カヌーで楽しむ綺麗すぎる海!与論島の幻の浜「百合ヶ浜」への2kmを満喫

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

カヌーで楽しむ綺麗すぎる海!与論島の幻の浜「百合ヶ浜」への2kmを満喫

カヌーで楽しむ綺麗すぎる海!与論島の幻の浜「百合ヶ浜」への2kmを満喫

更新日:2017/04/23 14:20

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

鹿児島県最南端にある与論島。その東岸にある百合ヶ浜は潮が大きく引く日の干潮時しか現れないまさに「幻の浜」。通常は一番近いビーチからボートで行きますが、ちょっと離れたビーチから行くとその途中で素晴らしい海の色が楽しめます。しかもカヌーならキラキラ輝く海の色を間近で楽しめますし、百合ヶ浜へ着いたときの達成感もひとしお。ひと手間かけて他のツアーではできない体験をしましょう!

出発は2km離れた皆田海岸。輝く海を満喫できる2kmです!

出発は2km離れた皆田海岸。輝く海を満喫できる2kmです!

写真:離島 こむ

地図を見る

与論島の百合ヶ浜へ行くには通常、最も近い「大金久海岸」からボートで行きますが、今回はそこから2kmほど北に離れた「皆田海岸」から行く方法をご紹介します。大金久海岸からだとそのまま沖へ行くだけの印象ですが、皆田海岸からだと輝く海を2km楽しみながら百合ヶ浜へ向かえます。その方法も皆田海岸からなら通常のボート以外に水上バイクやカヌーで行くこともできます。特にカヌーだと綺麗な海を間近に感じながら百合ヶ浜を目指すことができます。カヌー初体験の人でも2人乗りタイプもありますのでガイドさんと一緒に乗れば安心です。もちろんカヌー経験者なら1人乗りも可能です。

皆田海岸から百合ヶ浜までの2kmは波や風にもよりますがおおよそ1時間前後かかります。でも輝く海の上ならその1時間も短く感じてしまうことでしょう。ボートや水上バイクだとあっという間の2kmですがそれでも途中の輝く海は見物です。皆田海岸から百合ヶ浜を目指す場合は是非ともカメラを常に準備して輝く海を満喫して欲しい次第です。

どこまでも広がる綺麗すぎる海。百合ヶ浜へ行くことを忘れます(笑)

どこまでも広がる綺麗すぎる海。百合ヶ浜へ行くことを忘れます(笑)

写真:離島 こむ

地図を見る

皆田海岸沖にある小島を抜けて湾外に出るとそこにはどこまでも広がる宝石のように輝く海の色。皆田海岸から百合ヶ浜を目指したとき限定です。カヌーならその海の色をより間近で感じることができますし、途中で漕ぐのを止めれば聞こえるのはさざ波の音だけ。あまりの感動に百合ヶ浜を目指していることを忘れるくらい(笑)。でも海の色に見とれているとカヌーが波に流されますので注意しましょう!

たっぷり2km、海の色を楽しんで幻の浜「百合ヶ浜」へ!

たっぷり2km、海の色を楽しんで幻の浜「百合ヶ浜」へ!

写真:離島 こむ

地図を見る

皆田海岸から百合ヶ浜までは直線距離で約2kmありますが、カヌーだと自由に寄り道ができますので実際はそれ以上の距離を楽しめます。過ぎ去ってしまうのがもったいなく感じるぐらいの海の色。でも目的はあくまで「百合ヶ浜」なので、後ろ髪を引かれつつも遠くに見える幻の浜を目指します。そして百合ヶ浜が徐々に近くなってくると嬉しくなってきますし、上陸したときの感動はカヌー移動ならではのものがあります。しかも百合ヶ浜への上陸はほとんどの人がボートなのでカヌーで行くと注目されること間違いなし(笑)。

限られた日の限られた時間しか望めないまさに幻の「百合ヶ浜」

限られた日の限られた時間しか望めないまさに幻の「百合ヶ浜」

写真:離島 こむ

地図を見る

大潮や中潮など潮が大きく引く日のしかも干潮時間しか現れないまさに幻の「百合ヶ浜」。百合ヶ浜が昼の時間に現れるのは年間を通しても限られますので、与論島旅行を計画する際は事前に潮位情報を確認しましょう。百合ヶ浜が現れるのは干潮時の潮位が30cmより浅くなる日が目安で、いわゆる「マイナス潮位」にもなると百合ヶ浜は「浜」ではなく「大陸」となって現れることでしょう。また百合ヶ浜は時間によって大きさや形が変わるので、長い時間いると来たときと帰る時では全く違う光景になり、潮が満ちていくと最終的には砂浜が海の中に隠れてしまいまさに「幻」になります。

百合ヶ浜へ行く場合は潮位情報をチェックして時間を確認しながら過ごすのがおすすめです。特にカヌーで行く場合は潮が満ちると置いてあったカヌーが流されてしまう可能性があります。潮位情報を入念にチェックして流されないように砂の高い場所に置いておきましょう!

カヌーなら綺麗すぎる海の上で自分だけの世界に浸れます!

動画:離島 こむ

地図を見る

カヌーのいいところは自由に海を往来できることだけではなく、好きな場所に好きなだけいることができること。見渡す限りの輝く海の中で聞こえる音はさざ波だけ。まさに自分だけの世界に浸ることができます。気が向いたら漕いで移動し、休みたくなれば漕ぐのを止めて波に身をゆだねる。この皆田海岸と百合ヶ浜の間の2kmならそれを好きなだけ楽しめることでしょう!

幻の浜「百合ヶ浜」と綺麗すぎる海で最高の想い出を創りましょう!

与論島の名所でもある「百合ヶ浜」ですが、実を言うと皆田海岸から百合ヶ浜までの2kmの海も名所と言えるでしょう。ただ通常の最短ルートのツアーだとこの海の色を望むことなく百合ヶ浜だけの体験になってしまいますが、皆田海岸からなら百合ヶ浜はもちろんのことその途中の海も楽しめます。また皆田海岸からなら百合ヶ浜が大きく出てこない潮位でも途中の海の色は楽しめますので、与論島旅行の際はこの皆田海岸をベースにしたツアーがおすすめです。もちろんボートや水上バイクなどカヌー以外でもこの2kmの海の色は楽しめますので選択肢が多いのも魅力です。

幻の浜「百合ヶ浜」だけではなくその途中の「綺麗すぎる海の色」も楽しんで、与論島で最高の想い出を創りましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -