埼玉・入間航空祭 ブルーインパルス穴場見学スポット&必食屋台グルメ

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

埼玉・入間航空祭 ブルーインパルス穴場見学スポット&必食屋台グルメ

埼玉・入間航空祭 ブルーインパルス穴場見学スポット&必食屋台グルメ

更新日:2018/10/30 14:25

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 ビンテージ雑貨バイヤー

毎年11月3日に航空自衛隊入間基地で行われる「入間航空祭」は、20万人が訪れるビッグイベント。航空自衛隊の花形、ブルーインパルスによる飛行展示の他にも空挺降下(落下傘降下)などの航空ショーは大人も子供も大興奮。加えて、埼玉県の地元グルメも屋台で登場するなど、航空ファンや自衛隊マニアでなくても楽しむことができます。
今回は、地元民がお勧めする絶景穴場も含めた「入間航空祭」をご案内します!
国内航空券の最安値をチェック!

米軍基地から自衛隊基地へ、その歴史は約80年

米軍基地から自衛隊基地へ、その歴史は約80年

写真:藤谷 愛

地図を見る

1938年に陸軍士官学校として発足し、戦後に米軍が進駐、1946年に米軍の「ジョンソン基地」と名付けられました。入間基地の近隣にはその名残として、米軍が使用した家屋を改修し現在でも使用されている民家が多数あります。また、それらの民家をオシャレな商業施設に変えた「ジョンソンタウン」も入間基地から徒歩10分ほどの距離です。

1978年に米軍から全面返還され現在に至るまで、航空自衛隊は災害派遣などの活動を行っています。入間航空祭は、国民に航空自衛隊を身近に感じてもらう為に1963年から行われている歴史のあるイベントなのです。

飛行展示だけじゃない!衝撃の地上展示&イベントと活動報告

飛行展示だけじゃない!衝撃の地上展示&イベントと活動報告

写真:藤谷 愛

地図を見る

基地の滑走路にはたくさんの輸送機やヘリコプターなどが展示されています。
午前中のメインイベントの一つは、その地上展示された航空機の前をにこやかな笑顔でパレードする「ミス航空祭」!始めて見る方は、その光景に衝撃を受けますが、選出されたミスの皆さんは自衛官。日ごろ、基地内で煌びやかな格好をすることはまずないと思うので、この光景自体が稀少です。航空機と綺麗な着物姿。そのコントラストを楽しんでください。

飛行展示だけじゃない!衝撃の地上展示&イベントと活動報告

写真:藤谷 愛

地図を見る

装備品展示場などの屋内では、自衛隊の活動報告もパネルにして紹介しています。
日ごろ、どのような厳しい訓練を自衛官たちがしているのかも垣間見ることができます。「生存自活」の訓練をしている写真(写真左端)は特に衝撃的。野生動物を食用にしています。
また、災害派遣の報告では、苛酷な現場で作業をしている隊員たちの頑張りに胸が熱くなってしまうことも。自衛隊の存在意義、日々の鍛錬の理解を深めることができる充実した内容です。

飛行展示だけじゃない!衝撃の地上展示&イベントと活動報告

写真:藤谷 愛

地図を見る

屋内では、希少な「作動展示」も見ることができます。航空機をジャッキで浮かせ、車輪や翼を実際に動作させ、その動きを詳しく観察することができます。航空機マニアのお父さんと一緒に見学している子供も多く、親子で趣味を分かち合うには絶好の展示です。

飛行展示、基地内お勧めの見学場所はココ!

飛行展示、基地内お勧めの見学場所はココ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

基地内で見学するなら間違いなく管制塔前!午前中の見どころの一つ「陸自空挺降下」(写真)もこの場所がベストポイントです。

飛行展示、基地内お勧めの見学場所はココ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

そして、飛行展示の花形「ブルーインパルス」は管制塔を中心に演舞を行うので、ここに陣取っていれば、迫力も抜群! 「ア―ッ!ぶつかる〜!!」とドキドキしながらその素晴らしい飛行技術を観ることができますよ。

動画:藤谷 愛

地図を見る

動画の「スタークロス」など、煙が描く型も綺麗な形で写真に収めたいなら、管制塔前がお勧めです。

飛行展示、基地外穴場の見学場所はココ!

飛行展示、基地外穴場の見学場所はココ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

ここからは、地元市民がお勧めする穴場の見学場所をご紹介します。
最初は、狭山市から稲荷山公園へ向かう近道で、滑走路の末端部分にある小道です。ここからは着陸する航空機のお腹を撮影することも可能!自分に向かってくる自衛隊機は迫力この上ありません。

飛行展示、基地外穴場の見学場所はココ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

狭山市を流れる入間川までは、最寄り駅の一つである西武新宿線・狭山市駅から徒歩15分程度。メインイベントであるブルーインパルスの編隊を、入間基地からは見ることのできない、富士山をバックに眺めることができる絶景ポイントです。特に入間川にかかる新富士見橋や昭代橋からの眺めが抜群。近くには大型スーパーもあるので、ここでお弁当や飲み物を買い、入間川の土手に降りてピクニック気分で眺めることもできます。

飛行展示、基地外穴場の見学場所はココ!

写真:藤谷 愛

地図を見る

ブルーインパルスの飛行が終了すると、ほとんどの人が帰宅の途につきます。基地を出る時には大混雑で電車に乗るにも一苦労。ならば、一足先に駅に行き、そこでブルーインパルスの飛行を眺めてはいかがでしょうか?

狭山市駅西口はバスロータリーになっており、「スカイテラス」という商業ビルが隣接します。このスカイテラスのブリッジからは、ブルーインパルスの描く数々のアクロバット飛行を観ることができますよ。

基地内のお勧め地元屋台グルメ

基地内のお勧め地元屋台グルメ

写真:藤谷 愛

地図を見る

基地内には数々のグルメな屋台が並びます。今回は埼玉ならではの地元店舗が出店する屋台をご紹介します。
最初は、坂戸市にお店を構える「穂久柳」の屋台。タマシャモ料理を提供するお店ですが、屋台ではタマシャモの炭焼きを提供します。真っ黒に焦がすことなく、お肉をブリブリの状態にするので、弾力とそこから染み出る旨みが楽しめる逸品です。

基地内のお勧め地元屋台グルメ

写真:藤谷 愛

地図を見る

豚肉グルメの多い埼玉。こちらは「入間の黒豚もつ煮うどん」です。もつ煮込みはしっかりと煮込まれているのでとても柔らかく優しい味。寒い日なら必食の一品ですよ。

入間航空祭の往復には、最寄り駅となる西武池袋線「稲荷山公園駅」を利用したいところですが、毎年黒山の人だかりで大変な混みようです。混雑を避けるには徒歩20分の距離にある西武新宿線「狭山市駅」(特急停車駅)の利用がおすすめ。狭山市駅からバスも出ていますが、道路も大渋滞ですので、歩いたほうが早いくらいです。

記事下「関連MEMO」に記載のホームページから当日のイベントスケジュールを確認し、快適に見学ができるように記事の「穴場」も検討してみてくださいね。

入間航空祭(2018年)の基本情報

住所:埼玉県狭山市稲荷山2丁目3番地
電話番号:04-2953-6131
開催時間:9:00〜15:00(地上展示や飛行展示など)
※ブルーインパルスの飛行展示は例年13:00頃〜14:00頃

2018年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -