歴史ある金沢城の石垣と絶品葛きりを堪能!和カフェ「つぼみ」で至福のひとときを

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

歴史ある金沢城の石垣と絶品葛きりを堪能!和カフェ「つぼみ」で至福のひとときを

歴史ある金沢城の石垣と絶品葛きりを堪能!和カフェ「つぼみ」で至福のひとときを

更新日:2015/09/05 19:21

Mayumi Tのプロフィール写真 Mayumi T 北陸の歴史・グルメ探索人

北陸新幹線が開業し、多くの観光客で賑わいをみせている金沢。市内には新しい食事処やカフェ、お土産品を扱う店などが続々とOPENしています。

老舗の銘店や新規のお店などたくさんあり、ご旅行などで訪れる方々にとっては、どのお店が良いか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。今回は金沢の歴史が感じられ、市内の繁華街からも程近く、街の散策にも訪れやすい場所に位置している和カフェ「つぼみ」をご紹介します!

落ち着いた佇まい

落ち着いた佇まい

写真:Mayumi T

地図を見る

「つぼみ」は、金沢市の繁華街、香林坊(こうりんぼう)の「アトリオ大和」や「109」からも近く、徒歩約5分程、兼六園真弓坂広坂口からも徒歩約5分程、金沢21世紀美術館の柿木畠口からは徒歩で約1分程と、金沢市内の観光や散策の際にもとても訪れやすいところに位置しています。

またこちらの「つぼみ」を営んでいらっしゃるご主人は、金沢の有名老舗料亭「杉の井」のご長男だということでも知られていますが、店内に入るとすぐに巨大な一枚板のテーブルが置かれていたり、手入れの行き届いた素晴らしい庭があることなどからも、老舗料亭のご長男のセンスを所々に伺うことができます。

店内からは庭が!

店内からは庭が!

写真:Mayumi T

地図を見る

「つぼみ」は、金沢市内の名職人が造りあげたこだわりが感じられる空間です。またお店の一つ一つのメニューには、選び抜かれた本物の食材が使われ、そして手間暇をかけてつくられた和スイーツをいただくことができます。

店内から眺めることのできる庭には、江戸期の金沢城の石垣を借景にして、画像からは見えませんが、犀川上流から流れている辰巳用水のせせらぎをも静かに感じるとることができます。このように美味しい和スイーツと独特の金沢情緒を同時に堪能できる庭のあるカフェとして、地元の人はもちろん、金沢を観光やご旅行などで訪れる人々の間でも話題になっています。

また山の湧水をスイーツ、お茶、お冷などすべてに使用していることからも、細部にわたるまでの配慮とこだわりを感じることができます。

実際に庭も眺められる!

実際に庭も眺められる!

写真:Mayumi T

地図を見る

前述のように店内から庭を眺めることができますが、実際にドアを開けて外の庭に出られるようになっています。そこには金沢城の惣構堀(外堀)と、またこの惣構堀のそばを流れる辰巳用水が静かに流れている様子も間近に感じることができます(金沢は、内惣構と外惣構の二重の堀に囲まれた城下町でした)。

関守石(せきもりいし)も置かれています。これは茶庭(茶室への道すがらの庭)や露地の飛び石などに据えられる石で、蕨縄(わらびなわ)やシュロ縄で十文字に結んであります。茶道の作法においては「これより中に入ることはご遠慮ください」の意味があり、そのための印として関守の役をもたせる意味合いもあります。金沢市内の兼六園などにも置かれていることで、知られています。

また春には美しい桜、夏には心地よい虫の音、秋には見事な紅葉、冬には雪景色をも眺めることができ、天気が良ければガラスの扉越しに陽射しもふりそそぎ、歴史ある石垣、落ち着いた庭園、自然とが見事に調和された美しい景観を眺めながら、美味しいスゥイーツをいただくという至福のひと時を過ごすことができます。

こだわりの食材

こだわりの食材

写真:Mayumi T

地図を見る

メニューの中にも使われている国産の本蕨(わらび)や本葛は、山奥で採取した蕨根・葛根を約半年もの間、素材の風味を大切にして作り上げた稀少なものとなっています。勿論、添加物は一切使用しない、本蕨や本葛を味わうことができます。

他に白玉クリームあんみつ(画像、加賀棒茶付き)もあります。餡はつぶあんかこしあん、また抹茶アイスかバニラアイスのどちらかを選べます。寒天は見ているだけでもみずみずしくてプルプル、とろとろ…。そして口の中に入れると、そのなめらかな寒天と上品な甘さでしっとりとした餡とが見事に口の中で合わさり、あっという間にスーッととろけていってしまう味わい深さです。

人気の「葛きり」

人気の「葛きり」

写真:Mayumi T

地図を見る

中でも「葛きり」は人気のメニューの一つです。別添えの黒蜜につけながらいただきますが、しつこい甘さではなく、とてもあっさりとした上品な甘さ。太めに切られた葛とがからまって、ツルッとのど越しよくいただけます。余った黒蜜は、葛きりと一緒に入っていた氷を入れて飲むこともできます(お店のおススメです)。

こちらも香ばしい風味の加賀棒茶が付いています。上品な甘さのスイーツと、香り高い棒茶の組み合わせは絶妙です!

「葛きり」と季節のぜんざいとのセットメニューもおススメです。あずき白玉ぜんざいや加賀野菜の五郎島金時芋ぜんざいとのセット(加賀棒茶付き)があります。五郎島金時芋は芋の自然な甘さを味わえます。

「つぼみ特製 抹茶パフェ」も人気のメニュー。抹茶アイス、抹茶プリン、抹茶、寒天、抹茶シフォン、抹茶ソース、白玉、つぶ餡、そば棒など一度に様々な味わいが楽しめる一品です。パフェに入っている白玉が柔らかく、つるつるでモチモチの食感です。

おわりに

歴史を感じることができる金沢城の石垣と、素材にこだわりをもってつくりあげられている絶品の和スイーツを一度に味わうことのできるカフェはなかなかありません。是非、金沢を観光やご旅行などの際に、訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/12−2015/08/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ