天文台だけじゃない!世界遺産都市「グリニッジ」の見逃せない見学地

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

天文台だけじゃない!世界遺産都市「グリニッジ」の見逃せない見学地

天文台だけじゃない!世界遺産都市「グリニッジ」の見逃せない見学地

更新日:2017/11/12 18:56

道明寺 彩希のプロフィール写真 道明寺 彩希 穴場発見さまよいライター、地元のグルメ伝道師

グリニッジは、東半球と西半球を区切る子午線の基準となった「グリニッジ旧王立天文台」で有名な場所。1995年には町全体が海港都市として世界遺産に登録されました。
今回は、日本ではあまり知られていない“グリニッジの見どころ”をご紹介いたします。

グリニッジ観光のスタートは「ディスカバー グリニッジ」から!

グリニッジ観光のスタートは「ディスカバー グリニッジ」から!

写真:道明寺 彩希

地図を見る

旧王立海軍学校の敷地内にある「ディスカバー グリニッジ(Discaver Greenwich)」。観光客向けのビジターセンターになっており、地図や資料がもらえ、情報収集に活用できます。

想像以上に見どころの多いグリニッジの過ごし方は、計画的に巡るのがポイント!無料で利用でき、館内にはカフェも併設してあるので、計画を練るにはうってつけの場所です。

<ディスカバリー グリニッジの基本情報>
住所:Old Royal Naval College Greenwich SE10 9NN
開館時間:毎日 10時〜17時

ちょっと怖い?「クイーン ハウス」

ちょっと怖い?「クイーン ハウス」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

内部がギャラリーとして一般公開されている「クイーンズ ハウス(The Queen’s House)」。1638年にジェームズ1世が妻のために建築しました。建物の建築価値が高く、大理石の床、“グロテスク式”とよばれる天井、正面のチューリップの階段は必見。

この階段は過去に心霊写真が撮られたことで有名。オカルト好きのイギリス人の人気観光スポットになっています。

<クイーン ハウスの基本情報>
住所:Romney Road, Greenwich, London SE10 9NF
開館時間:毎日 10時〜17時(最終入場16時30分)
入場無料

紅茶の国イギリスに貢献した「カティーサーク」

紅茶の国イギリスに貢献した「カティーサーク」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

中国からイギリスまで紅茶を運ぶために、19世紀に作られた帆船ティークリッパーのうちの1隻「カティーサーク(Cutty Sark)」。この船は20世紀まで残った唯一の船で、1957年からグリニッジのテムズ川岸のドックで一般公開されていました。

2007年5月に船の修復作業中の失火で燃えてしまいましたが、再度修復。2012年4月に一般公開が再開されました。この船自体が世界遺産「グリニッジ」の一角を占める文化財になっています。

<カティーサークの基本情報>
住所:Cutty Sark Clipper Ship King William Walk Greenwich SE10 9HT
開館時間:火〜日 10時〜17時(最終入場16時30分)祝祭日を除く月曜は休館
※入場制限があるためチケットはウェブ購入がおススメです。

テムズ川の下を横断できる「グリニッジ フット トンネル」

テムズ川の下を横断できる「グリニッジ フット トンネル」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

カティーサークとテムズ川に挟まれるように建つこちらの建物。地下へと続く階段とエレベーターが設けられており、なんとトンネルを通ってテムズ川を横断することができます。入場無料。

テムズ川の下を横断できる「グリニッジ フット トンネル」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

トンネルの名前は、「グリニッジ フット トンネル(Greenwich foot tunnel)」。歩行者と自転車専用で、イギリスの中でもテムズ川を地下で横断できるのはここだけ!平均水深15.2メートルで、トンネルの長さは370.2メートルです。

テムズ川の下を横断できる「グリニッジ フット トンネル」

提供元:Pixabay

http://pixabay.com

写真は対岸からの展望。一番手前にある左右対称に見える建物が、「旧海軍王立大学」。真ん中の奥が「クイーン ハウス」。そして一番奥の丘の上には「グリニッジ旧王立天文台」が一望できます。

外せない訪問地「グリニッジ旧王立天文台」

外せない訪問地「グリニッジ旧王立天文台」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

グリニッジに来たのであれば、外せない訪問地は「グリニッジ旧王立天文台(Royal Observatory Greenwich)」。そして、訪問記念の写真といえば、敷地内にある地面に記された経緯0度の「子午線」をまたいで撮る一枚です。

展望台の近くにはロンドンで唯一のプラネタリウムが併設されており、迫力のある映像で宇宙の不思議について学ぶこともできます。

外せない訪問地「グリニッジ旧王立天文台」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

天文台があるのは丘の上。なので、ここからも美しい景色を眺めることができます。写真正面の白い建物が「クイーン ハウス」。後ろにそびえたつ高層ビル群は、ロンドンの金融街「シティー(City)」の景色です。

外せない訪問地「グリニッジ旧王立天文台」

写真:道明寺 彩希

地図を見る

ロンドン市内からのアクセスは3通り。セントポール大聖堂前にかかる「ミレニアムブリッジ」や「ロンドン塔」「タワーブリッジ」などを通過するテムズ川の「水上バス」を利用する場合は、「エンバンクメント埠頭(Embankment Pier)」からの乗車が便利。乗船時間約1時間30分。

鉄道を利用する場合は、“地下鉄とDLR”の組み合わせ。市バスの場合は、“188番”。大英博物館がある「ラッセルスクエア(Russell Square)」を出発し、途中「オルドウィッチ(Aldwych)」や、「ウォータールー(Waterloo)」駅前を通過します。いずれも「カティー サーク」駅で下車するのが便利です。

グリニッジの見どころはまだまだ沢山!

今回は、グリニッジ旧王立天文台と穴場的見どころを中心にご紹介してきましたが、グリニッジには船の操縦体験が出来る「国立海事博物館(National Maritime Museum)」や、数々の映画のロケ地として有名な「クイーン メアリー コート(Queen Mary Court)」「キング ウイリアム コート(King William Court)」などのたくさんの見どころがあります。

そちらの詳細は、下記Memo欄に「たびねす」の関連記事がありますので合わせてご利用ください。また、施設に関する詳細も、下記Memo欄にある「グリニッジに関する総合HP」にてご確認いただくことができます。
※2017年11月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/10/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ