最大2万円分お得 Go To トラベル キャンペーン

日本百名山!神奈川・丹沢の紅葉を眺める鍋割山稜登山

日本百名山!神奈川・丹沢の紅葉を眺める鍋割山稜登山

更新日:2019/10/04 11:58

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン
神奈川県の西部にある丹沢は日本百名山。その西側に位置する鍋割山は、年間を通して素晴らしい自然が広がるところ。特に秋の鍋割山山稜は、雄大な景観と紅葉が素晴らしいことでも有名で、山頂では雄大な富士山を眺められるのも人気の理由です。さらに頂上山小屋での鍋割山名物も楽しみの一つです。記事内では動画でも紹介しています。

新型コロナウイルスの感染状況によっては、各自治体ごとに往来の自粛を要請している場合や、施設によっては休業していることがあります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、お出かけの際は感染予防のため「新しい旅のエチケット」を守って行動しましょう。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

鍋割山は丹沢山塊の西に位置する名峰!

鍋割山は丹沢山塊の西に位置する名峰!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

神奈川県にある丹沢は作家「深田久弥」が日本百名山として認めたところ。さらに丹沢大山国定公園に指定されています。丹沢は最高峰の蛭ヶ岳(ひるがたけ)を中心に広がる山塊の名称で、その西に位置する鍋割山は、比較的登りやすく景観も素晴らしい人気が高い山です。

鍋割山は丹沢山塊の西に位置する名峰!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

鍋割山山頂は広く、南側と西側に大きく展望が開けます。日本百名山の丹沢山は丹沢山塊の総称で、鍋割山はその最西端にあたる名峰!

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは鍋割山稜線ルートの様子を動画に収めてあります。

四十八瀬川沿いをたどり、後沢乗越から本格的になるルート

四十八瀬川沿いをたどり、後沢乗越から本格的になるルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

今回紹介するのは大倉バス停から二股を経由する鍋割山稜ルート。途中迷う場所や難所もなく比較的登りやすいルートといえるでしょう。

大倉バス停から山に向かって左側へ進む林道を約1時間20分ほど四十八瀬川沿いに行けば、二俣を経て鍋割山登山口にたどり着きます。林道の距離はありながら勾配は控えめのすがすがしい道のり。ルートには川原や休憩所などがあり、景色も変化があるので退屈はしません。

後沢乗越(うしろざわのっこし)の分岐で、栗の木洞(くりのきどう)からのルートと合流し、本格的に鍋割山の稜線に入ります。ここからは上っては休みを繰り返し自分のペースを守って鍋割山山頂を目指します。

※鍋割山山稜ルートはヤマレコで確認してください

四十八瀬川沿いをたどり、後沢乗越から本格的になるルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂には鍋割山荘があり年中営業しています。体力に自信がない方は余裕のあるスケジュールを組んでここに宿泊するのもいいでしょう。

鍋割山は1,273mの標高があり大倉バス停は300mほどですので、頂上まで900mほど上ることになります。なお大倉バス停から頂上まではトイレがありませんが、鍋割山山頂には有料トイレがあります

四十八瀬川沿いをたどり、後沢乗越から本格的になるルート

写真:佐久田 隆司

地図を見る

鍋割山の山頂では名物の鍋焼きうどんが口にできます。これを目指し上ってくる方も多く、土日はかなり混雑が予想されます。材料がなくなればその日は終わり!できれば山頂に11時前には到着する計画を練るのがいいでしょう。

ベストシーズンは10中旬から11月中旬

ベストシーズンは10中旬から11月中旬

写真:佐久田 隆司

地図を見る

紅葉のベストシーズンは10月中旬から11月中旬!全山が紅葉真っ盛りともいかず、頂上からだんだん麓に紅葉が降りてくるイメージです。

ベストシーズンは10中旬から11月中旬

写真:佐久田 隆司

地図を見る

麓から稜線にかけて順次植生が変わるため、紅葉の色彩もさまざま変化します。紅葉やカエデなどは赤く、ブナ類は黄色く晩秋を彩るのが魅力。

ベストシーズンは10中旬から11月中旬

写真:佐久田 隆司

地図を見る

鍋割山稜線に出ると日差しが降り注ぐ気持ちの良い歩きが可能!

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

1200m以上の稜線の紅葉美に驚く!

1200m以上の稜線の紅葉美に驚く!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

そもそも標高が1300m前後はあるこの辺り。植生はもとより朝晩の気温差も大きく、さらに雨が多い地域でもあることから紅葉の美しさは別格。

1200m以上の稜線の紅葉美に驚く!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

遠景の紅葉も見どころ満載。山が赤く染まるこの時期は最適です。

下山は様々なルートが用意されています

下山は様々なルートが用意されています

写真:佐久田 隆司

地図を見る

鍋割山山頂からはいくつかルートが整備されています。鍋割山の下山は、塔ノ岳方面へ進み小丸尾根、または塔ノ岳手前の金冷シから大倉尾根で下山するのがメジャーです。雨山方面は崩壊個所が多く、渡渉(川を橋なしで渡る)箇所も多いのでお勧めできません。下山ルートに自信のない方は同じルートを戻るのが賢明です。

ですが塔ノ岳方面への稜線では、広大な紅葉が眼前に広がります。体力と時間に余裕のある方はぜひ塔ノ岳を目指しましょう。

下山は様々なルートが用意されています

写真:佐久田 隆司

地図を見る

塔ノ岳までは軽いアップダウンのある稜線歩き。標高1200m以上の天空歩きです。天候がよければ相模湾から山梨側の山脈が手に取れるように眺められます。

下山は様々なルートが用意されています

写真:佐久田 隆司

地図を見る

大倉尾根は通称「バカ尾根」と呼ばれるひたすら稜線をたどるルートで、一気に1000m程度を下らなくてはいけません。ルートは整備されていますが、塔ノ岳登山者の数の多さから、自分のペースを保てないことが多くなります。

また小丸尾根は大倉尾根よりは楽ですが、ルート整備が今一つなうえに道標もあまり用意されておらず、これも初心者にはお勧めできません。自信のない方は同じ山稜ルートを戻るのが賢明です。

丹沢全域で使えるフリーパスが小田急電鉄から発売されています。登山口までのアクセス代金が割安になるこれを使えば、おおむねの表丹沢・大山方面登山が手軽になるでしょう。

手軽に行ける美しい紅葉の鍋割山稜線登山。あなたもその美しさを確かめてみては?

鍋割山ルートの基本情報

住所:神奈川県足柄上郡松田町寄
電話番号:0463-82-8833(秦野市観光協会)
アクセス:小田急電鉄渋沢駅よりバスで大倉下車約20分

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -