1日中遊べる!エイにも触れるマニラ「オーシャンパーク」

| フィリピン

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

1日中遊べる!エイにも触れるマニラ「オーシャンパーク」

1日中遊べる!エイにも触れるマニラ「オーシャンパーク」

更新日:2015/09/04 13:39

宮腰 由希子のプロフィール写真 宮腰 由希子 国際関係スペシャリスト、ロシア語通訳翻訳

フィリピンの首都マニラの子どもの多さにはこの国の発展を、先進国顔負けの巨大ショッピングモールの数々には勢いのある経済成長を感じさせてくれる。第二次世界大戦中には旧日本軍が占領した国なので、訪れておきたい場所も多い。暑いマニラを歩き回って疲れたら、マニラ湾に面する水族館「オーシャンパーク」に行ってみよう。他の水族館では有り得ない南極体験や人魚体験などのユニークなアトラクションが目白押しだ。

サメやエイに触れる!人魚にも変身できるユニークな水族館。

サメやエイに触れる!人魚にも変身できるユニークな水族館。

写真:宮腰 由希子

地図を見る

ふつう、水族館といえばドルフィンタッチが定番だが、マニラ・オーシャンパークでは、なんと危険な生き物のイメージが強いサメやエイに無料で触れるのだ。

飼育員がエイを赤ちゃんのように抱っこして、お客さんの前をゆっくり通る。自分の前に来たら、エイをやさしく撫でてみよう。でも、エイを刺激して暴れさせてしまうので、くれぐれも尾には触らないようにしよう!サメやエイと一緒に泳ぐプログラムもあるが、これは有料だ。

そして、人魚姫になりたいという女の子の夢も叶えられるオーシャンパーク。45分間のプログラムで毎日一時間ごと(昼休みは除く)に行われるので、恥ずかしいなんて思いを捨てて、京都で舞妓さんに変身する感覚で、マニラではマーメイド体験をしてみよう。きっと旅のステキな思い出になるに違いない。

サメに注意!

サメに注意!

写真:宮腰 由希子

地図を見る

オーシャンパークにはワニやサメといった人を襲うかもしれない怖い生き物たちもいる。サメの入っている水槽。上の階に上がってみると、なんと上が空いた水槽に近づけてしまう!さらに驚くことに、柵もなく、近寄ったり水槽を叩いたりしないように注意書きがあるだけだ!サメが飛び出してきたら大変なので、くれぐれも近づかないようにしよう。

マニラ湾を背景に野外ステージで盛り上がるアシカのショー

マニラ湾を背景に野外ステージで盛り上がるアシカのショー

写真:宮腰 由希子

地図を見る

マニラ湾を背景に行われるアシカのショーはスタッフもお客さんたちもみんなノリノリだ。英語で行われるので、地元の人たちも観光客もどちらも盛り上がる。
選ばれたお客さんがステージに呼ばれ、最後にはアシカとのキスまでさせられてしまう。アシカのショーは毎日11時、15時、17時から30分行われている。

オーシャンパークには他にもグラスボートや潜水体験、そして冷凍庫の中での南極体験といった他の水族館にはないような珍しいアトラクションがある。そして、オーシャンパークで遊び疲れた人たちにオススメと言わんばかりにフィッシュスパまである。

一階には幻のシベットコーヒーが飲めるカフェもある。シベットコーヒーはジャコウネコが食べたコーヒーの実が未消化のままの糞から作られている希少価値の高いコーヒーだ。フィリピン土産に買おうか迷ってる人はぜひともここで試しに飲んでみよう。

最後に

オーシャンパークは一日中いても飽きないだけではなく、日本の水族館ではできないようなユニークなアトラクションがいっぱいのアミューズメント施設だ。18時からは花火と噴水のショーもあるので、ぜひとも夜まで楽しんでほしい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ