄道模型の世界では、模型を走らせるためのジオラマを「レイアウト」と呼びます。

もともと商品の走行展示用に作られたものですが、鉄道模型にあわせて再現された街並みはとても緻密に作られており、情景たっぷり。その精巧さはまさに「すごい」の一言です。
駅のホームやビルに灯りがつくとどこか懐かしい気持ちになります。
単なる商品の展示ではなく、「アート」と言っても過言ではありません。

階段の上から見下ろしたり、少し身を低くして見上げてみたり、角度を変えながら眺めるのもおすすめ。
小さなお子様でも見られるよう、踏み台が設置されていたり、階段の柵が透明になっていたりと、随所に工夫が凝らされています。館内は撮影OKなので、お気に入りの位置を見つけたら、すかさず写真におさめておきましょう♪

販売フロアは安心の品揃え。初めて買う人にもおすすめの商品も♪

販売フロアは安心の品揃え。初めて買う人にもおすすめの商品も♪

写真:まきの つぐみ

地図を見る

ショールームの1階は、国内最大級規模を誇る販売コーナーがメイン。
主力は「Nゲージ」と呼ばれるタイプのもので、およそ1/150前後の縮尺の鉄道模型です。自社製品はもちろん、正規輸入品まで幅広くカバーしています。
手軽に始めてみたい、という人には、車両やコントローラーがセットになっているスターターセットがおすすめです。

自分が普段利用している列車や、今はもう運行されていない懐かしい車両、普段何気なく目にする貨物車両など、ざっと流し見するだけでも「あっこれ知ってる!」「見たことある!」って車両がきっとあるはずです。

Nゲージの他にも、一回り大きいHOゲージや、ジオラマ用のパーツもたくさん取り扱っています。ストラクチャーと呼ばれる駅のホームや建物、働く人や動物、樹木など、ジオラマを作るのに欠かせないパーツはどれも精巧な作りで、思わずじっくりと見てしまいますよ。

他にも、鉄道をモチーフにしたグッズやDVD、関連雑誌なども置いているので、いきなり模型に手を出すのはちょっと…という方は、まず関連グッズをチェックしてみるのはいかがでしょうか。

そうそう、販売コーナーの天井付近に注目!
列車のシルエットが音もなく駆け抜けていく場所があります。細かい遊び心が感じられる箇所がいくつもありますので、ぜひ探してみてください♪

2階には運転体験コーナーも設置!模型を持っていなくてもOK♪

2階には運転体験コーナーも設置!模型を持っていなくてもOK♪

写真:まきの つぐみ

地図を見る

2階にある運転体験コーナーでは、実際に模型を走らせることができます。
Nゲージを動かしたことがない人でも、申し出れば模型の扱い方やコントローラーの操作方法なども教えてもらえるので、簡単に運転体験ができちゃいます。

自分でお気に入りの模型を持ち込んで走らせることもできますが、持っていない人にも貸し出しがありますのでご安心を。カウンターで申し出た際に使える車両のリストを見せてもらえるので、その中からお気に入りの車両を選びましょう。
運転コーナーは、500円以上のお買い物をすると無料で楽しめます。

2階には他にもHOゲージを走らせることができるオーナーズレイアウト、誰でも利用できる工作コーナー、専門スタッフが相談に乗ってくれるサービスカウンターもあり、初心者からベテランまで存分に楽しめます。
ソファもあるので疲れたら座って休んでもいいし、新作の展示コーナーやSLなどを眺めるのもいいですよ。

鉄道模型の世界は男性だけのものじゃない!女性も気軽に入れるショールーム

鉄道模型の世界は男性だけのものじゃない!女性も気軽に入れるショールーム

写真:まきの つぐみ

地図を見る

鉄道模型の世界は男性ファンが多く、ちょっと興味はあるけど未知の世界に踏み込むのは勇気がいる…そんな風に思っている女性の皆さん!
鉄道模型ショップのデビューにはホビーセンターカトーがおすすめです♪

なぜここがおすすめなのかというと、鉄道模型店にありがちな、いかにもマニアが集う店…という雰囲気がまったくなく、入口でも可愛い手書きPOPがお出迎えしてくれます。
ショールーム内も天井が高く、明るくてとっても解放感のある空間。
お子様連れの方はもちろん、そうでなくても一人でも気軽に立ち寄ることができます。

パンフレットも動物をあしらった、女性が手に取りやすいデザイン。
ジオラマを始めたい人向けの、簡単な作り方が載ったリーフレットもあります。
鉄道模型の世界は、もはや男性だけのものではありません。女性だって気軽に楽しめる世界なのです。
ミニチュアの世界に興味がある人ならきっと、ジオラマを作ってみたい!と思うことでしょう。

めくるめく鉄道模型の世界へようこそ…マニアの世界をちょっとだけのぞいてみませんか?

本文では紹介しきれませんでしたが、他にもジオラマ作りのワークショップやNゲージ運転会など、イベントも数多く開催されています。
鉄道ファンはもちろん、老若男女誰でも気軽に楽しめます。

「ホビーセンターカトー東京」は鉄道模型ファンなら一度は行ってみたい、と言われているショールームです。
入館は無料ですので、お買い物をしなくても、ふらっと立ち寄って商品やジオラマを眺めるだけでも楽しめますよ。
東京のほか、大阪にもショールームもありますので、ぜひ足を運んでみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -