桃太郎伝説が残る岡山県「桃太郎温泉一湯館」でどんぶらこ!?

| 岡山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

桃太郎伝説が残る岡山県「桃太郎温泉一湯館」でどんぶらこ!?

桃太郎伝説が残る岡山県「桃太郎温泉一湯館」でどんぶらこ!?

更新日:2015/08/06 18:04

村井 マヤのプロフィール写真 村井 マヤ 中国・九州文化的街並探検家

岡山県には、皆様お馴染みの昔話『桃太郎』にまつわる史跡や伝説が残る場所が沢山あります。今回ご紹介するのは、そんな『桃太郎』でお婆さんが洗濯をして大きな桃を拾った場所といわれる笹ケ瀬川ほとりの温泉施設「桃太郎温泉一湯館」です。こちらは、山陽自動車道岡山I.Cから近く、ゴルフ場などの施設も近くにあり大変便利なのに、自然を満喫した気分になれる不思議な場所です。それは、桃太郎伝説のおかげかもしれません!

桃太郎の桃が“どんぶらこ”と流れた笹ケ瀬川ほとりの温泉

桃太郎の桃が“どんぶらこ”と流れた笹ケ瀬川ほとりの温泉

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真は温泉施設「桃太郎温泉一湯館」の玄関口。こちらには、温泉水の販売や貸切風呂の施設もあります。写真の建物の左側に入口がありますので、貸切温泉や温泉水の購入のみの場合は、直接入って下さいね。詳しい営業時間などは、下記MEMOをご参照下さい。

「桃太郎温泉一湯館」は、平日は午後2時からの営業になっていますので、平日ご利用の際は、午前9時から入湯できる貸切温泉がおススメです。一湯館(いちゆうかん)は、「一日一湯」健康のために温泉をご利用いただきたいという願いを込めて名付けられました。

こちらの施設としては、1階部分に大浴場があり2階に休憩所である大広間と喫煙者のためのテラスなどがありますが、食事処はありません。
そのため、こちらの温泉ではお弁当などの持ち込みはOK!
お客様の中には、一日過ごすためにお弁当などを持参しのんびり過ごす方も・・。

また、この施設の玄関には、看板猫の「クーちゃん」がいますよ♡
クーちゃん目当てのお客さんもいらっしゃるそうです。温泉の合間に看板猫ちゃんにも癒されましょう。

源泉かけ流し温泉がこんこんと流れる湯船・・

源泉かけ流し温泉がこんこんと流れる湯船・・

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真は、「桃太郎温泉一湯館」の大浴場です。窓からは、笹ケ瀬川沿いの木立が美しく、季節によって様変わりする風景を見ることができます。
春には桜や桃、秋には紅葉も楽しめ、夏の初めには蛍がふわふわ舞い、温泉客を楽しませてくれます。

こちらの温泉は、単純弱放射能冷鉱泉で、源泉は18.4℃、無色透明、微硫化水素臭で、pHは9.5と高く美肌効果のあるいわゆる美人の湯です。大浴場は、人肌より少しだけ高めに加温されており常に放流された状態です。最初はちょっとぬるめかなって感じですが、さすが温泉!ゆっくり浸るとポカポカしてきます。また、皮膚表面の古い角質が自ずと落とされ、風呂上りには、お肌すべすべに・・。

38度くらいの湯温ですので、長く温泉に浸かることができますよね。常連客の方は、出たり入ったりを繰り返して、のんびり温泉を楽しみます。

桃太郎を育てたお婆さんが洗濯をした川

桃太郎を育てたお婆さんが洗濯をした川

写真:村井 マヤ

地図を見る

お伽話の『桃太郎』では、お婆さんが川で洗濯をしていると「桃がどんぶらこ、どんぶらこ・・」と流れて来ますよね。その伝説が生まれたのがこの笹ケ瀬川なのです。この場所より左方面に案内板があります。案内板より川沿いを右方面に歩いていくと、お婆さんが洗濯をしたこの大きな岩盤が見えてきます(写真右手)。写真では少し分かりにくいですが、川の流れは意外に早いのですよ。でも大きな岩の上なら、お婆さんでも洗濯出来そうですよね。

お伽話だと分かっていても、まったくの作り話ではなく神話や史実に基づいていることがよくあります。岡山県では、吉備津彦命が桃太郎のモデルと言われています。
『桃太郎』伝説も岡山県だけではなく、香川県や愛知県などにもあり、それぞれゆかりの地もあります。その土地ならではの桃太郎伝説も紐解くと面白そうですよね。

ところで川を流れていたのは、なぜ桃だったのでしょうね・・。一説には古来より桃を神聖視し中国では、「延命長寿」のシンボルでした。鬼退治をした桃太郎に相応しいアイテムだったのでしょうか。桃には、「魔除け」の役割もあったようですよ。そんな伝説から桃と結び付けられたのでしょう。

ご存知の方も多いでしょうが、岡山県は桃の産地として有名で、この「桃太郎温泉一湯館」付近でも、桃や葡萄の栽培が盛んに行われています。

平日の午前中がおススメ!ゆっくり優雅な貸切風呂!

平日の午前中がおススメ!ゆっくり優雅な貸切風呂!

写真:村井 マヤ

地図を見る

「桃太郎温泉一湯館」の平日の営業時間は、午後2時からです。でも午前中に温泉に入りたい方もおられるでしょう。そんな時は、2つある貸切風呂がおススメです。貸切風呂は、午前9時からは開いていますが、予約はできません。当日の受付順ですので、開館と同時に貸切温泉をご利用下さいね。時間は60分からですが、何度も利用される方はゆったり90分の温泉タイムを楽しみます。

貸切温泉風呂には、ボディソープやシャンプー&コンディショナーも揃っていますので、タオルだけはご持参下さい。その準備がなくてもタオルは100円で販売、バスタオルは100円でレンタルできますよ。

湯船に腰かけて、笹ケ瀬川を眺めながらのんびり温泉を楽しんでほしいもの。この景色と温泉のハーモニーが心の琴線に触れ、極上の時間を提供してくれます。

また、「桃太郎温泉一湯館」こだわりのボディソープを利用すると、お肌もすべすべしっとり。このボディーソープ類は、この桃太郎温泉のお湯に合うものを厳選されたもの。温泉をご利用になられたらその効果がよく分かります。詳しい料金等は下記MEMOをご参照下さい。

一湯館の面白グッズや“温泉水”などはお土産に!

一湯館の面白グッズや“温泉水”などはお土産に!

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真は、貸切風呂の受付の様子。そこでは、温泉水の販売や源泉水スプレー、入浴具などの販売もされています。これらは、もちろん「桃太郎温泉一湯館」の受付でも販売されています。また、インターネットで販売もされていますので、遠方の方は、そちらもご利用になれますよ。
写真中央の入浴具は、ご家庭のお風呂で温泉を楽しむための便利グッズです。この利用方法は、様々あるようですが、なかなかのアイディア商品!この入浴具に「浴用源泉水箱詰め20L」(写真左端)を入れ、お湯を張ったご家庭のお風呂の中に置いておくと、いい具合に温泉水が温かくなり、湯船を傷めず温泉をご利用になれるというわけです。
また、「源泉水スプレー」は、ご家庭のお風呂に入浴される際に、顔などにスプレーすることで温泉気分を少しでも味わえ、肌にもやさしいもの。いずれも優れ物ですね♪

『桃太郎』の物語を想像して〜お湯にたゆたう

笹ケ瀬川の向こう側にある小高い山は、お伽話の中でお爺さんが芝刈りに行った山。そんなことを想像しながら、温泉の湯にゆったりと浸かってみませんか?
笹ケ瀬川を中心に広がる自然がなんとも心を癒してくれます♪
温泉と自然とお伽話の効果が、きっと素晴らしい一日を提供してくれるはず。
もっと桃太郎伝説に触れたい方は、吉備津彦神社や鬼ノ城などの散策をされると良いでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -