71mの大仏。絶壁に彫られた世界遺産・四川省「楽山大仏」が凄い!

| 中国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

71mの大仏。絶壁に彫られた世界遺産・四川省「楽山大仏」が凄い!

71mの大仏。絶壁に彫られた世界遺産・四川省「楽山大仏」が凄い!

更新日:2015/08/14 11:51

Saito Junsoのプロフィール写真 Saito Junso 旅ブロガー、トレッカー

中国には様々な仏像がありますが、その中でも四川省・楽山市にある、世界最大級の石仏として有名な「楽山大仏」はご存知でしょうか。小さな悩み事など吹き飛んでしまいそうなぐらいの圧倒的なスケールの大仏です。この大きな大仏が彫られたのには、当時の中国の人々の切なる願いがあったと言います。
今回は岩山を削りだして造られた、迫力満点の世界遺産「楽山大仏」をご紹介します。

仏像のテーマパーク「東方仏都」

仏像のテーマパーク「東方仏都」

写真:Saito Junso

地図を見る

楽山大仏がある四川省の楽山市へは、省都の成都からのバスが便利です。2時間ほどで楽山市に到着、その対岸にある「東方仏都」や「凌雲寺」等が集まった一画に楽山大仏はあります。
楽山大仏チケットは、それら東方仏都や凌雲寺などとの共通券(90元)となっています。

ところでこの東方仏都、実は1994年に開園した仏像のテーマパークなんです。総面積20万平方メートル、その中に各地の仏像の模倣品3,000体余りを奉っています。仏像に興味がない人でも訪れればその数と迫力に圧倒されるでしょう。そしてたくさんの仏像を見ているうちに、ぐんぐんと仏像の世界へと引き寄せられていきます。

大きさにびっくり!

大きさにびっくり!

写真:Saito Junso

地図を見る

東方仏都を抜けた先に「楽山大仏」が鎮座しています。
最初に大仏の頭から見えてきますが、まずはその大きさにやはり驚かされます。頭だけでも十分デカい!それもそのはず頭部の長さが14.7m。耳だけでも7mもあるんです。
岩山を削り90年余りかけて彫られたこの大仏は、全長が71mと東大寺の大仏の5倍に及び、近代以前の仏像としては世界最大の大きさを誇ります。

特に頭部は同じ高さ、そして結構近い距離から眺めることができるので、その大きさをとても実感できます。楽山大仏と一緒に撮れる記念撮影の場所としてもお勧めです。
この辺りからは色々な角度から大仏を眺めることができるので、じっくりと自分だけの撮影スポットを見つけてみましょう。

下からでも迫力満点!

下からでも迫力満点!

写真:Saito Junso

地図を見る

楽山大仏は足元へも降りることができます。
岩山の壁面につけられた足場の狭い階段を気を付けて下ると、下から大仏を拝むことができます。
頭部も大きいですが、降りてみると足もとても大きいのがよく分かります。足の長さだけで約10m、ビル3〜4階建ての高さになります。足の甲には100人もの人が座ることができるというので驚きです。

それにしても近くで見れば見るほど、1200年前もの昔によくこれだけのものを造ったと改めて感心させられます。

大仏に託された人々の願い

大仏に託された人々の願い

写真:Saito Junso

地図を見る

開元(713年)元年からこの大仏は彫り始められましたが、ではなぜこんなにも大きな仏像を彫ったのでしょうか。そこには人々の切なる願いがありました。

当時、楽山は周辺でとれる塩の交易で賑わっていました。しかしその塩を運ぶ大名脈の岷江はしばしば水害を起こし人々を苦しめました。そこで凌雲寺の僧「海通」が民衆の布施によりこの大きな楽山大仏を彫り始め、その工事で出た土砂を川に投入して川底を浅くし、岷江の水害を大幅に減らすことに成功したんです。
水害対策、そして民衆の繁栄への感謝の気持ちを込めてこの大仏は彫られました。

そして現在もその岷江を見守るかのように楽山大仏は鎮座しています。

全身を見るには遊覧船

全身を見るには遊覧船

写真:Saito Junso

地図を見る

楽山大仏の全身をしっかりと見るには、遊覧船を活用するのがお勧めです。
大仏の対岸にある楽山港から随時遊覧船が出ています。1人75元、約30分ほどの行程で、楽山大仏周辺で停船してくれます。
ここから眺めれば、しっかりと大仏の全身も写真に収めることができます。

なお楽山大仏の完成当初は全身を金色と彩色装飾で彩られ、十三重の木造楼閣で覆われていたと言います。
現在、重ねた月日や風雨によってそのような装飾は見られませんが、歴史ある仏像としての魅力は十分に感じられます。

大きいだけではない楽山大仏

今回は中国四川省にある楽山大仏をご紹介しました。
とにかくその大きさに驚かされますが、大きさだけではなく大仏だけあって実際に訪れた後では実に穏やかに気持ちにさせてくれます。優しいお顔も印象的です。

楽山大仏は、1996年に峨眉山と共に「峨眉山と楽山大仏」として世界複合遺産へ登録されました。中国4大仏教聖地である峨眉山もとても魅力的な場所なので、時間のある方は是非とも訪れてみましょう。

忙しい毎日の中、ストレスや悩みごとで気分が滅入り気味の方はいらっしゃいませんか。そんな方は是非、この大きな楽山大仏を見てそんなものは吹き飛ばしてしまいましょう。大仏様はいつでも優しく見守ってくれています。
圧倒的な大仏に魅せられる旅、いかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/10/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ