ここはヨーロッパ?古き大英帝国の建物が残る街・インド「ムンバイ」

| インド

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ここはヨーロッパ?古き大英帝国の建物が残る街・インド「ムンバイ」

ここはヨーロッパ?古き大英帝国の建物が残る街・インド「ムンバイ」

更新日:2015/10/08 15:30

Saito Junsoのプロフィール写真 Saito Junso 旅ブロガー、トレッカー

ヨーロッパでなくても古き西洋の雰囲気を感じられる場所があることをご存知でしょうか。インドにあるムンバイでは大英帝国時代の古き建物が街中に残り、さながら西洋の街に来たような気分にさせてくれます。世界遺産に登録された「旧ヴィクトリアターミナス駅」や「タージマハル・ホテル」など歴史的価値が高い建造物も多く残されています。
今回はそんなムンバイの街で見られる大英帝国時代の建物をご紹介します。

世界で最も美しい駅

世界で最も美しい駅

写真:Saito Junso

地図を見る

まずご紹介したいのが、世界の美しい駅14選でも選ばれた「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名:ヴィクトリアターミナス駅」です。
宮殿のようなその外観は、ゴシック建築を代表する歴史的価値の高い駅です。大英国時代に英国人スティーヴァンスによって設計され、10年の年月をかけて1887年に完成しました。ヴィクトリア女王の治世だったので「ヴィクトリア」の名が付けられましたが、植民地時代の名を改称する運動の中で現在はインドの名に変えられています。
ムンバイのゴシック建築の中でも、とにかくその荘厳な姿に圧倒されます。歴史があるのにいまだ現役と言うことにも驚きです。ムンバイに来たら訪れておきたい場所です。

インド文化との折衷も見られる行政庁舎

インド文化との折衷も見られる行政庁舎

写真:Saito Junso

地図を見る

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅の見学が終わったら、その向かいにあるムンバイ(旧ボンベイ)市の行政庁舎の見学もしましょう。
こちらも英国人スティーヴァンスによる設計なのですが、少し異なる点はインドの建築様式だったものを彼が手直しをしたという点です。インドと英国様式の特徴が強く現れた折衷作となるのですが、その特徴が球根系のドーム屋根を採用しているところなどに見られます。これはムガール朝のイスラム建築の影響ともいわれ、もちろん本家の英国にはないムンバイ独自のものです。

インドのビックベン!ムンバイ大学の時計台

インドのビックベン!ムンバイ大学の時計台

写真:Saito Junso

地図を見る

英国の新聞で「世界の美しい大学10」にも選ばれたのが、ここムンバイにあるムンバイ大学です。こちらもゴシック様式とされる建築物で、英国にあるビックベンをイメージして造られたと言われる大きな時計塔が象徴的です。インド最古の大学でありながら、現在もインド屈指の名門校としてたくさんの学生が学んでいます。
大学なので見学する際は、門のところにいる守衛さんに一言許可を貰ってから敷地内に入りましょう。高さ80mとされる時計塔は少し離れた場所からでないと、カメラに収まりきれないほどです。

インドの自尊心「タージマハル・ホテル」

インドの自尊心「タージマハル・ホテル」

写真:Saito Junso

地図を見る

タージマハル・ホテルは、インド近代工業を発展されたタタ氏によって1903年に建てられたインドを代表するホテルです。
とても豪華なホテルですが、このホテルが建てられるにはタタ氏の辛い体験があったと言います。当時白人の友人とボンベイ市内にあるホテルで夕食をとろうとした際に、白人専用との理由で入場を断られました。この時彼はインドの入り口であるこの街に、インド人によって世界の来賓を招くことができる一流ホテルを作ろうと決心したと言います。
今でも最高級ホテルとして世界の来賓を迎え、格式あるホテルとして注目を浴び続けています。インドでも最高級のこのホテルには、インド人の自尊心を感じることができるようです。
もちろんどなたでも宿泊ができますので、ムンバイに来たら歴史あるホテルに泊まってみるのもお勧めですよ。

ライトアップも必見

ライトアップも必見

写真:Saito Junso

地図を見る

ムンバイの歴史的建造物の幾つかは、夜ライトアップされるものもあります。その中でお勧めはやはり「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅」です。
インドで最初に鉄道が走り出し、大都市ムンバイの発展を陰から支え、歴史的価値から世界遺産にも登録されたこの駅は、昼も美しいのですが夜のライトアップもまた格別です。
ムンバイでは是非このチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅の近くに一泊し、夜のライトアップを見学しましょう。

大英帝国の繁栄をアジアで感じる

大英帝国時代に建てられた多くの建造物は、当時の優雅な繁栄振りを感じることができる貴重な財産です。植民地での建造物という負の遺産ではありますが、今はその建物がすっかりムンバイの街に溶け込みさながら西洋の街の雰囲気すら感じる様になっています。これだけ荘厳で歴史的価値のある建造物なのに、見学だけなら無料と言うのもとてもお得です。
ムンバイを訪れたら是非、大英帝国時代の建物を見学しながら散策してみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2008/11/17−2008/11/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -