ブルーインパルスは大迫力の空飛ぶ芸術!埼玉「入間航空祭」

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ブルーインパルスは大迫力の空飛ぶ芸術!埼玉「入間航空祭」

ブルーインパルスは大迫力の空飛ぶ芸術!埼玉「入間航空祭」

更新日:2017/10/26 16:27

藤谷 愛のプロフィール写真 藤谷 愛 ビンテージ雑貨バイヤー

毎年11月3日に航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市と入間市にまたがる)で行われる「入間航空祭」は、20万人が訪れるビッグイベント。航空自衛隊の花形、ブルーインパルスによる飛行展示の他にも空挺降下(落下傘降下)や基地内でしか購入できないお菓子やアイテムの販売など、航空祭ならではの催しものが多数。航空ファンや自衛隊マニアでなくても興奮必至、お薦めの絶景穴場も含めた「入間航空祭」をご紹介します!

米軍基地から自衛隊基地へ、その歴史は約80年

米軍基地から自衛隊基地へ、その歴史は約80年

写真:藤谷 愛

地図を見る

1938年に陸軍士官学校として発足し、戦後に米軍が進駐、1946年に「ジョンソン基地」と名付けられました。入間基地の近隣にはその名残として、米軍が使用した家屋を改修し、現在でも使用されている民家が多数あります。また、それらの民家をオシャレな商業施設に変えた「ジョンソンタウン」も入間基地から徒歩10分ほどの距離です。

1978年に米軍から全面返還され現在に至るまで、航空自衛隊は災害派遣などの活動を行っています。
綾野剛さんが主演したテレビドラマ「空飛ぶ広報室」の撮影も行われたこの入間基地で、国民に航空自衛隊を身近に感じてもらう為に、「入間航空祭」は1963年から行われている歴史あるイベントです。

飛行展示が始まるまでは、地上展示と活動報告を見学

飛行展示が始まるまでは、地上展示と活動報告を見学

写真:藤谷 愛

地図を見る

基地の滑走路にはたくさんの輸送機、戦闘機、ヘリコプターなどが展示されています。
日頃、自衛隊機を見る機会がない方は、その迫力に圧倒されること間違いなし。また、その内部も見学できるので、行列に負けずトライしてみてください。

体育館などの屋内では、自衛隊の活動報告をパネルにして紹介しています。
特に災害派遣の報告では、苛酷な現場で作業をしている隊員たちの頑張りに胸が熱くなってしまうことも。自衛隊の存在意義も深めることができる充実した内容です。

「ナニコレ!?」連発!基地内でしか買えないオモシロ商品

「ナニコレ!?」連発!基地内でしか買えないオモシロ商品

写真:藤谷 愛

地図を見る

屋台では「えっ!こんなものも売ってるの!?」と自衛隊基地初訪問の人は間違いなくびっくりする、お土産品や雑貨が多数販売されています。
キーホルダーや帽子などの定番商品に加え、ここでご紹介したいのは、食べ物シリーズの「撃」。

「中のピーナッツが銃弾みたい・・」と自衛隊員にしか表現できないコピーで販売されているのは「南部せんべい」に似たおせんべいです。味はほんのり甘くなかなかのものですが、ピーナッツを噛みしめるたびに「銃弾ってこんな感じ?」と自問せずにはいられない物騒な食べ物。この他カレーやお饅頭などあり、今後の発展も楽しみなシリーズです。

航空展示見学の穴場その1「狭山市入間川周辺」

航空展示見学の穴場その1「狭山市入間川周辺」

写真:藤谷 愛

地図を見る

入間基地には約20万人が集まり、滑走路にはたくさんの人がレジャーシートを敷き航空展示を眺める、というのが一般の見学方法ですが、ここでは基地外のお薦め見学地をご紹介します。

航空展示見学の穴場その1「狭山市入間川周辺」

写真:藤谷 愛

狭山市を流れる入間川までは、最寄り駅の一つである西武新宿線・狭山市駅から徒歩15分程度。メインイベントであるブルーインパルスの編隊を、入間基地からは見ることのできない、富士山をバックに眺めることができる絶景ポイントです。特に入間川にかかる新富士見橋や昭代橋からの眺めが抜群。近くには大型スーパーもあるので、ここでお弁当や飲み物を買い、入間川の土手に降りてピクニック気分で眺めることもできます。

航空展示見学の穴場その2「狭山市駅スカイテラス」

航空展示見学の穴場その2「狭山市駅スカイテラス」

写真:藤谷 愛

地図を見る

ブルーインパルスの飛行が終了すると、ほとんどの人が帰宅の途につきます。基地を出る時には大混雑で電車に乗るにも一苦労。ならば、一足先に駅に行き、そこでブルーインパルスの飛行を眺めてはいかがでしょうか?

航空展示見学の穴場その2「狭山市駅スカイテラス」

写真:藤谷 愛

地図を見る

狭山市駅西口はバスロータリーになっており、「スカイテラス」という商業ビルが隣接します。
このスカイテラスのブリッジからは、ブルーインパルスの描く数々のアクロバット飛行を観ることができます。写真は入間航空ショーの中でもハイライトとなる「スタークロス」。星の端っこまでキッチリとくっつくところも見どころですよ。

航空展示見学の穴場その2「狭山市駅スカイテラス」

写真:藤谷 愛

描いたハートをブルーインパルスが射貫く、写真の「バーティカルキューピット」は観客の心も射貫く可愛らしさ。大人も子供も分かりやすく感動的な飛行をスカイテラスで観ることができます。

ブルーインパルスの飛行が終了すると同時に狭山市駅から電車に飛び乗り、混雑知らずで帰宅できる絶好のポイントです。

アクセスにはご注意を!

基地周辺の道路状況は道も狭く毎年大渋滞が起き、駐車場もないので自動車でのご来場はお勧めできません。

一番近い最寄り駅となる西武池袋線「稲荷山公園駅」は毎年黒山の人だかりで大変な混みようなので、お勧めするのは、西武新宿線「狭山市駅」(特急停車駅)を利用し、徒歩20分で基地に行くこと。

狭山市駅からバスも出ていますが、前述のように道路も大渋滞ですので、歩いたほうが早い場合もあります。

記事下の「関連MEMO」のホームページから、当日のイベントスケジュールを確認し、快適に見学ができるように「穴場」も検討に加えて計画をたててみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ