常磐自動車道下りSA「Pasar守谷」で絶品グルメを堪能しよう!

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

常磐自動車道下りSA「Pasar守谷」で絶品グルメを堪能しよう!

常磐自動車道下りSA「Pasar守谷」で絶品グルメを堪能しよう!

更新日:2015/07/25 18:28

スノードロップのプロフィール写真 スノードロップ フリーランスライター

2015年7月1日、常磐自動車道下りサービスエリア「Pasar守谷」がオープンしました!持ち帰り寿司はもちろん、目の前で寿司職人が握った寿司をカウンターで食べることができる築地の有名寿司店「すし富」や、ご当地やきとりを集めて提供するやきとりテーマパーク「全国ご当地やきとり 一本列島」など、高速道路初出店となるお店の味が楽しめます。ココでしか食べられないメニューや地元色溢れるお土産もご紹介しますね!

もしかしたら、半年限定!?サービスエリアで築地の「すし富」を味わう!

もしかしたら、半年限定!?サービスエリアで築地の「すし富」を味わう!

写真:スノードロップ

地図を見る

高速道路のサービスエリアで、寿司職人さんが目の前で握ってくれるお寿司を食べられる!と、驚く方も多い「すし富」。もちろん、高速道路初の試みです。
さらに、そのお店は築地の有名店なのですから、この機会を逃す手はありませんよね!?

写真は、天然まぐろの詰め合わせ1080円!食感から違う、絶品です。
イートインは、11:00〜19:00までとなっておりますので、時間にご注意くださいね。

また、今回は「Pasar守谷」の目玉に!と試験的な出店のため、「すし富」としては半年契約とのこと。今後どうなるかわからないので、早めに来店することをオススメします。

こちらも高速道路初出店!「全国ご当地やきとり 一本列島」

こちらも高速道路初出店!「全国ご当地やきとり 一本列島」

写真:スノードロップ

地図を見る

日本全国に存在する様々なご当地やきとり。
やきとりは、お酒のおつまみやお祭りの縁日などでも人気のメニューですよね♪
それを食べ歩いてみたい!とは思うけれど、そんな時間はないかも・・・という「やきとり愛好家」の方も、意外と多いのではないでしょうか?
そんなご当地やきとりを集め、提供するやきとりテーマパークが「全国ご当地やきとり 一本列島」です。

ガイドのオススメは、「東松山やきとり」。
炭火でじっくり焼いた豚肉に、辛味の効いた「みそだれ」をつけていただきます。
味の決め手は、やっぱり秘伝のみそだれ!
白みそをベースに、ニンニク、唐辛子など10種類以上の香辛料をブレンドしたみそだれは、格別です。

Pasar守谷店限定商品!「PAiN au TRADITIONNEL」の牛スジカレーパン!!

Pasar守谷店限定商品!「PAiN au TRADITIONNEL」の牛スジカレーパン!!

写真:スノードロップ

地図を見る

こだわりの伝統的な製法でパリの味を再現するフランスパン専門店「メゾンカイザー」。
そのメゾンカイザーの木村周一郎氏がプロデュースした本格派ベーカリー「PAiN au TRADITIONNEL」は、高速道路初出店のお店です!

オススメは、Pasar守谷店限定商品の3日間煮込んだ熱々の牛スジカレーパン。
天然酵母のパンにカレーをのせた焼きカレーパンに、さらに牛スジ肉たっぷりの熱々マサラカレーを注いだ、2層構造になっている珠玉の味わいです♪

Pasar守谷(下り)限定商品が数多く販売されている「旬撰倶楽部」!

Pasar守谷(下り)限定商品が数多く販売されている「旬撰倶楽部」!

写真:スノードロップ

地図を見る

旬撰倶楽部では、地元茨城の名産品だけでなく、東京銘菓やPasar守谷(下り)限定商品も多数販売されています。
茨城の特産品であるメロンを使った「茨城めろんまんじゅう」、茨城のさしま茶を利用したPasar守谷(下り)限定商品「茨城さしま茶ラングドシャ」や同じく限定商品の「守谷さんちのバウムクーヘン」など、お土産を選ぶのにピッタリのコーナーです。

また、茨城の非公認ゆるキャラ「ねば〜る君」グッズや、常磐道ではここでのみの販売となる東京土産として有名な「東京ばな奈」も売られていますよ☆

高速道路からだけでなく、裏側の一般道からも!

常磐自動車道下りSA「Pasar守谷」は、高速道路を使わずに一般道からも入ることができます。
もちろん、駐車場は完全に分断されており、一般道から高速道路に進入することや、その逆はできないようになっていますが、高速道路に乗らなくてもランチを食べにPasar守谷を利用する!といったことが気軽にできるので、近隣の方にとってはうれしいサービスですよね。
ナビ設定の際は、『守谷市野木崎84』でお試しください。

都心から、茨城県、福島県そして宮城県へとつながる常磐道の旅に向け、最初に一息つく憩いの場「Pasar守谷」。
ココでしか食べられない珠玉の一品を見つけてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ