背脂ゴロッと!行列のできる「朱華園」へ尾道らーめんを食べに行こう!

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

背脂ゴロッと!行列のできる「朱華園」へ尾道らーめんを食べに行こう!

背脂ゴロッと!行列のできる「朱華園」へ尾道らーめんを食べに行こう!

更新日:2015/08/06 18:13

ヒーロ ユキのプロフィール写真 ヒーロ ユキ 弾丸トラベラー、行列ハンター

醤油ベースのスープに背脂が浮いた尾道らーめん。レトロな町、尾道を代表するグルメとして市内にはさまざまな趣向を凝らした尾道らーめん店があります。
その中でも今回は、大きな背脂の塊がたっぷり浮いた尾道らーめんの老舗「朱華園(しゅうかえん)」のご紹介です。観光客ばかりではなく、地元民からも愛される名店のため週末の昼時はいつも大行列!時間に余裕を持って並ぶ覚悟で行きましょう!!

尾道らーめんと言えば「朱華園(しゅうかえん)」

尾道らーめんと言えば「朱華園(しゅうかえん)」

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

創業昭和22年の老舗「朱華園」。テレビや雑誌で尾道らーめんを語るときに、必ずと言っていいほど紹介されるため、市内にある尾道らーめん店の中でも断トツの知名度と人気を誇ります。
昼時は、観光客と地元民が入り混じり行列が出来ることは当たり前で、連休中などは50人以上の長い列が出ることも!
できるだけ並ばずに食べたい人は、11時のオープン前か昼時を外して夕方に行くことをオススメします。

車で来た人のために専用駐車場がありますが2台分しかありません。空いていないときは近くのコインパーキングを利用しましょう。

相席覚悟!食べたらすぐ出る!

相席覚悟!食べたらすぐ出る!

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

朱華園は、行列が出来てもお客さんの回転が物凄く速いので10人、20人の行列ならそれ程待たずにお店に入ることが出来るでしょう。

店内にはテーブル席とカウンター席があるほか、店の奥には大人数の家族連れが利用できる壁に仕切られた大きなテーブル席が二つあります。
混雑時の相席は当たり前で、さらに食べ終わるとすぐに食器を下げられます(食事を急かされる雰囲気はありませんので、食べるのが遅い子供連れでも問題はないです)。ゆっくりと食事を楽しみたい人には向きませんが、このおかげで回転が速いのでそこは理解し協力しましょう。

朱華園のメニュー

朱華園のメニュー

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

メニューは多くありませんが、中華そばだけではなく焼きそばや焼き餃子などもあります。
店内に入ったら最初に注文をしてお会計をするシステムです。事前に何を食べるか決めておいたほうがいいでしょう。ちなみに裏メニューでワンタン麺(2人前から)もあります。

大きなチャーシューと背脂の塊

大きなチャーシューと背脂の塊

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

早い時は席に着いて1分程で中華そばが出てきます。あまりの速さにびっくりするかも知れませんが、もちろん作り置きではなくスープはアツアツで麺も伸びたりはしていません。さすが行列対応に慣れた名店です。

写真は麺を隠すほど大きなチャーシューが乗ったチャーシュー麺。薄く切られたチャーシューは、よく煮込まれていて柔らかく味もしっかり染み込み食べ応えもあります。スープは鶏ガラと醤油ベースで味は割と濃いめです。また、大きな塊の背脂がゴロゴロ浮いていて、これぞ尾道らーめんと言った存在感があります。麺はコシのある自家製の平打ち麺で濃い味のスープとよく絡み相性抜群です。

中華そばよりも美味しい焼きそば!?

中華そばよりも美味しい焼きそば!?

写真:ヒーロ ユキ

地図を見る

朱華園に来る地元民が必ずと言っていいほど頼むのが焼きそばです。焼きそばの麺は中華そばと同じ平打ち麺が使用され、麺の上には野菜と肉が皿から溢れんばかりに乗っています。焼きそばは薄味で提供されてきますので、卓上にある焼きそばソースを好みの量をかけて調節しながら食べましょう。

焼きそばだけでも十分勝負が出来るほどの完成度です。ぜひ、大人数で来たならば中華そばと焼きそばの両方注文することをオススメします!

おわりに

朱華園の営業時間は11時から19時までですが、売り切れ次第閉店となりますので遅い時間に行くときは注意が必要です。また、朱華園の中華そばが気に入った方は、お持ち帰り用の中華そばを購入してみてはいかがでしょうか。お店と同じスープが入ったビニール袋と、麺とチャーシューにメンマ、ネギが入ったパックが渡されます。自宅でもお店と変わらない味を楽しめるのでお土産にオススメです!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -