イスタンブールは猫の街。おすすめ!朝の猫さんぽ

| トルコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

イスタンブールは猫の街。おすすめ!朝の猫さんぽ

イスタンブールは猫の街。おすすめ!朝の猫さんぽ

更新日:2015/08/13 14:43

世界遺産にグルメ、街歩き・・イスタンブールは見どころいっぱいの人気の観光地ですが、実は猫がたくさんいることでも有名です。
トルコでは猫はとても大切にされていて、飼い猫でなくても地域の人みんなで面倒を見ていることも多いそうです。
街を歩いていると、そこここで可愛らしい猫に出会うことができます。
今回は猫好きのみなさんに向けて、歴史都市イスタンブールで暮らす猫たちをご紹介しましょう。

路地裏で猫さんぽ

路地裏で猫さんぽ
地図を見る

イスタンブールのシンボル、世界遺産として有名なアヤ・ソフィア。
公園に面した入口側はたいへんなにぎわいですが、一歩裏手に入ると静かな小径が続いています。
こちらはアヤ・ソフィアに隣接するジェファルファー神学校の近くで出会った子猫。
おみやげ用のスカーフやキリムが並ぶ中、ころんと回転、悩殺ポーズであいさつしてくれました。

古い町並みの中でパチリ

古い町並みの中でパチリ
地図を見る

歴史公園はブルー・モスクやアヤ・ソフィア、トプカプ宮殿などの見どころが集中する観光の中心地ですが、その南側には伝統的な木造家屋がまだ多く残っています。
下町の雰囲気を味わいながら、 石畳の道を歩いていると、車の下や民家の窓辺、公園のベンチや塀の上、いろんな場所で猫に出会えます。中には売り物のカーペットの上や道に面したショーケースの中でくつろぐ強者も。

写真は金角湾に面したコンスタンティノープル世界総主教座の近くです。この辺りも風情のある街並みが続いています。

観光スポットの写真もいいけれど、何気ない町の風景も撮っておくと、後で見返した時に旅の記憶が生き生きとよみがえって、とても面白く感じます。
イスタンブールに暮らす猫たちは、そんな風景写真の絶妙なアクセントにもなってくれます。

文化遺産も関係にゃいのです

文化遺産も関係にゃいのです
地図を見る

ビザンティン時代の石造品も、歴史的人物のお墓も猫たちにすれば、かっこうのお昼寝場所。
博物館の庭やカフェでもしばしば猫を見かけます。
写真の場所は国立考古学博物館の前庭です。
ビザンティン時代の柱頭や墓石などが屋外展示されている中、その上で一匹の子猫が気持ちよさそうに眠っていました。
すぐそばのカフェのテラス席の椅子に当然のごとく陣取っているコも。
猫好きのお客さんを歓待してくれます。

預言者ムハンマドと猫のお話

預言者ムハンマドと猫のお話
地図を見る

モスクの中では子育て中のお母さん猫も。
イスタンブールの人たちは追い払うこともなく、彼らをやさしく受け入れています。
オバマ大統領がアヤ・ソフィアを訪れた時にも猫がいて、大統領が頭をなでる映像がニュースで流れました。その猫は「オバマ・キャット」と呼ばれて、世界的に有名になりました。

実はイスラム教の開祖、預言者ムハンマドも大の猫好きだったとか。
こんなお話があります。
ある日、ムハンマドが出かけようとすると、ムエザという猫が彼の表着の上でいました。
彼はムエザをとても可愛がっており、起こすのをかわいそう思いました。そこで、猫が寝ていた袖の部分を切り落とし、袖無しの服を着て出かけたのでした。

こんなこともイスタンブールで猫が大切にされている理由の一つかもしれません。

猫さんぽは朝がおすすめ

お散歩は朝がおすすめ。まだ静かな町の中をわがもの顔で気ままに歩く猫たちに出会えます。
歴史的な町並みの中で出会った猫の写真はかわいさ倍増。
きっと、すてきな旅の思い出写真になるでしょう。

猫好きのみなさん、イスタンブールを訪れた時はちょっと早起きして、ぜひカメラ片手にお散歩に出かけてみてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/12−2014/08/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ