ブルーベリーの新しい名産地!四日市「愛成ベリー」で濃厚完熟ブルーベリーを無制限に味わおう

| 三重県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ブルーベリーの新しい名産地!四日市「愛成ベリー」で濃厚完熟ブルーベリーを無制限に味わおう

ブルーベリーの新しい名産地!四日市「愛成ベリー」で濃厚完熟ブルーベリーを無制限に味わおう

更新日:2015/08/02 17:47

一灯斎 TAKEZOのプロフィール写真 一灯斎 TAKEZO

四日市は、工業都市のイメージが強いが、実は農業も盛んなところ。最近では、その気候と土壌に合ったブルーベリーの栽培が大きく成長してきている。新進気鋭のブルーベリー農園「愛成ベリー」もその一つ。
時間無制限で食べ放題の上、ふんだんにベリーをあしらったおススメのスイーツもある「愛成ベリー」で、ベリー三昧のひと時を!

オシャレでキレイな農園に、ココロもカラダもテンションあがる!

オシャレでキレイな農園に、ココロもカラダもテンションあがる!

写真:一灯斎 TAKEZO

地図を見る

四日市の南西部に位置する貝塚町。見渡す限り農地が広がるこの場所に立っていると、四日市が全国的に有名な工業都市であるということも嘘のように思えるほどだ。
実は四日市は、農業も盛ん。市域の約6割が農業振興地域で、特に茶葉の生産においては、明治以前からの歴史と質の高さで、知る人ぞ知る名産地なのである。近年では、茶葉生産に適した土壌と気候が、ブルーベリーにも良いということからその生産が盛んになりつつある。

さわやかな風が吹きぬけるここは「愛成ベリー」。苺とブルーベリーを専門に育てる、気鋭の農園である。百台は大丈夫という駐車場の向こうには、ログハウス風の事務所兼カフェが、訪れる人たちを迎えてくれる。
適度におしゃれで清潔感もあり、これから迎えるブルーベリータイムに期待が高まるだろう。受付を済ませば、いよいよ食べ放題のはじまりだ。

ゆったりスペースに汚れない足元で、思う存分ブルーベリー狩りを

ゆったりスペースに汚れない足元で、思う存分ブルーベリー狩りを

写真:一灯斎 TAKEZO

地図を見る

農園の中に入れば、ご覧の通りのゆったりスペース。ブルーベリーも直接地面に植えるのではなく、ひと苗ごとに大きな鉢に植えられている。
地面を掘り起こす必要が無いので、足元は全面シート張り。天気の良くない時に訪れても汚れることが無いし、脚の弱い方でも、車いすやベビーカーでも大丈夫。みんなが一緒に楽しめるのが、この「愛成ベリー」の素敵な所だ。

たわわに実るブルーベリーを時間無制限でお好きなだけどうぞ

たわわに実るブルーベリーを時間無制限でお好きなだけどうぞ

写真:一灯斎 TAKEZO

地図を見る

「愛成ベリー」のブルーベリー狩りは、何と時間無制限の食べ放題!ゆったりと自分のペースで楽しめるのもここの嬉しい特徴だ。
三十数種あるというブルーベリー。訪れる時期によって、それぞれ一番おいしい種類は変化するので、ワンシーズン中にリピートしても楽しめる。最初はどの株も同じに見えるが、色々食べ比べているうちに、実の色かたちや大きさ、葉の色、枝ぶりなどそれぞれに特徴があって、その豊かな個性を見分けることが出来る様になってくる。もちろん味わいも、酸味の多いもの、甘みが多いもの、みずみずしいもの、濃厚なものなどバリエーション豊か。

ぜひ、あなた好みの味を見つけていただきたい。

お子様も退屈させないホスピタリティーでお迎え

お子様も退屈させないホスピタリティーでお迎え

写真:一灯斎 TAKEZO

地図を見る

いくらベリー好きでも、小さいお子さん方はすぐに飽きてしまうことが多いもの。そんなときのために、ここでは遊び場も充実している。特にブルーベリーは、夏の暑い時が旬なので、クールダウンのためにビニールプールも用意してある。
ここで気分を転換すれば、何度でも食べられる?
子供も喜び、大人も助かる。何時間でも過ごせてしまう農園なのだ。

ブルーベリーとは別バラ!ベリーまみれのお勧めスイーツを堪能

ブルーベリーとは別バラ!ベリーまみれのお勧めスイーツを堪能

写真:一灯斎 TAKEZO

地図を見る

からだの隅までブルーベリーがいきわたったら、もうひとつトドメを刺しておこう。
ここには「愛成気まぐれカフェ」があり、ドリンクやスイーツなども楽しむことが出来る。

その中でも特におススメなのが、四日市の有名洋菓子店のプロデュースで生まれた「スペシャルプレート」。
ご覧の通りのベリーまみれスイーツで、ブルーベリーのソフトクリームにたっぷりのストロベリージャムがかかったものに冷凍イチゴの練乳掛けとしっとりとした生地のケーキが添えられ、真中にはよりぬきの大粒ブルーベリーが堂々と鎮座したベリー好きにはたまらない仕様になっている。

勘弁してほしい程ブルーベリーを食べた後でも、これはまさに別バラ。さわやかな酸味と甘さに、ついつい完食してしまうこと間違いなし。

冬から春にはイチゴ狩りも!あなたの知らない四日市の魅力を発見しよう

名古屋、大阪、奈良、京都にかこまれた四日市。近いところでは「なばなの里」「ナガシマスパーランド」アウトレットの「ジャズドリーム長島」などを控えているが、つい観光地としてはスルーしがち。
しかし温泉、農園、山岳地など豊かな自然と工業、商業都市として多くの顔を持つ場所なので、工夫次第でありきたりじゃない魅力たっぷりの旅にすることが出来るかも。

ちなみに「愛成ベリー」では、6月から8月末までがブルーベリー、12月から5月までがイチゴ狩りを開催している。年中みんなで楽しめる「愛成ベリー」をぜひ訪れて頂きたい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -