サハリン、ユジノサハリンスク人気のパワースポットを散策!

| ロシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サハリン、ユジノサハリンスク人気のパワースポットを散策!

サハリン、ユジノサハリンスク人気のパワースポットを散策!

更新日:2017/08/01 14:56

Mizuki Yoshiのプロフィール写真 Mizuki Yoshi 歴史街道トレッカー、伝統の「ワザ」案内人、日本クルーズ&フェリー学会員

ロシア・サハリン州都、ユジノサハリンスクから車で30分程のところに、地元ロシア人や日本人観光客に人気のトレッキング・コースがあります。往復約1時間のなだらかな林間散策コースで万人向きです。途中、パワーストーンや不思議なシャーマン・パワーを感じさせる雰囲気が漂っています。木漏れ日の森、可憐な花々、渓流などを楽しむことができます。大人気のパワースポット・ヴェストチカ村の自然散策路をご紹介します。

散策路入口で「こんにちは!」とあいさつ

散策路入口で「こんにちは!」とあいさつ

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

ユジノサハリンスクは、サハリン州都で南サハリン主要都市。ユジノサハリンスク南部にある空港から東へ12〜13キロ程進むと、ヴェストチカ村があります。ここが人気の自然散策コースの入口。ヴェストチカ村は放送局員などが住む小さい集落で、新しい住宅が多いのです。

車を降り5分ほど歩くと、自然散策路入口。日本の寺社でよく見かける、あ・うん像か、こま犬のような2つの岩がお出迎え。ここでは、「こんにちわ」と岩に声をかける決まりです。「山の神」へのあいさつ。パワースポットへ入っていく境界です。岩に手を触れながら声をかけ、パワースポットの霊気を感じましょう。

散策路入口で「こんにちは!」とあいさつ

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

岩の中央へこみ部(右側の石)に白いものが見えるのは野生のリス用の穀類。地域住民がリスのために置くのです。自然へのリスペクトを感じることが出来ます。

木漏れ日の中の森林コースをゆっくり歩く

木漏れ日の中の森林コースをゆっくり歩く

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

日本語ガイドから、散策路の花々や木々の説明を聞いて楽しめます。

白樺が多い林間は、松類や、くまざさなどの灌木が豊かな森となって、やわらかく包み込みます。散策路周辺の森は比較的若く、明るい散策路です。森林浴に絶好のコース。森の奥へ目をやり、リスや小動物、バードウオッチングなどを楽しめます。周囲の木々には野鳥用のエサ箱がぶら下がっています。

これがパワーストーン!

これがパワーストーン!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

こつぜんと路の脇に現れるのがこのパワーストーン。てっぺんがなでられてつるつる。トレッカーが頻繁になでるため、くまざさが踏み固められ参拝路になっています。ここでは石をなでてパワーをもらいましょう。周囲のくまざさがより新鮮に輝いて見えます。

30分ほどゆっくり歩くと、少し広くなった澱みのある美しい沢に出ます。ここが折り返し点。更に、通称「カエル岩」があるリャグーシカ山々頂を目指す人たちもいます。こちらもパワーストーンです。カエルそっくりの岩と絶景が楽しめるのです。但し、健脚向きのハイキングコースです。

これがパワーストーン!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

「私の国」と書いていある門の脇を通過します。この辺りはシャーマンぽい雰囲気を感じることができるエリアです。

これがパワーストーン!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

周囲一帯は、火山活動による層と、砂の層の境目があり、パワーみなぎるスポットでロシア人に人気の観光地です。残念ながら、サハリンでは英語の説明はほとんどなく、散策路の説明板もロシア語のみで、日本語ガイドがたよりです。以前はヒグマの生息地だったとの説明板(写真)がありますが、人家が近く開発が進んだこの辺りには出没せず安心して歩けます。

行きかうロシア人は「ズドラーストヴィチェ!(こんちには)」と笑顔で声をかける。日本語で「こんにちわ!」とあいさつする人もいます。こちらも笑顔であいさつを返しましょう。トレッキングの楽しみです。

可憐な花の中にこんなスゴイ花も!

可憐な花の中にこんなスゴイ花も!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

現在この渓流では、沢の澱みに浸かって楽しむのがロシア人の間で人気。そのために着替え用小屋まであるのです。

沢の周辺に、咲いている紫色の美しい花に驚かされます。猛毒で有名な「トリカブト」です。

可憐な花の中にこんなスゴイ花も!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

小魚が飛び跳ねるこの渓流は冷涼感が満喫できるマイナスイオン一杯のスポットです。

花咲ガニは身がプリプリで最高の品質!

花咲ガニは身がプリプリで最高の品質!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

ヴェストチカ村の散策路入口まで戻ると、先ほどの2つの岩と再会。今度は「さようなら」と声をかけます。「山の神」へのお別れのあいさつ。

散策後はサハリン名物のカニ料理がオススメ。車をさらに東へ10キロ程走らせると、汽水湖のトゥナイチャ湖の北側を通り、オホーツク海沿岸。当地のレストランで30センチの皿からはみ出すサイズの花咲ガニやタラバガニを堪能してみてはいかがでしょう。生きたまま茹でるカニ(写真)の、プリプリの身を堪能してみては。

花咲ガニは身がプリプリで最高の品質!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

キンキンに冷やしたウォッカやビールをお供に、ハサミをもって真っ赤に変身したカニとの「格闘」を楽しめます。

花咲ガニは身がプリプリで最高の品質!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

人口密度がわずか6人程度のサハリンは、広い北海道を経由してもさらに広大そのもの!州都ユジノサハリンスクには日本統治時代の旧跡などが残っています。ご紹介した自然散策路へ分岐する郊外には巨大なその名もシティ・モールがあり、ショッピングやお土産購入に最適です。土産物店、ショッピング、映画館、スポーツ用品、銀行ATMなどが充実し、キリル文字以外、殆ど欧米の巨大ショッピングモールと変わりません。

サハリンへのルートなど、

サハリンへは、1)新千歳空港(北海道)からのユジノサハリンスク行フライト、2)成田空港からユジノサハリンスクへの直行便、3)韓国インチョン空港経由経由便があります。稚内〜コルサコフ間の定期航路は2017年は6月2日〜9月19日まで就航中です。時刻表を関連MEMOに入れておきます。

ユジノサハリンスクを中心としたサハリン・ツアーなど、旅行社がさまざまなツアーを提供しているので問い合わせしてみてはいかがでしょう。日本語ガイド付き専用車でのツアーなどがあります。参考ですが、タクシーの場合、ユジノサハリンスク南部からヴェストチカ村まで片道500ルーブル程度(日本円で約¥1,500円)です。

サハリンの自然散策コースで、たっぷりの森林浴とパワーと運気をもらう旅はいかがでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ