北陸の小京都 金沢・ひがし茶屋街の美味しい魅力を堪能しよう!

| 石川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北陸の小京都 金沢・ひがし茶屋街の美味しい魅力を堪能しよう!

北陸の小京都 金沢・ひがし茶屋街の美味しい魅力を堪能しよう!

更新日:2015/08/13 18:21

浦賀 太一郎のプロフィール写真 浦賀 太一郎 週末トラベラー

北陸新幹線開業に沸く、金沢の人気観光スポット・ひがし茶屋街。
「北陸の小京都」と呼ばれるに相応しい町並みは、散策するだけでも楽しめますが、それだけではもったいない!

ひがし茶屋街は、茶屋街の名の通り江戸の昔から金沢きっての「お茶(喫茶)」を楽しめる場所だったのです。
今回は、昔ながらの景観を残しつつも、スイーツやランチ、バーといった、今風にひがし茶屋街を楽しめるお店をご紹介します。

高級ソフト!金澤烏鶏庵東山店 金箔入り烏骨鶏ソフトクリームは濃厚絶品!

高級ソフト!金澤烏鶏庵東山店 金箔入り烏骨鶏ソフトクリームは濃厚絶品!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

「金澤烏鶏庵(かなざわうけいあん)」は、烏骨鶏卵で作る「烏骨鶏かすていら」が看板スイーツで、ギフトとしても大人気。
店舗も石川県を中心に、東京の三越日本橋・恵比寿両店舗にも展開しています。
ひがし茶屋街の入口にある東山店では、その烏骨鶏卵使用のソフトクリーム「金箔付き烏骨鶏ソフトクリーム」を食べることができます。

金沢の農場で大切に育てられた「天来烏骨鶏(てんらんうこっけい)」の卵を使用した烏骨鶏ソフトクリームは、濃厚で、カスタードのような、そしてカステラのような不思議な味わい。
しっかりしたコーンに、普通のソフトとは少し違ってクリーミーな見た目のソフトクリームに、加賀百万石の象徴ともいえる金箔をまぶし、高級感満載の逸品となっています。

お値段は700円!
高級ソフトクリームと呼べるかもしれませんが、食べてみる価値は大いにありますよ!
ちなみに、金箔なしの「烏骨鶏ソフトクリーム」は500円で食べることができます(2015年8月時点の値段です)。

伝統的な茶屋建築を改装した「照葉」で加賀食材のランチを頂こう

伝統的な茶屋建築を改装した「照葉」で加賀食材のランチを頂こう

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

ひがし茶屋街の一番奥に佇む、お茶屋を改装したお店「照葉(てりは)」は、お茶屋の雰囲気を楽しみながらランチをしたい人におススメです。
お店の正面に格子戸がありますが、実は入口は格子戸の右手の小さな木戸なのです。
小さな戸から屈んでお店に入ると、掘りごたつ式になった和風カウンターが素敵な内装で、夜はワインバーに様変わりします。

ヘルシー路線の方には、旬の加賀野菜を使い、日替わりのパンが付く「加賀野菜ランチ」が一押し。
「加賀野菜」とは、石川県金沢市で生産され、金沢市農産物ブランド協会が認定した野菜のことで、加賀野菜ランチには、「加賀れんこん」や、「加賀太ぎゅうり」などの加賀野菜とスモークサーモンが入り、スイーツ巡りをしながらのアクセントにはうってつけです。

他にも、近江町市場で仕入れ、旬の魚を使った定食の「照葉ランチ」、蜂蜜やガーリックなどのトースト。ビールやワインもお昼から飲めます。
抹茶アイスと小豆の和風パフェに金粉が蒔かれた「照葉抹茶パフェ」に、「照葉ブレンド」をはじめ数種類から選べるコーヒーも美味しいですよ。

甘味カフェ「茶ゆ」で東山アイスもなかにかじりつこう!

甘味カフェ「茶ゆ」で東山アイスもなかにかじりつこう!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

甘味カフェ「茶ゆ(ちゃゆ)」のおススメは、「東山アイスもなか」。
能登の限定酪農家生乳と奥能登・地元金沢東山の厳選素材で作られるオリジナルアイスクリームが茶ゆの自慢です。
もち米で作られた最中は竹炭入りで黒く仕上がった、こちらもオリジナルの最中。

写真は左が「竹炭カカオクリームチーズ」、右が「能登ミルクいちご」。ほかにも「珠洲大浜きなこ」や「柳田ブルーベリー」。東山の老舗の味である「味噌」、「醤油」、「豆腐」、などなど、10種類以上の中からアイスを選ぶことができます。

最中に挟まれたアイスにパクッとかじりつけば、パリッとした食感と、キンと冷たいアイスの感覚が体中に広がり、思わずもう一種類食べてみたくなるような味わいです。

お店一階はアイスクリームショップで、二階は和空間なお座敷になっています。
他にもメニューは多種ありまして、がっつりスイーツしたい人は、こちらも竹炭入りの「黒どら焼きアイス」。さらにその黒どら焼きアイスに求肥と十勝小豆を挟んだ「アイスバーガー」を堪能してください。どちらもアイスもなか同様、アイスを自由に選べます。

粋蓮で粋な北陸の小京都・金沢の夜を満喫しよう

粋蓮で粋な北陸の小京都・金沢の夜を満喫しよう

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

北陸の小京都・金沢でオトナな夜のひとときを楽しみたい人にはココ!
ひがし茶屋街の迷宮のような路地で、隠れ家的な「Bar 粋蓮(すいれん)」。
町家を改装したひがし茶屋街らしい雰囲気が素敵です。
外観は町家そのものですが、内装はバーカウンターがあり、着物姿のマスターがとても粋!

季節のフルーツカクテルが豊富に揃い、巨峰、ざくろ、きんかんなど、季節にあった味が楽しめます。軽めのカクテルから、ハードなお酒まで、幅広く扱っています。
フードも地の食材があり、本日のデザートもお洒落!

カウンターで路地を眺めながら濃いめのカクテルを飲むひと時は、夜、静まり返ったひがし茶屋街を独り占めしているような、そんな贅沢な時間を過ごすことができるでしょう。
町家造りは、外からは見えにくく中からは見えやすい、そんな粋な構造になっているので、存分に夜を満喫することができますよ。

ひがし茶屋街の更なる魅力を発見しよう!

ひがし茶屋街の町家・茶屋建築のお店は、高級そうなイメージで足が竦んでしまっていたかもしれませんが、誰でも楽しく、美味しく満喫できる魅力的なお店はたくさんあります。

ぜひ、金沢へお出かけの際は、ひがし茶屋街のお店を訪ねてみて下さい。楽しい旅の思い出の、美味しいトッピングになること間違いなしですよ!

なお、ひがし茶屋街はテイクアウト禁止区域です。
アイスやスイーツなどは、店内外の決められた場所で美味しく食べましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ