絶対「ダー」したくなる!パラオ・イノキアイランドへは赤タオル持参で!

| パラオ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶対「ダー」したくなる!パラオ・イノキアイランドへは赤タオル持参で!

絶対「ダー」したくなる!パラオ・イノキアイランドへは赤タオル持参で!

更新日:2016/06/06 17:36

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

南太平洋・ミクロネシアにある、珊瑚礁に囲まれた島国パラオ。世界でも有数の透明度を誇る美しい海が広がるパラオはまさに南国の楽園。そのパラオに、燃える闘魂・アントニオ猪木氏の名がついた「イノキアイランド」と呼ばれる島があることはご存じでしょうか。パラオとアントニオ猪木氏、一見何も結びつきを感じない両者を結ぶ絆とは?

太平洋の島国パラオにある「イノキアイランド」

太平洋の島国パラオにある「イノキアイランド」

写真:bow

地図を見る

元気ですかッ!!
元気があれば何でもできる!元気があればパラオにも行ける!

大小500以上の島からなる、南太平洋に浮かぶ島国パラオ。世界屈指の透明度を誇る海はダイバーにとっても憧れの地。そんなパラオに「イノキアイランド」と呼ばれる島があることはご存じでしょうか。たまたまそんな名前が付いたのではなく、燃える闘魂・アントニオ猪木氏がオーナーである島なのです。

一見何の接点も感じないようなアントニオ猪木氏とパラオ。しかし、その間には意外に深い関係があったのです。

アントニオ猪木氏とパラオ

アントニオ猪木氏とパラオ

写真:bow

アントニオ猪木氏は、現在も頻繁にお忍びでパラオをよく訪れることでも知られます。島内にはレストランに猪木氏の写真が飾ってあったり、その足跡がそこかしこに見られたりもします。

1980年、アントニオ猪木氏が極真空手の「クマ殺し」ことウイリー・ウィリアムスとの対戦の際にパラオで最終調整を行ったり、そもそもパラオ自体があまり知られていなかった頃から、アントニオ猪木氏はパラオへ熱心に足を運んでいました。

そんな縁もあり、政府から友好の証として「我が国には何も差上げるものが無いが、島ならある」と島をプレゼントされたそう。

パラオが猪木へ託した思い

パラオが猪木へ託した思い

提供元:photolibrary/shige-chan

http://www.photolibrary.jp/

パラオの人々は日本のことを「内地」とも呼ぶほど、世界的にも有名な親日国。日本の統治下におかれた時代も長く、数々の日本語がパラオ語として今も残っています。

アントニオ猪木氏に島を贈呈したというパラオ。その理由の一つとして、パラオという国をアントニオ猪木氏を通じて多くの日本人に知ってもらおうと考えたためといわれています。

実はパラオは太平洋戦争の激戦地の一つ。日本軍が激闘を展開したパラオのペリリュー島やアンガウル島には、遺骨がまだ野ざらしになっているのだそう。このことを一人でも多くの日本人に知ってもらいたかったのだと言われています。

世界遺産エリアにある「イノキアイランド」

世界遺産エリアにある「イノキアイランド」

写真:bow

地図を見る

世界遺産エリアの中心に位置する「イノキアイランド」は美しいビーチに囲まれた島。正式にはアントニオ猪木氏が島の名誉オーナーという形になっていて、島は誰でも使うことができるようになっています。

そのため、ロックアイランドをめぐるツアーやダイビングの船が休憩時間を過ごすために「イノキアイランド」に上陸することがあります。島には休憩に便利な小屋が設置されており、対岸にあるガルメアウス島と並んでお弁当を食べるのにとても便利なスポットとなっています。

イノキアイランドで「ダーッ!」しよう!

イノキアイランドで「ダーッ!」しよう!

写真:bow

地図を見る

「イノキアイランド」だけへ行くことは船をチャーターでもしない限り不可能です。行く手段としてはツアーに参加すること。前述の通り、ロックアイランドをめぐるツアーなどで休憩場所として立ち寄る可能性があります。事前にコースの確認ができれば狙い撃ちでツアーに参加しましょう。

猪木ファンならずとも「イノキアイランド」に上陸したら興奮すること間違いなし!ぜひ「イノキアイランド」で「ダァーーッ!」と雄叫びを上げてみてください!もちろん、赤いタオルは必ず持参で!!

パラオに行ったら「イノキアイランド」へも行ってみよう!

アントニオ猪木氏は、実は珊瑚礁の保護活動にも熱心なことでも知られています。パラオの素晴らしい珊瑚礁に惚れこみ、保護のための基金を設立するなど、珊瑚礁の保護養殖事業にはなんと30年間にわたって携わっているのです。

大統領とも親交が深いアントニオ猪木は2013年にパラオ親善大使にも任命され、もはや国賓扱い!そんなアントニオ猪木氏の名を冠する島「イノキアイランド」、パラオに行くならばぜひ目的地の一つにしてみてはどうでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/03/09−2009/03/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ