愛知高原国定公園に位置する「三河湖」でのんびりピクニック!湖岸の整備された散策路はお散歩にも最適♪

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

愛知高原国定公園に位置する「三河湖」でのんびりピクニック!湖岸の整備された散策路はお散歩にも最適♪

愛知高原国定公園に位置する「三河湖」でのんびりピクニック!湖岸の整備された散策路はお散歩にも最適♪

更新日:2015/08/18 14:47

常盤 兼成のプロフィール写真 常盤 兼成 酷道・険道・重伝建マニア

愛知県豊田市にある「三河湖」は、愛知高原国定公園に位置する人造湖。「羽布ダム」によって堰き止められた湖面は静かで穏やかです。「三河湖」では湖畔をドライブするのもいいですが、お弁当を持ってのピクニックがおすすめ。整備された散策路を歩けば、休憩に最適ないくつものビュースポットがあります。「三河湖」へのアクセスルートには魅力的なお店も多く、地元ならではのグルメもありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

「三河湖」はこちらの「羽布ダム」によって堰き止められて作られた人造湖です♪

「三河湖」はこちらの「羽布ダム」によって堰き止められて作られた人造湖です♪

写真:常盤 兼成

地図を見る

矢作川の支流である巴川を堰き止めて造られた「羽布ダム」は、農業用の利水ダムとして昭和38年に完成しました。重力式コンクリートダムと呼ばれる直線の堤が特徴で、発電用には使われていないダムです。緊急放水用のラジアルゲートが3門ありますが、通常時は写真右下の利水放流管から、常に勢いよく水が放出されています。

せっかく「羽布ダム」を訪れたのなら、ダムに隣接している「羽布ダム管理所」で「ダムカード」をゲットしてください。ダムを訪れた記念になりますよ。管理所のインターフォンでダムカードが欲しい旨を伝えると、係りの人が持ってきてくれます。ただしこちらの管理所は平日のみの開館で、土日祝日にはダムカードを手に入れることができません。郵送なども受け付けていないので、ダムカードマニアにはハードルの高いダムの一つと言われています。

「三河湖」はダム水源地環境整備センターが認定した「ダム湖100選」にも選定されています!

「三河湖」はダム水源地環境整備センターが認定した「ダム湖100選」にも選定されています!

写真:常盤 兼成

地図を見る

全国に数あるダム湖の中でも「ダム湖100選」に選ばれるのは、国立公園内にあり自然に囲まれているダム、地域のレクリエーションスポットとなっているダム、観光地化されたダム、など。この「三河湖」は釣りスポットとして有名ですので、レクリエーションスポットして認定されたダム湖です。

静かな湖面はボート遊びにも最適です。釣りを楽しむ人、漕ぎ方をお父さんから教わっているファミリーなど、休日は数多くのボートが湖面に浮かびます。強風時でない限り湖面は穏やかで波もありませんので安全に楽しめます。料金は1時間1000円で、羽布ダム管理所のすぐ下で受付しています。

三河湖観光センターでは、地元名物の五平餅やどて煮などがいただけます!

三河湖観光センターでは、地元名物の五平餅やどて煮などがいただけます!

写真:常盤 兼成

地図を見る

「羽布ダム」のえん堤に隣接している「三河湖観光センター」。こちらでは地元で採れた野菜の販売や、名物料理などが提供されています。春の桜の時期や秋の紅葉の頃は、多くの観光客が訪れるスポット。特に五平餅はこの地域でいちばんの大きさを誇ります。巨大五平餅と言ってもいいくらいの大きさで、食べごたえがあります。

さて、この「三河湖観光センター」からは、湖岸をまわる散策路が整備されています。観光センターの五平餅もおすすめですが、自宅からお弁当を持ってきてピクニックをするのも楽しいですよ。

「水辺の散歩道」と名付けられた散策路は、ウッドチップが敷かれた部分もありかなり歩きやすい道です。ペットと一緒に歩いても楽しいでしょう。ところどころに看板も整備されて、目的地までの距離と所要時間も表示されていて親切です。

湖の風景を独占できるスポットでの食事は、鳥のさえずりも聞こえ最高!

湖の風景を独占できるスポットでの食事は、鳥のさえずりも聞こえ最高!

写真:常盤 兼成

地図を見る

散策路を歩いていると、湖に突き出した岬のようなスポットが現れます。いくつかある岬の中でも、観光センターから10分弱で到着できる「香恋岬」がおすすめ。大きな木に囲まれているので、ベンチが置かれたところが日陰になります。

鳥のさえずりや、ボートに乗った人々の楽しい声などを聞きながらの食事は、開放的な気分も加わり最高です。食事が終わっても、しばらくずっとこの風景を眺めていたいと思うことでしょう。

散策路には自動販売機や売店はありません。あらかじめ出発地点の「観光センター」で調達しておきましょう。トイレも「観光センター」の駐車場にしかありませんのでご注意ください。

お帰りの際は「香恋の館」や「山遊里」で、イノシシ料理や特製ジェラートをどうぞ♪

お帰りの際は「香恋の館」や「山遊里」で、イノシシ料理や特製ジェラートをどうぞ♪

写真:常盤 兼成

地図を見る

「三河湖」からお帰りの際、最初に目にするお店が「香恋の館」というお店です。こちらの写真がお店の外観ですが、中は1階が飲食店やお土産コーナー、2階が地元、旧下山村の歴史や文化資料を展示しているコーナーとなっています。

「香恋の館」では、イノシシ肉をふんだんに使った「イノシシコロッケ」、下山地区の野菜とイノシシ肉を煮込んだ「しもやまカレー」、しょうゆ味の「イノシシスープ」などイノシシ料理が豊富。お土産コーナーでは、地元下山地区で採れたお米「ミネアサヒ」も販売されています。

「香恋の館」からさらに車で数分行くと「山遊里」というお店があります。こちらでは、下山地区で採れた旬のお野菜がお安く販売されています。また、三河産の豚、モンゴルの岩塩、などこだわりぬいた食材で作られたハムやソーセージもおすすめ。試食もありますし発送もできます。

スイーツ好きの方には特製ジェラートはいかがでしょう。季節ごとに変わるフレーバーがあるので、それを目当てにくるお客さんも少なくありません。山わさび、下山米、栗などの季節限定ものは特に珍しく、この店以外ではなかなか味わうことができませんよ。

おわりに

「三河湖」へは基本的にはお車でのアクセスが前提です。公共交通機関がないため車以外でのアクセスはできません。立ち寄りスポットも多いのでぜひ、お車でお越し下さい。名古屋市内からは1時間半ほど、豊田市、岡崎市からは1時間弱で到着できます。
最寄りインターは東海環状自動車道の豊田松平インターか、東名高速岡崎インターです。アクセス路も狭路はなく、大きな渋滞ポイントもないため、時間的計算も立てやすいです。

お弁当を持ってのピクニックがおすすめですが、おいしい地元のグルメも多いので、メンバーやお天気と相談してお出かけください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -