世界初!宮古島には見えない巨大ダムがある!「地下ダム資料館」で知るその偉業

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界初!宮古島には見えない巨大ダムがある!「地下ダム資料館」で知るその偉業

世界初!宮古島には見えない巨大ダムがある!「地下ダム資料館」で知るその偉業

更新日:2016/06/11 12:39

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

沖縄県宮古島といえば台風銀座として有名で、年間降水量2000ミリを超える多量の雨が降るものの、島の地形・地質の保水性の乏しさから干ばつとの戦いを繰り返してきました。そんな宮古島に目に見えない「地下ダム」があることはご存じでしょうか?島民の生活を変えた、世界初の地下ダムを「地下ダム資料館」で学びましょう。

さとうきび畑に突如出没するダム!?

さとうきび畑に突如出没するダム!?

写真:bow

地図を見る

沖縄県宮古島。目の覚めるような青い海に囲まれた島は、農業がさかんな島でもあります。特にサトウキビは一番多く作られ、年間30万トンを超える収穫量を誇り、沖縄県全体で見ても約40%を占める割合なのです。

そんな宮古島で、広大な敷地を誇るサトウキビ畑に突如「ダム」という看板がある場所が数か所あります。「ダム」といわれても、どこにも川は見当たらず、水が溜まっているところも目視できません。宮古島はサンゴ礁が隆起してできた島。地殻変動で形成された丘陵はあるものの、山地がなく平たい島で、実は川らしい川がないのです。

よく見ればそのダムの看板には「地下ダム」と書かれています。そうなのです、宮古島の地下には世界でも初の巨大なダムが隠れていたのです!

世界初!地下水を利用するダム

世界初!地下水を利用するダム

写真:bow

地図を見る

宮古島は島全体が琉球石灰岩で形成されていて、降水量は多いものの雨水の50%は蒸発、さらに40%は地下へ染み込み、すべて海へ流れ出してしまうという地質。そのため、特に農業用水に関しては長い間水不足で苦しんできた宮古島。昭和46年には大干ばつとなり、島の農業は壊滅的な被害を被りました。

そこで建設されたのが地下ダム!水を透さない地層の上にコンクリートで止水壁を造り地下水をせき止め、その上流では水を透しやすくスポンジのように穴があいている琉球石灰岩の隙間に水を貯める。そんな大胆な発想の地下ダムが実現したのです。

こうして、豊富な地下水を貯めると同時に、農地に水を送る施設も建設。それ以来安定した水源を確保した宮古島の農業は飛躍的な発展を遂げたのです。

「地下ダム資料館」でその仕組みを学ぼう

「地下ダム資料館」でその仕組みを学ぼう

写真:bow

地図を見る

地下にダム・・・。そもそも目に見えないからなんだかよくわかったような、わからんような・・・。そんな方にぜひ足を運んで欲しいのが宮古島の南東部にある「地下ダム資料館」です!

この資料館では地下ダムの建設技術や構造、地下水のメカニズムなど、ビデオやジオラマ模型などで詳しく解説。特にダムの宮古島の地層の断面模型は、地下ダムのしくみやスケールの大きさを知るには非常に分かりやすい展示!また地下深度70mのボーリングコアーの実物など、なかなかマニアックな展示や、水の大切さに触れられるコーナーなども用意されています。

地上に出た地下ダムの一部!

地上に出た地下ダムの一部!

写真:bow

地図を見る

「地下ダム資料館」で地下ダムに関してよく学べた方は、そのまま帰ろうとせずに、「地下ダム資料館」の坂を下ったところにある水たまりのような所を覗きましょう。

実はこれ、地下ダムの止水壁が地上に現れている場所で、ここで地下ダムの水位を観測しているのです。地上にあるダムと違って水の溜まり具合など状況の把握ができないため、目視で水の流れを観測する必要があるのだそう。ともかく、終始見えなかった地下ダムの一部とようやくご対面。これで納得して帰れますね(笑)。

ついに宮古島「地下ダム」のダムカードが配布開始ッ!

ついに宮古島「地下ダム」のダムカードが配布開始ッ!

写真:bow

地図を見る

2015年4月29日、ダムマニアが待ちに待った地下ダムの「ダムカード」が配布開始されました!対象となるのは宮古島の福里地下ダム、砂川地下ダム、皆福地下ダムの三つのダム。

しかし、地下ダムという特殊性からカードをゲットするにはルールもありますので要チェック!福里地下ダムのカードは「地下ダム資料館」の窓口にて問題なくゲットできますが、砂川地下ダム・皆福地下ダムのカードは、ダムに行ったことを証明する写真が必要!

砂川地下ダムは看板等と一緒に自分を撮影(携帯電話可)、皆福地下ダムは公園内の記念碑と一緒に撮影し、「地下ダム資料館」の窓口に提示すればカードをゲットできます。

ちなみに今回、カード右下にアルファベット1〜2文字で表示されているダムの形式に初めて「S」の記号が登場!これはサブサーフェイスダム(sub-surface dam)のSを表しており、今回初めて登場した地下ダム専用の記号なのです。まさにコレクター、ダムマニア垂涎の激レア宮古島地下ダムカード!さあ皆の者、宮古島に集えッ!

宮古島から広がった地下ダムの偉業を「地下ダム資料館」で知ろう!

長らく水不足に苦しんできた宮古島で国・県・市町村が一丸となり完成させた地下ダムは、宮古島の農業や地域活性化に大きく貢献しました。現在ではこの宮古島の成功事例を基に、地下ダム建設の動きが水不足に悩む沖縄県内の他の島や奄美諸島にまで広がり、建設中のダムを含めて既にその数は10箇所を超えています。

水に苦しむ島の苦しみを救う元になった宮古島の地下ダム。そんな偉大なる足跡をたどりに「地下ダム資料館」を訪れてみてはどうでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ