知る人ぞ知る秘湯がリニューアル!奥会津・金山町「湯倉温泉 共同浴場」

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

知る人ぞ知る秘湯がリニューアル!奥会津・金山町「湯倉温泉 共同浴場」

知る人ぞ知る秘湯がリニューアル!奥会津・金山町「湯倉温泉 共同浴場」

更新日:2016/10/12 19:49

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

福島県奥会津地方の金山町は、知る人ぞ知る秘湯の宝庫で、泉質的に素晴らしい名湯揃いなので、温泉通や温泉マニアが常に注目している地域です。

中でも屈指の名湯が湯倉温泉で、共同浴場は混浴で利用し難かったのですが、2014年12月1日に新築リニューアルオープンし、浴室が男女別になりました。休憩室もあり、旅の途中で立ち寄るのにも最適。美しい温泉に生まれ変わった「湯倉温泉 共同浴場」は、断然おすすめです!

湯倉温泉は共同浴場と鶴亀荘があるだけの秘湯

湯倉温泉は共同浴場と鶴亀荘があるだけの秘湯

写真:藤田 聡

地図を見る

湯倉温泉は国道から只見川を渡った対岸にあり、共同浴場と一軒宿の鶴亀荘があるだけの秘湯です。

地図には鶴亀荘しか記載されていない場合が多いのですが、そのすぐ奥にあるので、鶴亀荘を目指して行けば大丈夫です。共同浴場の周囲には空き地があり、車が数台停められます。

湯倉温泉共同浴場には美しい休憩室も完備

湯倉温泉共同浴場には美しい休憩室も完備

写真:藤田 聡

地図を見る

湯倉温泉共同浴場の入口を入ると、休憩室になっています。写真右側の壁にある焦げ茶色の箱が料金箱で、200円を入れて利用します。トイレも休憩室内にあり、温水便座の付いた最新式です。

男女別になった!湯倉温泉共同浴場

男女別になった!湯倉温泉共同浴場

写真:藤田 聡

地図を見る

湯倉温泉共同浴場の浴室は、廊下の手前が男湯、奥が女湯です。旧共同浴場の名物であった温泉成分の塊である析出物は、まだ見られませんが、温泉成分で浴室の半分が既に黄土色になっており、温泉気分が盛り上がります。

源泉が高温なので湯口を板で塞いであり、温いと感じる場合に板を開ける独自のシステム。板を開放にしたままにすると、高温になり過ぎて後の人が入浴出来ないので、入浴後は板を必ず閉めるのがルールです。

湯倉温泉共同浴場では、窓の外の風景と析出物も堪能しよう

湯倉温泉共同浴場では、窓の外の風景と析出物も堪能しよう

写真:藤田 聡

地図を見る

湯倉温泉共同浴場は内湯ですが、窓から美しい只見川の風景を望む事が出来ます。窓の外には温泉成分の塊である析出物が体積しており、お湯の濃厚さを一層実感します。

只見川は川がダム湖状態になっている場所が多く、川幅いっぱいに水をたたえた様子は壮観です。無風の日には水面に周辺の景色が映り込み、圧倒的な美しさ。奥会津を旅している実感につつまれます。

湯倉温泉共同浴場の後は、大塩温泉共同浴場もおすすめ!

湯倉温泉共同浴場は高温ですが、逆に低温なのが同じ金山町内の大塩温泉共同浴場です。同じ町内に源泉温度が異なる温泉があるので、熱いお湯が好きな人も、温いお湯が好きな人も、二箇所巡れば大満足間違いありません!

大塩温泉共同浴場も、2015年8月8日に新築リニューアルオープンしました。別記事「(たびねす)美し過ぎる温湯の名湯!奥会津・金山町『大塩温泉 共同浴場』リニューアルオープン」で紹介しましたので、是非ご覧ください。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集があります)

各共同浴場の営業時間等の詳細については「温泉ガイド - 金山町ホームページ」を参照して下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -