厳選食材の宝庫!ロンドン「ホール・フーズ・マーケット」は立ち寄らなければ損

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

厳選食材の宝庫!ロンドン「ホール・フーズ・マーケット」は立ち寄らなければ損

厳選食材の宝庫!ロンドン「ホール・フーズ・マーケット」は立ち寄らなければ損

更新日:2018/10/26 10:58

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

海外旅行の楽しみって何ですか?観光は欠かせませんが、意外と外せないのが、スーパーマーケット訪問ではないでしょうか。訪れた国を知るために、食生活を垣間見る!試食にもトライ!ついでにお土産もゲット!なんて、欲張りな体験をしませんか。
今回ご紹介するのは、「ホール・フーズ・マーケット」。ロンドンのスーパーマーケットの中でも、モデルやセレブ御用達で、オーガニック商品を取り扱う、厳選食品の宝庫です。

オーガニック商品をはじめとした厳選食材の宝庫

オーガニック商品をはじめとした厳選食材の宝庫

写真:道明寺 彩希

地図を見る

イギリス最大のオーガニック・スーパー「ホール・フーズ・マーケット(Whole Foods Market)」。ロンドンには9店舗ありますが、一押しは、ハイストリートケンジントン(Highstreet Kensington)駅、徒歩1分の「ケンジントン店」です。売り場面積がとにかく広くて、品揃え豊富。何を購入するにしても沢山の種類から選べます。何も買わずに見て回るだけでも十分楽しく、お勧め商品の試食なんかも出来るのが嬉しいところ。「今や安くて喜ばれるお土産の調達はスーパーで購入する!」というのは、賢い旅行者の常識。このお店なら、他の人とは違ったお洒落なお土産が、きっと手に入ります。是非足を運んでみてください。

お勧めのお土産・その1「ショートブレッド」

お勧めのお土産・その1「ショートブレッド」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

まずお土産にお勧めしたいのが、イギリスの伝統的な菓子である「ショートブレッド(Shortbread)」。「ショート」とは、さくさくっとした食感の事を意味します。通常クッキーは、練ったバターに砂糖を混ぜ合わせ、砂糖がよく混ざったところへ溶き卵と小麦粉を入れ、ひとまとめにしてから焼きますが、ショートブレッドの場合は手順が逆。ふるっておいた粉にバターを切り混ぜてポロポロにし、それから砂糖を入れ成型して焼きます。

空港などでも同じ商品が販売されていますが、ホール・フーズ・マーケットの方が断然お買い得で、種類も豊富です。有名なのは「ウォーカー社(Warlkers)」の製品。赤いタータンチェック柄が目印のパッケージは、ショートブレッドの代名詞的な存在です。チョコレートチップ入り、アーモンド入り、グルテンフリーなどいろいろ選べます。

お勧めのお土産・その2「ハーブティー」

お勧めのお土産・その2「ハーブティー」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ショートブレッドに合う最高の飲み物は、これまたイギリスを代表する「紅茶(Tea)」です。このスーパーには、定番のイングリッシュティーはもちろんのこと、いろんなフレーバーの紅茶が揃っています。陳列棚ほぼ一列、ずっと紅茶が並んでおり、日本の品揃えとは比べ物になりません。トワイニングをはじめ、お医者様が作っているハーブティーのメーカー「ドクター・スチュアートズ(Dr.Stuart’s)」など選りどりみどり。「ドクター・スチュアートズ」は、美肌とむくみ解消ハーブティーや、風邪と花粉症予防ハーブティーなど、美と健康をテーマにした製品が特長です。

今、紅茶大国のイギリスでも次世代ハーブティーとして人気の「パッカー(Pukka)」社の製品は、今までハーブティーが苦手だった方や、我慢して飲んでいた方にも、美味しく楽しめるハーブティーとしてお勧め。その美味しさは、4年間連続してギルドオブファインフードが実施するグレートティストアワードの賞を受賞している実績で証明されています。

世界各国で有機栽培されたアーユルヴェーダ―ハーブをブレンドした100パーセントオーガニックのハーブティーはデトックスが出来ると話題。一押しは、「愛(Love)」。バラ、カモミール、ラベンダーなどがブレンドしてあり、「あなたの心を温めます(To warm your heart)」というメッセージ付きです。こんな特別なお土産はもらった方は、きっと嬉しいはず。不眠症の方向けに「ナイトタイム(Night time)」なんていうのもありますよ。

お勧めのお土産・その3「チョコレート」

お勧めのお土産・その3「チョコレート」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

売り場が3ヶ所に分かれている「チョコレート(Chocolate)」。一粒一粒が芸術品の様な「ボンボンショコラ(Bon Bon Chocola)」は特別な方へのお土産に。ばらまき用にはパッケージがお洒落な板チョコ類がお勧め。中でも日本では高価で、あまり見かけない「100パーセントカカオ」というレアな製品がお勧めです。ユニオンジャック柄やメッセージ付きのものなどもあります。ここはセンスの見せ所!素敵なお土産をゲットしてください。

選び放題!おいしいイギリス料理はここでゲット

選び放題!おいしいイギリス料理はここでゲット

写真:道明寺 彩希

地図を見る

お土産の購入だけでなく、是非利用していただきたいのが、お総菜類。ローストビーフやフィッシュ&チップスと言ったイギリス料理から、館内で焼いた美味しいパン類、サラダやスープなど、選び放題です。すぐに食べたい方は、2階にあるフードコートまでテイクアウトすれば、その場で頂けます。緑の中でのんびり食べたい!という方は、徒歩5分の距離にある王立公園「ケンジントン・ガーデンズ」まで足を延ばしてみませんか。「ケンジントン・ガーデンズ」に関しての詳細は、下記のMemo「LINEトラベルjp 旅行ガイド」の記事をご参考に。

ホテルに持ち帰ってゆっくり楽しみたいという方は、ワインなどのアルコール類や、チーズ、ハム類と言ったイギリスならではの食材も是非お試しください。

まとめとして

買い物しながら楽しめる「ホール・フーズ・マーケット」。いかがでしたか?「ケンジントン」店までわざわざ出向けない、という方には、ロンドン市内の中心部「ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)」店をご利用ください。店の規模は小さくなりますが、立ち寄りやすい場所にあるので、きっとお役にたつはずです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -