江戸歴史探訪、金沢長町界隈に残る百万石の武家文化

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

江戸歴史探訪、金沢長町界隈に残る百万石の武家文化

江戸歴史探訪、金沢長町界隈に残る百万石の武家文化

更新日:2015/07/27 18:27

直 旅道のプロフィール写真 直 旅道 トラベルコーディネイター、通訳案内士(英語)

北陸新幹線も開通し、盛り上がる金沢。いくつかある金沢の観光ポイントの中で今回は特に「江戸の武家文化」を感じることのできる長町周辺をご紹介いたします。
江戸時代、徳川に次いでNo2の百万石を誇った加賀藩。長町にはその武家文化が今も色濃く残っています。

百万石の人々の生活にはかかせない、豊かな水が町全体にながれる

百万石の人々の生活にはかかせない、豊かな水が町全体にながれる

写真:直 旅道

地図を見る

犀川を水源とした長町を流れる大野庄用水。加賀百万石の人々の生活を古くからささえてきました。
江戸時代の頃と変わらず武家屋敷の土塀を背に流れる用水に、風情と情緒を感じます。

長町で唯一公開されている武家屋敷「野村家」

長町で唯一公開されている武家屋敷「野村家」

写真:直 旅道

地図を見る

長町で唯一、一般公開されている武家屋敷跡で、代々奉行職を歴任してきた加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡を公開しています。
玄関あがった所に信貞の着用した鎧(本物)が飾られていて厳かな気持ちになります。

屋敷内には、加賀藩のお抱え絵師、狩野派の佐々木泉景による山水画をほどこした襖や、総檜造りの格天井など、文化財的な評価も高く海外から訪れる観光客も多い屋敷です。

野村家は、前田利家の金沢入りにも同行した禄高1,200石の直臣で、以後明治の廃藩に至るまで11代に渡って屋敷を拝領した由緒深い家柄です。

野村家の庭園がまた素晴らしい

野村家の庭園がまた素晴らしい

写真:直 旅道

地図を見る

野村家に訪れたらぜひ、縁側に座って庭園をゆっくりご鑑賞ください。この庭園は、2009年のミシュランの観光地格付けにて2つ星に選ばれるなど、海外からも高い評価を受けています。

樹齢400年の山桃や椎の古木や六尺に及ぶ大雪見灯篭、さくらみかげ石の大架け橋などが絶妙なバランスで配置されており、屋敷と庭園が見事に調和しています。

また、石造りの階段で2階へ上ると茶室があり、眼下に庭園を眺めながらお抹茶を頂くこともできます。(お茶代は別途)

黄色の土壁は歴史の証人、長町武家屋敷

黄色の土壁は歴史の証人、長町武家屋敷

写真:直 旅道

地図を見る

野村家を含んだこの長町界隈は、かつての藩士が住んでいた屋敷群です。時代の流れと共に家主や土地区分などは変遷しましたが、土塀や塀の基礎となった石垣など昔と変わっていないものが多く残っている事が嬉しいです。これら歴史的な壁の向こうでは今も市民生活が普通に営まれています。

石畳の小路を散策すれば、当時の雰囲気がしのばれ、加賀文化の深さや歴史の重みを感じずにはいられません。

お土産にも自分用にも、金沢伝統九谷焼

お土産にも自分用にも、金沢伝統九谷焼

写真:直 旅道

地図を見る

土塀に挟まれた小道を散策していきますと九谷焼のお店、鏑木商舗(かぶらきしょうほ)があります。ここは金沢伝統工芸九谷焼の展示と販売を行う窯元。九谷焼の器で楽しめるカフェも併設していて散策で疲れたらここで休憩することもできます。

西洋グラスと九谷焼をコラボしたおしゃれ商品などもあり、見ているだけでも楽しいひと時をすごすことができます。手軽に購入できるものから最高級品まで料金の幅は、びっくりするほどに大きいです。

大切な人へのお土産や自分の実用のために日本の伝統工芸九谷焼はいかがでしょうか。

まとめとして

今回は、江戸を感じる街として、長町周辺の案内をさせていただきましたが金沢には魅力的な観光地が他にもいっぱい。3つの茶屋街や兼六園、金沢城公園、近江町市場、金沢駅周辺などとても1日ではとてもまわりきれません。宿泊を兼ねてゆったり加賀百万石の街を体感してみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -