天空の湖!?NZ「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」が神秘的すぎる

| ニュージーランド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

天空の湖!?NZ「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」が神秘的すぎる

天空の湖!?NZ「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」が神秘的すぎる

更新日:2015/08/29 18:37

野村 みのりのプロフィール写真 野村 みのり ロングステイ・トラベラー

ニュージーランド最大の都市オークランドから南に350kmほど行った所にあり、北島のほぼ中央に位置するトンガリロ国立公園。その中で最も有名なトレッキングコースが「トンガリロ・アルパイン・クロッシング(Tongariro Alpine Crossing)」です。ニュージーランドで最も素晴らしく、世界でもトップ10に入るであろうと言われているこの日帰りコースの神秘的な姿をとくとご覧あれ!

ニュージーランド初の国立公園&世界遺産のトンガリロ国立公園

ニュージーランド初の国立公園&世界遺産のトンガリロ国立公園

写真:野村 みのり

地図を見る

1894年にニュージーランド初の国立公園となった「トンガリロ国立公園」は、ユネスコの世界遺産にも登録されています。トンガリロ国立公園の山域は、ニュージーランドの先住民「マオリ族」の信仰対象でもあったため、マオリ族の文化との結びつきが考慮され、文化と自然の複合遺産として世界遺産に登録されたのです。また、トンガリロ国立公園は、東半球における環太平洋火山帯の最南端に位置づけられるという側面も持っており、いろいろな意味で興味深い場所となっています。

では、そんなトンガリロ国立公園内にある「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」に出かけてみましょう。

整備されて歩きやすい道

整備されて歩きやすい道

写真:野村 みのり

地図を見る

「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」は全長19.4キロメートルとそれなりの長さがあり、通常7〜8時間ほどかけて歩くトレッキングコースですが、その道程はきっちりと整備されていて歩きやすい部分が大半を占めています。道標も所々にありますし、歩いている人の数もかなりいることが多いので迷子になる心配もありません。そのため、登山経験の乏しい人でも、充分にチャレンジできるコースと言えるでしょう。

通常マンガテポポ側から入り、山を横切ってケテタヒ側に出るという一方向に進むコースをとりますが、出入り口を逆にとってもいいですし、見所はほぼ中央に集まっていますので、中央付近でUターンして同じ側に戻るという手もあります。今回はマンガテポポ側から入ってみます。

平らに広がる「サウスクレーター」

平らに広がる「サウスクレーター」

写真:野村 みのり

地図を見る

最初に出会える見所はコチラ、「サウスクレーター」です。木の板で作られた道を歩いたり、長い長い階段を上がったりなどしてたどり着いた先に突如として現れるのは、まるで大きな野球グラウンドが広がっているようなこの風景。初夏でも残雪があるような標高にいるはずなのに、こんな広々とした平らな土地の景色が広がっているなんて、なんとも不思議な感覚ですよね。

クレーターの奥に見えるのは、富士山に似た稜線を持つ「ナウルホエ山」です。寄り道して山頂まで行くこともできますが、往復3時間ほどかかってしまいますので、通常は下から眺めるのみにおさえます。足腰に自信のある方は登ってみるのもいいかも知れませんね。では、このサウスクレーターを横切って歩を進めましょう。

最高地点付近にある雄々しい「レッドクレーター」

最高地点付近にある雄々しい「レッドクレーター」

写真:野村 みのり

地図を見る

サウスクレーターを過ぎると上り坂がやや急になり、トンガリロ・アルパイン・クロッシングの最高地点となる場所へと向かって行きます。その近くにあるのが「レッドクレーター」です。見た目からしてワイルドで雄々しいレッドクレーター。臭覚的にも、インパクトのある硫黄の匂いが漂って来て、クレーターが現在も活動を続けているのだということを実感させてくれます。自然のパワーをより強く感じることができる場所です。

天空に浮かぶ!?神秘的な湖「エメラルド レイクス」

天空に浮かぶ!?神秘的な湖「エメラルド レイクス」

写真:野村 みのり

地図を見る

お待たせいたしました。ついに「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」最大の見せ場、「エメラルド レイクス」にやって参りました。エメラルド レイクスとは、「トンガリロ山」にある、エメラルド色に輝く火山湖です。クレーターに水が溜まってできたこの湖たちは大きさや色に違いがあり、そのハーモニーで息をのむ美しさを生み出しています。このキレイな色は、火山地帯から浸出したミネラル分によって生じるものだそうですよ。

どうですか、この神秘的で幻想的な景色は。うっとりでしょう?まるで「天空の城」ならぬ「天空の湖」です。この景色を見るためにだけでも、7〜8時間も歩く甲斐があるというものです。湖畔まで降りていけますので、是非この美しい湖たちの目線での眺めも楽しんでいってくださいね。

おわりに、

ハイライトの「エメラルド レイクス」の後、最後の見所として「ブルー レイク」が登山者たちを待ち受けています。「エメラルド レイクス」たちよりひときわ大きな湖で、これまたキレイな湖です。いくつもの美しい湖に心を奪われ、夢心地で出口のケテタヒ側に向かい、ニュージーランドの日帰りトレッキングコース「トンガリロ・アルパイン・クロッシング」は幕を閉じます。あとは心に焼きついた映像を夢の中でご覧くださいマセ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/11/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ