アート好きならずとも!バンコク最先端の美術館「BACC」がとても居心地がいい

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アート好きならずとも!バンコク最先端の美術館「BACC」がとても居心地がいい

アート好きならずとも!バンコク最先端の美術館「BACC」がとても居心地がいい

更新日:2015/08/24 17:29

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

東南アジア最大の都市・バンコク。この街は、多くの魅力ある見どころが溢れています。その分、どこに行けばいいのか迷ってしまう人も多いはず。そこでここでは、気軽に立ち寄れるおしゃれでアートなスポットをご紹介。それは「バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター」。ここが居心地が良いので、アート好きならずともオススメしたい場所なのです。もちろん、バンコクの最先端アートシーンにも触れることができますよ。

中心街からのアクセスが簡単!

中心街からのアクセスが簡単!

写真:中川 康雄

地図を見る

この「バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター(Bangkok Art and Culture Centre )」(略称:BACC)は、バンコクの都心部にある「“都会”のアートスペース」を謳う美術館。BTSナショナル・スタジアム駅3番出口から直通で行けます。

この美術館は、2008年7月に開館。総面積25,000平米を誇るタイ最大規模のアートセンターです。バンコク芸術文化センター財団が運営・管理している施設で、入場料が基本的に無料。しかも、休館日の月曜日以外であれば、夜9時まで開館しています。

その真っ白な外観とらせん状の内部は、ニューヨークにあるグッゲンハイム美術館を彷彿とさせます。この美術館が、ここ目的で訪れるアート好きのみならず、繁華街であるサイアム・MBK周辺での観光やショッピングに疲れた時の止まり木としても最適な場所なのです。

充実の設備と展示作品!

充実の設備と展示作品!

写真:中川 康雄

地図を見る

1階には250席のイベント会場。音楽や詩、演劇パフォーマンス、映画や文学などの様々なジャンルのセミナーや、子ども向けワークショップも行われているようです。

2〜4階がギャラリースペースになっていて、ガラスで仕切られた小さな部屋がいくつも並んでいます。館内には、舞台や映像作品を上映するために設計されたシアターも併設。

企画展が開催されるメインギャラリーは、7〜9階。そちらに行く際には、荷物をロッカーに預けます。ロッカーの使用料は10〜20バーツ。

また、地下にはライブラリー(10:00−18:00)があり、アート関連の書籍やタイ王室関連の書籍が閲覧可能。備え付けのパソコンでインターネットが30分無料で使えたり、遊具のあるキッズコーナーまであります。

目指しているのは「アートの交差点」!

目指しているのは「アートの交差点」!

写真:中川 康雄

地図を見る

ここが正式に美術館となることが決定したのは、1994からタイのアーティスト・ネットワークによる精力的な設立運動によるもの。当時、バンコク都知事であったピチット・ラッタグン氏がそれを承認しました。その時の運動の様子も館内には展示されています。

2000年に建設がはじまりましたが、資金不足のために一時中断。その後、2005年12月に再開して2006年に落成しました。もともとの計画では、「バンコク・メトロポリタン近代美術館 (Bangkok Metropolitan Museum of Contemporary Art) 」(略称:BMOCA))という名前の予定だったらしいのですが、開館前にに現在の名前に変更したそうです。

この美術館が目指しているのは、「アートのミーティングプレイス」「アートの交差点」になること。館内には、伝統的なものから現代的なものまで、国内外を問わないジャンルを超えたアート作品が集められていて、そのコンセプトを実現しているのです。

また一階には、バンコクの老舗ジャズバーBrown Sugarがプロデュースする「Art Café」が。ここは館内を巡る前でも後でも落ち着いた時間を過ごせるカフェ。ここで休憩することを目的に来館してもいいですね。カフェメニューの他にも、サラダやパスタなどの軽食メニューもあり。

おわりに

いかがでしたか?バンコクの中心街にある美術館「バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター」。館内に複数あるショップでは、タイの若手作家が手掛けたグッズなども販売しています。ユニークなお土産が欲しい人にとっては、ベストチョイスのひとつなのではないでしょうか。

あと、もちろんゆっくりする場所としても良いのですが、メイン会場7〜9階部分のらせん状のスロープを歩いてみるのもオススメ。たくさんのアート作品を眺めながらそのスロープを歩いていると、なんだかとても不思議な浮遊感に包まれますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/21 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ