小田原お土産はここで決まり!歴史グッズは「北条楽市」にお任せあれ

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小田原お土産はここで決まり!歴史グッズは「北条楽市」にお任せあれ

小田原お土産はここで決まり!歴史グッズは「北条楽市」にお任せあれ

更新日:2015/09/04 12:20

いなもと かおりのプロフィール写真 いなもと かおり 城マニア、観光ライター

神奈川県の西部に位置する小田原市は、戦国時代に「後北条氏」の城下町として繁栄した歴史のある街です。小田原地下街「HaRuNe小田原」に、歴史好きにはたまらないお土産屋さんがあります。戦国期に小田原城主であった武将「北条氏」や、忍者「風魔小太郎」に関連したご当地グッズをはじめ、歴史に関する商品を販売するアンテナショップです。小田原ゆかりの観光土産をお探しの方にオススメの「北条楽市」をご紹介します。

武将や忍者、歴史関連のグッズがいっぱいのお土産屋さん

武将や忍者、歴史関連のグッズがいっぱいのお土産屋さん

写真:いなもと かおり

地図を見る

2015年5月25日、街のシンボル「小田原城」天守閣への入場者数が1960年の開館より55年を経て2,500万人を突破。歴史が好きな人も、そうでない人でも楽しめる観光スポットとして注目されています。

小田原城に行ったならば、是非立ち寄って欲しいお土産屋さんがあります。
2014年11月に誕生した小田原地下街「HaRuNe小田原」。全24店舗が賑わう地下街の一角に、歴史関連商品の品揃えが豊富なアンテナショップ「北条楽市」があります。

店頭で、観光客の目を引きつけていたのは「甲冑」。商品ではありませんが、「北条五代祭り」で阿藤 快さんが着用していた甲冑が展示されています。

北条五代グッズや忍者グッズが買えるお店!

北条五代グッズや忍者グッズが買えるお店!

写真:いなもと かおり

地図を見る

ズラリと並んだ商品は、戦国武将や忍者に関連したお土産ばかり。ミニサイズの甲冑の置物や、家紋の入ったキーホルダーなど、歴史好きにはたまらない品が並んでいます。

その中でも、小田原ゆかりの品「北条五代」関連グッズは、とても人気があります。
ちなみに「北条五代」とは、後北条氏1代目「早雲」、2代目「氏綱」、3代目「氏康」、4代目「氏政」、5代目「氏直」のことを指し、小田原市が北条五代及びその家臣団をPRするためキャラクター作成するなどして、観光に力をいれています。
お弁当箱やキーホルダー、手帳カバー、「小田原北条ノート」といった小田原市でしか売っていない商品もあり、種類も豊富です。北条氏の家紋がデザインされた「北条飴細工」は、人にプレゼントするお土産としても面白いですね。

忍者クッズでは「忍者アイマスク」がオススメ。クノイチ用もあるので2つのレパートリーを着用できます。「忍者なりきりセット」や「手裏剣」は、子供にも人気があり、お孫さんへのお土産に喜ばれます。

外国人旅行客向けお土産〜Japanese Chopsticks〜

外国人旅行客向けお土産〜Japanese Chopsticks〜

写真:いなもと かおり

地図を見る

小田原市といえば小田原城。城に関連したお土産グッズも種類が豊富です。天守閣のキーホルダーやバッチ、プラモデルなど、城マニアにはたまらない商品がズラリ。

特にオススメは「五膳竹箸」です。五膳で600円という格安のお値段なのに、なんと美しい絵柄!戦国武将の甲冑が描かれた竹箸や、富士山が描かれた竹箸も良いですが、城の天守閣が描かれた竹箸は一段と美しいです!!!松本城・名古屋城・会津若松城・大阪城・熊本城の天守閣がそれぞれ描かれていますが、小田原城の天守閣はありません。というのも、こちら外国の観光客向けの商品。

2020年の東京オリンピックに向けて、小田原土産だけではなく、外国人観光客の方にも喜んで頂けるような日本のお土産が取り揃えられています。

「小田原城」天守閣をモチーフにしたお菓子土産

「小田原城」天守閣をモチーフにしたお菓子土産

写真:いなもと かおり

地図を見る

中につぶしあんが入った「城下町もなか」や、甘くておいしい「小田原お城饅頭」など、小田原城の天守閣をモチーフにしたお菓子土産も様々ありますが、中でも「銘菓 小田原城瓦せんべい」がオススメ。

瓦の形にかたどられたせんべいは非常にユニークで歴史を感じられます。刻印された小田原城天守は食べるのがもったいないほど美しく、美術的な味があります。小田原城「銅門」バージョンもあり、2種類の絵柄は見た目でも楽しませてくれますね。18枚入って400円と手が届きやすいお値段。甘い物が苦手な方でも大丈夫!甘過ぎない素朴なお味のお菓子です。

甲冑を着た店員さんに会えるかも?!

甲冑を着た店員さんに会えるかも?!

写真:いなもと かおり

地図を見る

店員さんの中には、歴史が好きな方もいてお客さんと小田原の歴史話で盛り上がることもあるのだそうです。商品紹介だけではなく、街を愛し小田原に住む人の話が聞けるのは「北条楽市」ならではの魅力です。

お会計をしようとレジに向かうとビックリ!運が良ければ、甲冑を着用した店員さんに遭遇することができるかも?!しれません。サービス満点のお土産屋さんです。

観光地に行ったらお土産を買おう!

いかがだったでしょうか?小田原城の総構えは総延長約9キロといわれ、当時の城下町を取り込む巨大城郭でした。小田原の街で育まれた歴史や文化は現在にも引き継がれ、「観光」を通じて出会うことができます。小田原市へ観光にいらした際は「北条楽市」へ!楽しかった思い出と共に、ご当地土産を買って帰りましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -