バルセロナの美味しいパエリヤは絶対にココ!「ラス キンザ ニッツ(Les Quinze Nits)」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

バルセロナの美味しいパエリヤは絶対にココ!「ラス キンザ ニッツ(Les Quinze Nits)」

バルセロナの美味しいパエリヤは絶対にココ!「ラス キンザ ニッツ(Les Quinze Nits)」

更新日:2015/09/01 14:37

いとう こあらのプロフィール写真 いとう こあら 旅行会社勤務の旅行狂い

日本人にも大人気のスペインの観光地・バルセロナ。天才建築家ガウディが愛したこの街に、リーズナブルで美味しいパエリヤを食べさせてくれる、ちょっと小粋ながらも気軽に入れるレストランが在ります。

レストランの名前は「ラス キンザ ニッツ(Les Quinze Nits)」。
どの時間に訪れても世界各国からの観光客で賑わっています。美味しいカヴァやサングリアを片手に、時間を忘れてのんびり食事を楽しめます。

バルセロナ レイアール広場でガウディのデビュー作に遭遇!

バルセロナ レイアール広場でガウディのデビュー作に遭遇!

写真:いとう こあら

地図を見る

夜遅くまで沢山の人で賑わう、バルセロナを代表するメインストリート・ランブラス通りを一歩入った所に在るレイアール広場。
中南米の香り漂うこちらの広場に、1878年にバルセロナ市の依頼を受けた26歳のガウディが、建築家としてのデビューを飾った作品・街灯が設置されています。

ガウディの温かく、ファンタスティックな世界観が好きだという方は多いですが、こちらの街灯からはガウディを象徴する美しい曲線や植物のモチーフなどは一切見当たらず、どことなく愛嬌のある出で立ちで、街灯の上部には商業を司るギリシャ神話・ヘルメスの象徴である翼をつけた鉄カブトが施されています。

地中海地方独特の清々しい真っ青な空の下で見る街灯も、夕闇に灯る街灯もどちらも素敵ですので、ぜひ両方の時間帯に足を運んでみてはいかがでしょう。

まずは王道!正統派パエリヤを食べてみましょう!

まずは王道!正統派パエリヤを食べてみましょう!

写真:いとう こあら

地図を見る

世界一予約の取れないレストランを輩出するなど、隠れた美食の国・スペイン。
せっかくそんなスペインに来たのだから、本場で「美味しい!」名物・パエリヤが食べたい!と皆さんお考えですよね。
…しかし残念ながらそのパエリヤ。スペイン料理の中でも安くない料理の一つだとはご存知だったでしょうか。

ここでみなさん落ち込むなかれ!

そんなパエリヤをリーズナブルに、なおかつ美味しく食べられるのがこちらのお店「ラス キンザ ニッツ(Les Quinze Nits)」。バルセロナを代表する人気レストランですが、お値段は他のレストランと比較してもなかなかリーズナブル。写真の「ミックス パエリヤ(Paella Mixta)」が2人前で17.9ユーロ(日本円で約2,400円、1人前8.95ユーロで注文は2人前から)です。

バルセロナで獲れた魚介とそのエキスがたっぷり染み込み、リブ肉とソーセージまでもが炊きこまれたごはんに、たっぷりのレモンをかけてさっぱりと食すパエリヤはまさに想像していたパエリヤの味。思わず箸…ではなく、スプーンがさくさく進んでしまいます。

パエリヤは注文してから30分近く待ちますので、最初に頼み、前菜を食べながらゆっくり待つのが良いですね。大きなお鍋にずっしりたっぷり入ってきますので、お腹を空かせて行ってください〜!!

イカ墨のパエリヤ!実はこちらが名物でした!

イカ墨のパエリヤ!実はこちらが名物でした!

写真:いとう こあら

地図を見る

さて、名物のパエリヤを楽しんでその美味しさに満足頂けたのならば、このレストランの真の名物?!ともいうべき「イカ墨のパエリヤ(Arroz negro con sepia en su tinta)」もいかがでしょうか。

注文して待つこと20分強。
深く大きな年季の入った銀のお鍋には、底まで真っ黒いごはんがたっぷり。最初から最後まで具の入っていないこの黒いごはんと対峙するのか…と若干愕然とするのですが、一口食べてみてその思いは杞憂に終わります。

見た目は写真通り、なんともシンプルな、なんの変哲も無いイカ墨のパエリヤなのですが、イカ墨とトマトの味がしっかり入った柔らかめのごはんが日本人の口に本当に合うんです!
そしてこのパエリヤだけでも十分美味しいのに、このイカ墨のパエリヤに付いてくるのが、自家製マヨネーズににんにくをたっぷり入れたアリオリソース。このソースがパエリヤの味をなんともまろやかにしてくれる上、パンチも加えてくれて、味を更に引き立ててくれます。
そう!箸…ではなくスプーンが本当に止まらなくなるのです。

お値段は2人前で16.8ユーロ(日本円で約1,150円、1人前8.40ユーロで注文は二人前から)です。皆さん!このイカ墨パエリヤを食べるときは、「必ず」このアリオリソースを付けて食べて下さいね〜!!

最後に

「名物に旨い物なし」という故事成語がこの世にあれども、世界でも人気のある美食の国・日本に住んでいる私達は、世界に出ても「美味しいごはん」を当たり前のように求めていますよね。また、私のようにそれが楽しみで旅に出向く人が多いのも事実です。

旅に出たらその先の名物を美味しく、リーズナブルに食べたいと思うのは人の常。
「ラス キンザ ニッツ(Les Quinze Nits)」のパエリヤはそんな私達、日本からの欲張りな旅人の願望を満たしてくれる一店なのです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ