古代遺跡が今もバリバリ!?トルコ・アスペンドスは現役のコンサートホール

| トルコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

古代遺跡が今もバリバリ!?トルコ・アスペンドスは現役のコンサートホール

古代遺跡が今もバリバリ!?トルコ・アスペンドスは現役のコンサートホール

更新日:2015/08/23 01:42

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ アマチュア写真家

ローマ劇場ともいわれる野外劇場の跡は、ローマ帝国が支配した広大な地域にいくつも残っています。

ローマだけでなく、ギリシャやトルコを旅すれば、劇場跡をたくさん目にすることでしょう。その中でトルコのアスペンドスにある野外劇場は抜群の保存状態! 今もオペラやコンサートに使われている「遺跡」とは呼べない遺跡なんです。

多くの種族の遺跡がごろごろ

多くの種族の遺跡がごろごろ

写真:万葉 りえ

地図を見る

アスペンドス遺跡があるのは、トルコの地中海に面したアンタルヤの地域。アンタルヤは地中海きってのリゾート地で、毎年ヨーロッパからたくさんの観光客が訪れます。この辺りは温暖で肥沃な土地。

古代から「パンフィリア…すべての種族の土地」と言われていて、華麗な古代遺跡がいくつも残っています。多くの都市が作られた中で、ここアスペンドスは一番の繁栄を誇った町でした。

幹線道路から遺跡がある方へと道を入ると、まだ手つかずの遺跡が畑や民家の間にいくつも残っているんですよ。

ここに来たら、ぜひステージの真ん中へ

ここに来たら、ぜひステージの真ん中へ

写真:万葉 りえ

地図を見る

エーゲ海から地中海にかけて、ギリシャのポリスのような町が植民地として作られていきました。アスペンドスも同じように、広場(アゴラ)や神殿などがあった上市のアクロポリスと、港があり輸送商業地域だった下市で成り立っていました。アレクサンダー大王の遠征やペルガモン王国に治められたりした後、ローマ帝国の領土になり2〜3世紀に黄金時代を迎えます。

公会堂や噴水などが作られたのもローマ帝国の時代。野外劇場の南側の入り口には、この劇場がマルクス・アウレリウスの治世の時(161〜180AD)に建設され、建築家は地元のアスペンドス人 ゼノンであると刻印された跡が今も残っているそうです。

それだけでなく、ステージも、出演者達が控えていた場所も、ほとんど変わることなく残っていて、催し物がなければステージ部分の奥にも入ることができるんです。

気持ちよく歌えそうな、広々感

気持ちよく歌えそうな、広々感

写真:万葉 りえ

地図を見る

客席のほうも見ていきましょう。

二万人が収容できるというこの大きな野外劇場は、並んだアーチ形の装飾がきれいな客席の上のほうにまで上ることができます。上からの眺めは実に爽快!

この劇場は音響効果が良いということでも有名です。眺めだけでなく聞こえてくる音もさぞ素晴らしいことでしょう。ただし、上の席から降りてくる際は、手すりもないし、石段が欠けている部分もあるので気をつけて降りてきてくださいね。

ローマ帝国が分裂したあと、アスペンドスでは大規模な地震があり、また、下市にあった港も河川からの土砂によって埋まってしまい、7世紀ごろにはさびれてしまいます。そんなアスペンドスの遺跡が13世紀に再びよみがえります。セルジュク朝のスルタンであったカイクバート1世がここを復元させ、コバルトブルーが美しいセルジュク朝のタイルで装飾を施し夏の住居としていたのです。

今はもうタイルの装飾は残っていませんが、地中海に降りそそぐ太陽の光をうけて見事だったでしょうね。

アンタルヤ考古学博物館へも

アンタルヤ考古学博物館へも

写真:万葉 りえ

地図を見る

アスペンドスでははじめは井戸や水槽で水を供給していたのですが、都市が繁栄し人口が増えるにつれて水の問題も避けられなくなりました。ローマ帝国の建造物として、立派な水道橋の跡も残っています。時間があれば、上市の奥のほうへ足を運んでくださいね。

アンタルヤ考古学博物館へ行くと、パンフィリアの遺跡から出土したものが展示されています。発掘されて出てきたものの中には、美しいタイルの破片もあるんですよ。この地方の歴史の古さや、民族が変わっていった様子などを知ることができるので、時間があるなら是非見ていただきたい博物館です。

おわりに

日本人にはトルコの地中海側は有名ではありませんが、アンタルヤはヨーロッパでは人気のリゾート地。旧市街カレイチには、セルジュク朝が立てた尖塔イヴリ・ミナーレが今も残っていて、街のシンボルになっています。訪れれば、きっとここを夏の住居にしたくなったカイクバート1世の気持ちがわかりますよ!

約2000年近く前の遺跡なのに、今もコンサートやオペラに使われているなんて驚きますね。野外劇場(ローマ劇場)の遺跡は数々ありますが、多くが階段状の客席が残っているだけ。ここまで保存状態が良いのは、大変珍しいといっていいでしょう。
長い時代を経てきながら今も現役の劇場で、かつての大都市を感じてきてくださいね。

カイクバート1世は、コンヤを王都としたセルジュク朝の最盛期のスルタンの一人です。国内の交易路を整備し、いくつかのキャラバンサライ(隊商宿)を寄進しています。キャラバンサライについては下記のMEMOにある【たびねす】の記事を参考にしてください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ