ベトナム料理とは違う、古都フエの料理は「ギースアン」で

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ベトナム料理とは違う、古都フエの料理は「ギースアン」で

ベトナム料理とは違う、古都フエの料理は「ギースアン」で

更新日:2015/08/19 15:36

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

ベトナムの中北部フエは、19世紀初頭から20世紀半ばまで、歴代13代にわたって、グエン王朝が支配をしていました。グエン王朝は独立政権国家で、北部や南部とは異なった文化が発達していました。今回紹介する「ギースアン(Nghi Xuan)」は、フエ料理をメインに扱うレストラン。中には皇族も食べていた宮廷料理もあります。ベトナム料理とは一線を画すフエ料理をご堪能ください。

市民劇場から徒歩3分。隠れ家的場所にたたずむ

市民劇場から徒歩3分。隠れ家的場所にたたずむ

写真:古川 悠紀

地図を見る

ギースアンは市民劇場から徒歩3分という好立地。市民劇場はホーチミンの中心に建ち、周辺は観光名所もたくさん。旅の拠点となる場所です。その市民劇場を裏手に回り、ハイバーチュン通りという大通りを渡った先には、ローカルな香り漂う路地が見えます。ギースアンは、その路地先に佇んでいます。バイクの喧騒にうんざりしている人も、ここは非常に静かなので、ゆっくりと落ち着くことができます。

フエ料理の特徴と宮廷料理

フエ料理の特徴と宮廷料理

提供元:Nghi Xuan

http://www.nghixuanrestaurant.com/htmls/

ガイドブックなどでは、しばしばフエ料理=宮廷料理と解釈されることがありますが、厳密には異なります。フエ料理はフエに暮らす一般的な人々も日ごろ食べていた料理で、宮廷料理は、歴代グエン皇帝が嗜んでいた高級食材を使った料理です。つまり、現在食べられる宮廷料理は、正しくは「宮廷風」ということです。

フエ料理は濃い目の味つけが特徴。薄味や甘口のホーチミン、ハノイの料理に物足りなさを感じた方は、フエ料理を試食してみてください。

古き良き時代にタイムスリップ

古き良き時代にタイムスリップ

写真:古川 悠紀

地図を見る

ギースアンの気品ある内装は、当時のフエの建築様式を再現したもの。歴代グエン王朝の政権は、現在の中国を宗主国とみなしていた時代と、フランスの支配下にあった時代に分けることができます。その内、建築物は一般的に中国の影響を色濃く受けていたようです。

三階建ての店内は、テーブル席と個室に分かれていて、個室は主に団体客用となります。漆で塗られたテーブルや、飾られてあるアンティークが高級感を漂わせています。フエ料理はベトナム人にも人気がありますが、ギースアンは主に外国人旅行客に支持されているレストランですので、食事時であっても、比較的静かに食事をとることができます。

ギースアンでおすすめのフエ料理

ギースアンでおすすめのフエ料理

写真:古川 悠紀

地図を見る

ギースアンで必ず押さえておきたい料理が「蒸餅」です。米粉といえば、フォーや生春巻きを作る上でも欠かせないベトナムの伝統食材です。その米粉を小皿と一緒に蒸して、干しエビとネギ油を添えたものが「バインベオ(Banh Beo)」と呼ばれるフエの名物料理。グエン朝時代には、宮廷でも食されていたとされています。

その他にも、「ブンボーフエ(Bun Bo Hue)」という麺料理や、蓮の実チャーハンの「コムセン」なども食べておきたいところです。ギースアンでは、フエ料理以外のベトナム料理も含めて、50種類以上のメニューを用意しています。料理を選ぶのに困っている方には、コースもおすすめです。9.5ドルから28ドルの予算の中で、複数あるコースから選択することができます。

最後に

ギースアンのメニューは日本語表記がされているので、料理のイメージも浮かびやすいです。ここで紹介した料理以外にもフエ料理(宮廷料理)はたくさんあるので、事前に料理の名前をピックアップしておくといいでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ