バンコクで一番長〜いテーブルのあるルーフトップバー「ロングテーブル」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バンコクで一番長〜いテーブルのあるルーフトップバー「ロングテーブル」

バンコクで一番長〜いテーブルのあるルーフトップバー「ロングテーブル」

更新日:2015/08/24 14:58

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

東南アジア最大級のナイトスポット、タイ・バンコクの“ソイ・カウボーイ”。このすぐ近くにあるルーフトップバーが『ロングテーブル』です。スタイリッシュで洗練されたデザインのレストラン&バーで、店内には全長24メートルの長〜いテーブルとバーカウンターが。オープンエアのテラス席もあり、きらめくバンコクの夜景を眺めながら飲食を楽しむことができます。そんな『ロングテーブル』をご紹介します。

スタイリッシュなエントランス!まるで異界へ誘われるよう?

スタイリッシュなエントランス!まるで異界へ誘われるよう?

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

『ロングテーブル』があるのは、コラムレジデンスというサービスアパートメントの25階。“ソイ・カウボーイ”の最寄り駅BTSアソーク駅(地下鉄MRTスクンビット駅)から南へ5分ほど歩いたところにあります。

このお店の素晴らしさは、スタイリッシュなインテリア。エントランスから気合の入れ方が違います。長〜いテーブルをモチーフとしたデザインがわくわく感を高めてくれます。

絶品料理を堪能するのに最適なソファー席

絶品料理を堪能するのに最適なソファー席

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらが店内ですが、ソファー席が置かれ、ゆったりくつろぐことが可能。この右側に全長24メートルの長いテーブルがあるのですが、約60人が一度に利用することができるので、団体客にうれしい。店内は柔らかな光をまとい、とても心が落ち着きます。

また、アメリカ人シェフが作る創作料理も絶品。オーストラリア産の牛肉を使い、ハーブで味付けしてタイ風にあえた牛肉サラダや、ぷりぷりのえびを濃厚なえびみそで味わう川エビのグリルといった創作料理を食べることができます。

赤い光をまとう、長〜いバーカウンター!

赤い光をまとう、長〜いバーカウンター!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

そして、こちらがバーカウンター。さきほどのソファー席の奥にも見えていましたが、こちらのカウンターの長さも24メートル。25メートルプールとほぼ同じ長さですが、こんなに長〜いバーカウンターなんて見たことがありません。

赤い光をまとったシックなカウンター席でゆっくりしてもいいのですが、こちらの店のおススメは、オープンエアのテラス席。カウンターの奥にガラス窓があり、こちらから店の外へと出ることができます。

テラス席にはプールも!水の中に揺れる光が涼しげ

テラス席にはプールも!水の中に揺れる光が涼しげ

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

店の外に出てすぐ左側には、なんと広々としたプール!これは、サービスアパートメントの住人専用のプールです。淡い光が水の中に揺れ、その向こうにバンコクの夜景。かすかに水の音が聞こえ、なんとも涼しげ。心地よい演出が素敵です。

きらめくバンコクの素敵な夜景!

きらめくバンコクの素敵な夜景!

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

そして、さきほどのプールサイドには絶景のルーフトップバーが。低いガラス窓一枚隔てたところに、まばゆく広がるバンコクの夜景。『ロングテーブル』の階高は25階で、そんなに高い場所ではありませんが、素晴らしい夜景を十分に堪能することができます。素敵な夜景を見ながら、グラスを傾け、しっとり静かな時間を楽しみませんか?

おわりに

以上、いかがだったでしょうか?
『ロングテーブル』では、店内でおいしい料理を楽しみ、その後、外のテラス席で夜景を眺めながらしっとりとした時間を過ごすことができます。

店内の長いテーブルでは団体客であふれ、騒がしいこともあるのですが、一歩テラス席に出ればとても静か。とても優雅な時間を楽しむことができるので、バンコク観光の際はぜひ訪れてみて下さい!

また、バンコクには『ロングテーブル』以外にも、たくさんお素敵なルーフトップバーがあります。リンクを貼り付けておきましたので、興味のある方はご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ