世界遺産「ニンガルー コースト」でオーストラリアのアウトバックと珊瑚礁の海を楽しもう!

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産「ニンガルー コースト」でオーストラリアのアウトバックと珊瑚礁の海を楽しもう!

世界遺産「ニンガルー コースト」でオーストラリアのアウトバックと珊瑚礁の海を楽しもう!

更新日:2015/07/26 13:31

高田 真美のプロフィール写真 高田 真美 旅行ブロガー、グルメブロガー

豪・西オーストラリア州に「ニンガルー コースト」と呼ばれる地域があります。世界遺産にも登録されているニンガルーコーストは「アウトバックの赤い大地」と「珊瑚礁の青い海」という2つの対照的な景観が共存する珍しい場所です。今回は、そんなニンガルーコーストの魅力をご紹介します。

赤い大地と白砂のビーチが共存するケープレンジ国立公園

赤い大地と白砂のビーチが共存するケープレンジ国立公園

写真:高田 真美

地図を見る

ニンガルーコーストで「アウトバック」と「珊瑚礁の海」の両方の景色を簡単に味わえるのが、ケープレンジ国立公園です。5万ヘクタールに及ぶ広大な国立公園には、赤い大地、険しい渓谷、白砂のビーチ、珊瑚礁の海、とバラエティに富んだ景観が存在しています。

ニンガルーコーストの観光拠点となるエクスマウスの町からケープレンジ国立公園の入口までは約40キロ。少し距離はありますが、舗装された道が続く快適なドライブです。右手にはトルコブルーの海と白砂のビーチ、左手には赤い大地と険しい岩山、という他では味わえない景色を楽しむことができます。

ヤーディークリークの秘境クルーズ

ヤーディークリークの秘境クルーズ

写真:高田 真美

地図を見る

広大なケープレンジ国立公園の中でも特におすすめなのが、ヤーディークリークの渓谷クルーズです。赤い崖に囲まれた渓谷をボートで奥へ奥へと入っていくと、そこには正に秘境の景色が広がります。静寂の中、野鳥の声だけが渓谷に響き渡り、川の両岸に続く赤い崖には、珍しいブラックフットワラビーも姿を現します。約1時間の短いクルーズですが、秘境気分を十分に味わう事ができますよ。

このクルーズは、ケープレンジ国立公園内のヤーディークリークから1日2回運行しています。空きがあれば現地で直接乗る事もできますが、人気のあるツアーなので、事前にエクスマウスのツーリストインフォーメーションか電話で予約を入れてから出かけることをおすすめします。エクスマウスの町からヤーディークリークまでは約90キロと距離がありますので、時間に余裕を持ってでかけましょう。

オーストラリア最大級の珊瑚礁「ニンガルー リーフ」

オーストラリア最大級の珊瑚礁「ニンガルー リーフ」

写真:高田 真美

地図を見る

ケープレンジ国立公園の沖には、ニンガルーリーフと呼ばれるオーストラリア最大級の珊瑚礁が広がっています。そのため、ケープレンジ国立公園の海沿いには美しい白砂のビーチやシュノーケリングスポットが数多く点在しています。

国立公園の入口近くのタンタビッディというボートランプからはグラスボトムボートやシュノーケリングのツアーも出ています。これらのツアーに参加すれば、美しい珊瑚礁とカラフルな魚たちが織りなす竜宮城のような世界を実際に目にする事が出来ます。運が良ければ、ウミガメやマンタレイに遭遇できる事もありますよ!

また、ニンガルーコーストはジンベイザメや座頭鯨がやってくることでも有名です。エクスマウスからは、ジンベイザメと一緒に泳ぐツアー、鯨を見るツアー、ダイビングツアーなど、様々なツアーが出ています。これらのツアーに参加して、美しい珊瑚礁とそこに住む海洋生物を身近に体験すれば、一生の思い出に残ることでしょう。

アウトバックの秘境ドライブ

アウトバックの秘境ドライブ

写真:高田 真美

地図を見る

オーストラリアのアウトバックを満喫したい方におすすめなのが、エクスマウスの南にあるショットホールキャニオンとチャールスナイフキャニオンの秘境ドライブです。

ショットホールキャニオンは、エクスマウスから14キロほど南下したところにある渓谷です。赤茶色の岩山に囲まれた谷底を車で入っていくことができる、秘境感溢れるドライブコースです。
チャールスナイフキャニオンは、エクスマウスから20キロほど南下したところにある渓谷です。こちらは、渓谷の崖の上を登っていくドライブコースなので、素晴らしい眺望を望む事ができます。

どちらも未舗装の道なので、四輪駆動の車でのドライブをおすすめします。アウトバックをワイルドに楽しみたい人にはぴったりのドライブコースですよ。

ワイルドフラワーの宝庫

ワイルドフラワーの宝庫

写真:高田 真美

地図を見る

ニンガルーコーストのケープレンジ国立公園には630種以上のワイルドフラワーが自生していることで知られています。この辺りは1年を通して気温が高いため、冬の終わり(7月)には既にワイルドフラワーが咲き始めます。

上の写真はスタート デザート ピーという珍しいワイルドフラワーです。7月〜9月にかけては、日本では決して見ることのできない珍しいワイルドフラワーがたくさん花を咲かせますので、ドライブ途中に車を停めてワイルドフラワーを鑑賞するのも楽しいですよ。

最後に

ニンガルーコーストの拠点となるエクスマウスの町はエクスマウス空港から約35キロ。エクスマウス空港へは、カンタス航空がパースからフライトを運行しています。

ニンガルーコーストは、真冬(6月〜7月)でも日中の最高気温が25℃前後と快適に過ごす事ができます。一方、真夏(12月〜2月)の日中最高気温は40℃近くにもなります。
一年中比較的乾燥した気候ですが、1月〜3月はモンスーンが発生する事もありますし、気温も非常に高いので、この時期はあまりおすすめできません。
ジンベイザメを見るなら3月〜8月、クジラを見るなら6月〜10月、ワイルドフラワーを見るなら7月〜9月と、それぞれ適した時期がありますので、目的にあわせて旅行時期を選ぶと良いでしょう。

世界遺産のニンガルーコーストで、オーストラリアのアウトバックと珊瑚礁の海を思う存分楽しんでみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -