タイ雑貨・ブランドが結集!“エキゾチックタイ”でタイ土産

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

タイ雑貨・ブランドが結集!“エキゾチックタイ”でタイ土産

タイ雑貨・ブランドが結集!“エキゾチックタイ”でタイ土産

更新日:2017/03/13 10:10

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

タイ発の美容ブランドやタイシルク、タイ食器、タイ雑貨など、タイ全土から選りすぐりのタイ雑貨・ブランドを取りそろえた「エキゾチック タイ」。バンコクの高級デパート「サイアム・パラゴン」4階にある専門店です。タイならではのスパアイテムやアロマ、コスメをはじめ、タイ全土から取り寄せた土産物が集まっています。高級感あふれるフロアはディスプレイが美しく、タイで欲しいものが集結!あなたはもう見タイ、行きタイ!

バンコク高級デパート・サイアムパラゴン4階フロア「エキゾチック タイ(Exotique Thai)」

バンコク高級デパート・サイアムパラゴン4階フロア「エキゾチック タイ(Exotique Thai)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

バンコク随一の高級デパート「サイアム・パラゴン」。ガラス張りの吹き抜けのエントランスがオシャレ。バンコクの中心地区「サイアム」の顔となるのが、写真の大型商業施設「サイアム・パラゴン」です。

バンコク高級デパート・サイアムパラゴン4階フロア「エキゾチック タイ(Exotique Thai)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「サイアム・パラゴン」は、国内外の有名ブランドなど約300店が集まるデパート。この4階にあるのが、今回ご紹介する専門店街「エキゾチック タイ(Exotique Thai)」。

英語の“エキゾティック”には、「異国的」というほかに、「南方の国」「刺激的な非日常の雰囲気」といった意味合いがあります。写真が「エキゾチック タイ」の入り口ですが、真っ赤に塗られた門は、まさしく南国・タイの刺激的な非日常空間。

タイで人気の有名なホームスパブランド「erb(アーブ)」

タイで人気の有名なホームスパブランド「erb(アーブ)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

高級感あふれるフロア。すべての商品が美しく、なんて素敵なの!タイで欲しいものがなんでもそろうのが「エキゾチック タイ」の魅力です。なかでも、タイ発のブランド店の充実ぶりはピカイチ!タイならではの優れたブランドが集結しています。

では、数多くのタイ発ブランド店の中から、おすすめのブランドをご紹介しましょう。タイ語で、“幸福な満足”という意味の「erb(アーブ)」。タイで人気の有名なホームスパブランドです。

タイで人気の有名なホームスパブランド「erb(アーブ)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「erb(アーブ)」といえば、オーガニック・ハーブコスメティックの代名詞。天然石鹸をはじめ、フェイスケアやボディケア、ヘアケア、フレグランスなど、すべてのプロダクツに天然素材を使い、タイのハーブにこだわったブランド。

数種類のハーブを融合し、最大の効力を引き出しているのが特徴です。専門スタッフと相談しながら自分だけのオリジナル香水を作り出すこともできるので、素敵なタイ土産を見つけてみてはいかがでしょうか?

スパでも人気!タイ・ブランドの老舗「divana(ディヴァナ)」

スパでも人気!タイ・ブランドの老舗「divana(ディヴァナ)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いても同じくタイ発のブランドで、こちらは「divana(ディヴァナ)」。クオリティーの高い豊富なスパプロダクトがそろう人気店です。ディヴァナといえば、バンコクのラグジュアリーなスパ「divana spa(ディヴァナ スパ)」でも知られているタイの老舗ブランド。

スパでも人気!タイ・ブランドの老舗「divana(ディヴァナ)」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

「divana(ディヴァナ)」のおすすめは、優れたスパアイテムの数々。高品質のエッセンシャルオイルと、優れた天然成分を使い、自宅にいながら一軒家の隠れ家スパと同じ贅沢なひとときを味わうことができます。

ボディーオイルをはじめ、シャンプーやヘアトリートメントのほか、豊富なスパアイテムがそろっていることが特徴。また、フレグランスやアロマの種類も多く、こちらもおすすめです。上品で洗練されたジャスミンやローズの香りは、タイ土産に喜ばれることでしょう。

チェンマイ生まれの美しい芸術作品!タイらしいアジアンな雑貨「LOYFAR(ロイファー」

チェンマイ生まれの美しい芸術作品!タイらしいアジアンな雑貨「LOYFAR(ロイファー」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いては、タイらしいアジアンな雑貨。数ある中でも、おすすめするブランドは、「LOYFAR(ロイファー)の美しい製品。“北方の薔薇”と呼ばれるタイ北部の街チェンマイに工房を構えるタイ老舗のブランドです。

錫(すず)を主成分とする銀白色に輝く合金素材「ピューター」。この高級なピューターを使い、インテリアや食器、テーブルウェアなど優れた製品を作っています。

チェンマイ生まれの美しい芸術作品!タイらしいアジアンな雑貨「LOYFAR(ロイファー」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらも、「LOYFAR(ロイファー)」の製品。丹精こめて作られた製品は美しい輝きに満ち、素晴らしくエレガントです。これら芸術的な作品は、ひとつ一つ鋳型で作成した部品を丹念に組み合わせており、ハンドクラフトならではの温かさが感じられます。素材のピューターは耐食性があり、錆びにくいことが特徴。また、鉛は含まれていません。

こちらも美しくてエレガントなタイ土産!可愛いゾウの雑貨・ぬいぐるみ

こちらも美しくてエレガントなタイ土産!可愛いゾウの雑貨・ぬいぐるみ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後のご紹介は、タイらしいゾウさんの雑貨。ゾウは、タイのマスコット。高級専門店街「エキゾチック タイ」では、タイのお土産に喜ばれる美しくエレガントなゾウのぬいぐるみが多く見つかります。

こちらも美しくてエレガントなタイ土産!可愛いゾウの雑貨・ぬいぐるみ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ただ、可愛いだけでなく、その姿もユニーク。こちらは、逆立ちしたゾウさんのぬいぐるみ。まるでサーカスをしているようで、楽しそう。

こちらも美しくてエレガントなタイ土産!可愛いゾウの雑貨・ぬいぐるみ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

ポーチや財布、小物入れなど、ゾウをモチーフにした雑貨が多く見つかるのも、専門店「エキゾチック タイ」の特色。しっかり丁寧に作り込まれているので、タイ土産に喜ばれることでしょう。

おわりに

タイ・バンコクで最も高級な巨大ショッピングセンターのひとつ「サイアム・パラゴン」。高級レストランだけでなく、リーズナブルでおいしいフードコートでタイ料理を楽しめるほか、スイーツ類も充実。

スーパーマーケットでタイのバラマキ菓子土産が買えるほか、地下には巨大な水族館(サイアム・オーシャン・ワールド)もあり、かなりユニークな観光スポット。タイシルクの「ジム・トンプソン」や、可愛いリボンのサテンバッグ「NaRaYa(ナラヤ)」といったタイならではのお土産も見つかります。

日本に上陸したブランドも多いのですが、タイで買った方が安く、しかも最新のアイテムもいっぱい!バンコクに観光旅行されたら、ぜひお土産探しに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

なお、今回ご紹介できなかったタイ発のブランドや、タイの土産、「サイアム・パラゴン」の魅力については別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/01/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ