沖縄料理の人気店「うりずん」予約必須!那覇で長年支持される魅力の数々

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

沖縄料理の人気店「うりずん」予約必須!那覇で長年支持される魅力の数々

沖縄料理の人気店「うりずん」予約必須!那覇で長年支持される魅力の数々

更新日:2015/08/18 15:13

橋本 将人のプロフィール写真 橋本 将人 ライター、企画プランナー

沖縄が本土復帰した1972年創業で、長年地元の方や観光客に愛されている沖縄料理店「うりずん」。沖縄家庭料理や宮廷料理まで、また県内各地の泡盛も含め、メニューは豊富に用意されています。
「うりずん」のよさは、温かみがある木造の店舗で、沖縄らしさが醸し出されている雰囲気が魅力です。

豊富な沖縄料理のメニューと沖縄各地の泡盛が楽しめる!

豊富な沖縄料理のメニューと沖縄各地の泡盛が楽しめる!

写真:橋本 将人

地図を見る

うりずんとは、沖縄では梅雨に入る3〜4月くらいの時期を表し、春の大地に若芽が生き生きと成長し大地が潤うといったイメージの言葉で、沖縄古来のおもろ語が語源のようです。

古民家的な外観と相まって、店内も木材が多用された温もり感ある雰囲気で、落ち着いています。1階はカウンター席とテーブル席が中心で、2階は座敷となっており大人数の場合でも対応ができるようです。すでに5回ほど訪問していますが、いつも満席ながら、ぎすぎすした様子もなく温かい雰囲気で活気に満ちています。

メニューのバリエーションも豊富で、沖縄宮廷料理から家庭料理までの幅の広さと、さらにお酒は店主がブレンドしたオリジナル古酒(くーす)をはじめとした県内各種の泡盛の豊富なラインアップに魅了されます。そんなうりずんの代表的なメニューをご紹介します。

人気No.1メニュー「ドゥル天」は田芋のコロッケ

人気No.1メニュー「ドゥル天」は田芋のコロッケ

写真:橋本 将人

地図を見る

うりずんの人気No.1メニューは「ドゥル天」という里芋に似た田芋に豚肉、かまぼこ、しいたけを混ぜ合わせてカラッと揚げたコロッケで、うりずん発祥のメニューです。今では色々な店で提供されていますが、元祖はうりずんです。ドゥル天は、泡盛との相性もよく、おかわりしたくなるぜひお試しいただきたいオススメの一品といえます。 

ドゥル天という名前は元々「ドゥルワカシー天ぷら」の略称で、ドゥルワカシーとは田芋を使った料理のことです。この名称は「泥わかし」という意味で、田芋を煮ると泥を煮ているような様子からこのような名前がついたようです。田芋は子芋が親芋の周りにたくさん付くので、田芋の料理は子孫繁栄を意味するお祝い料理として知られています。

琉球王朝時代の宮廷料理「ミヌダル」は上品な味

琉球王朝時代の宮廷料理「ミヌダル」は上品な味

写真:橋本 将人

地図を見る

豚肉にゴマペーストをまぶし蒸したもので、甘まめのゴマ風味とやわらかい豚肉の相性もよく、非常に上品な味です。豚肉とは思えないほどあっさりした味で、これも泡盛との相性が抜群です。

琉球王朝時代の宮廷料理で代表的な沖縄料理と言えます。黒ゴマのたれが「蓑(みの)」のようだったため、「ミヌダル」という名前になったとのことです。見た目が真っ黒で、非常にインパクトがあるのですが口に含むと上品な味ですので、ぜひお試し下さい。

沖縄料理定番の旨みたっぷりの豆腐ようと出汁が効いてるシンプルで美味のそうめんちゃんぷる

沖縄料理定番の旨みたっぷりの豆腐ようと出汁が効いてるシンプルで美味のそうめんちゃんぷる

写真:橋本 将人

地図を見る

麹カビを発酵した効果で酒とチーズを合わせたような味わいが特徴の「豆腐よう」豆腐という名がついていますが、ほとんど豆腐の味はしません。米麹、紅麹と泡盛によって発酵、熟成された発酵食品。赤い色は紅麹によるもので、見た目にも食欲がそそられます。

栄養価も高く、タンパク質が多く含まれており、胃にも優しいため健康食品としての一面もあります。一度食べるとやみつきになるインパクトがあり、特にうりずんの豆腐ようは旨みがあり、まろやかな上品な味なので来訪したらまず注文したいメニューです。

ソーメンプットゥールはいわゆるそうめんチャンプルーで、沖縄料理の定番中の定番商品で、茹でたそうめんに出汁を交えたシンプルなものですが、これもリピートしたくなる味です。

オリジナルブレンドの特製古酒はまろやかで味わい深く、くせになる!

オリジナルブレンドの特製古酒はまろやかで味わい深く、くせになる!

写真:橋本 将人

地図を見る

うりずんの古酒は、首里にあるうりずんの古酒蔵で甕により熟成されたオリジナルブレンドの泡盛です。メニューでは「特製古酒」とかかれ8年と12年があり、「超古酒」の20年ものもあります。小さな猪口いっぱいに注がれた泡盛はまろやかな味わいで、風味もありぜひオーダーしたいお酒です。

そのほかに、沖縄各地の泡盛も揃っているので、お気に入りの泡盛がある方にも十分に満足できるかと思います。

ザ・沖縄料理店「うりずん」は那覇に行ったら必ず寄りたい!

那覇の人に食事に誘われ、沖縄料理と言うとまず名前に上がるのが「うりずん」です。那覇のタクシーに「安里のうりずん」といえばほぼ理解されるほど、那覇で有名なお店です。 

料理も泡盛のバリエーションも豊富でどれも美味しく、しかも古き良き沖縄の雰囲気で温かみもあり、まさに沖縄料理店の代表格の店と言えるでしょう。東京や渋谷ヒカリエにも系列店がありますが、ぜひ沖縄でうりずんを体験いただければと思います。



この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -