北海道に存在する生と死の世界の歩き方!野付半島トドワラ

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北海道に存在する生と死の世界の歩き方!野付半島トドワラ

北海道に存在する生と死の世界の歩き方!野付半島トドワラ

更新日:2015/08/03 13:59

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

北海道の東・北方領土も見える場所にある、砂でできた小さな半島「野付半島」。
そこには、草原の中に花々が咲き乱れ野鳥達が羽根を休める、まるで楽園のような風景が広がっています。しかし、その中には死を迎え立ち枯れた木々の姿も…。ここは、生きるものと死を迎えたものが共存する不思議な世界なのです。
そんな、風景の中を歩いて観光できる「トドワラ」と呼ばれる場所をご紹介します。大自然の神秘を覗いてみませんか?

野付半島「トドワラ」…そこにあるのは生を終えたトドマツの最後の姿!

野付半島「トドワラ」…そこにあるのは生を終えたトドマツの最後の姿!

写真:月宮 うさ

地図を見る

野付半島は知床半島と根室半島の中間に位置する、かぎ針の形をした全長26kmの日本最大の砂の半島(=砂嘴)。ここでは、湿原・草原・森林だけではなく砂浜…そして大海原と、多彩な大自然の風景を見ることができます。冬には流氷も!鳥類を中心に様々な動物達にも出会えますよ!

野付半島を走るお花畑の中の一歩道、道道950号線「フラワーロード」沿いには、いくつもの景勝地が点在していますが、その中から「トドワラ」と呼ばれる場所をご紹介します。

「トドワラ」とは、海水の侵食を受け立ち枯れてしまった樹齢100年前後のトドマツ(=日本では北海道でのみ見ることができるモミの木の仲間)林の跡地であり半島を代表する観光スポット。トド=トドマツですが、ワラはアイヌ語で"墓場"を意味する言葉。その名前の通り、ここではトドマツ達の最後の姿を見ることができます。

※野付半島は水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約「ラムサール条約」・次世代に継承してゆきたい北海道の自然・文化・産業を選定した「北海道遺産」に登録されています。また、この辺りは野付風蓮道立自然公園に指定されています。

野付半島の神秘「トドワラ」を歩く

野付半島の神秘「トドワラ」を歩く

写真:月宮 うさ

地図を見る

「トドワラ」までは、観光・情報の拠点「野付半島ネイチャーセンター」に車を停めて徒歩で向かうのが一般的。歩くこと約30分で木道と看板が見えます。所要時間はかかりますが、季節の花々やかわいい動物達を見ることができるため、自然観察をしながら歩いていると気付けば到着していることでしょう。

しかし、ここは大自然のど真ん中。服装等にいくつかの注意事項があります。
靴は必ず歩きやすいもので。特に雨の後はぬかるんでいる場所もありますので、汚れても大丈夫な靴がオススメです。
野付半島がある道東地区は夏でもびっくりするくらい寒くなることも多い地域ですから、長袖もあると安心。気温が高い日でも海から吹く風がひんやりしていることもありますから持参していきましょう。
また、ここは湿地帯ですので蚊・ブヨが多い場所。特に気温が高い季節は、虫除けも必須です。歩く時間も長くなりますので、給水用の飲料も大切。双眼鏡もあると楽しいですよ!

※2014年12月の爆弾低気圧の影響で遊歩道・木道に大きな被害がでており、2015年は一部通ることができない場所もあります、ご注意ください。

「花馬車」に揺られながら眺める野付半島「トドワラ」までの風景

「花馬車」に揺られながら眺める野付半島「トドワラ」までの風景

写真:月宮 うさ

地図を見る

「野付半島ネイチャーセンター」から「トドワラ」までは、徒歩以外にもかわいいお馬さんが引いてくれる「花馬車」に揺られて行くことができます。歩くよりも少し高い目線から眺める風景はまた違って見えますので、"行きと帰り"どちらか片道だけでも馬車に乗ってみませんか?歩いて30分の歩行距離に不安がある方も安心です!

また、尾岱沼(おだいとう)とトドワラを往復する観光船もあり、こちらもオススメですよ!(詳しくは記事下のMEMO内「別海町観光船」のHPをご参照ください)

生と死の世界!野付半島「トドワラ」は、いずれなくなる風景

生と死の世界!野付半島「トドワラ」は、いずれなくなる風景

写真:月宮 うさ

地図を見る

「トドワラ」の侵食は現在も続いています。立ち枯れていた木々もいずれは写真のように倒れ、いずれ土に還り消えてゆきます。そして、そこは何事もなかったように花々が咲き乱れ、生に満ち溢れた世界に変わってゆくのです。
寂しさも感じますがこれが自然の掟。今しか見ることができない風景を眺めに行きませんか?そして数年後再びこの地を訪れた時には、違う景色に出会うことになるでしょう。

また、半島を走る道道950号線「フラワーロード」のほぼ中央には、「ナラワラ」と呼ばれる、立ち枯れたミズナラ林を見ることができるスポットもあります。こちらにも是非立ち寄って観察してみてくださいね。

歩いた後は「野付半島ネイチャーセンター」で名物をいただこう!

歩いた後は「野付半島ネイチャーセンター」で名物をいただこう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

たくさん歩いた後は「野付半島ネイチャーセンター」で美味しいものをいただきましょう!
写真は「ハマナスソフト」。ほんのり甘酸っぱい北海道の花「ハナマス」の実から作られたジャムがたっぷりとかけられています。
館内の「トドワラ食堂」では、別海町のご当地グルメ「別海ジャンボホタテバーガー」など、漁師の奥さん達が愛情を込めて作った美味しいお料理をいただくことができますよ!

野付半島「トドワラ」までの道では夏でもあの子に会える…かも?

野付半島「トドワラ」まで続く一本道・道道950号線「フラワーロード」沿いでは、様々な野生動物達を見ることができます。中にはタンチョウ(丹頂)の姿も!冬にやってくる渡り鳥のイメージが強いタンチョウですが、北海道では留鳥・漂鳥しています。ですので、夏にもその美しい姿に出会うことができるのです。

生と死を通して"自然とは何か?"を神秘的な風景と共に学ぶことができる野付半島へ、皆様もおでかけしてみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ