秋のイチオシ!大感動の「松江水燈路」で国宝・松江城の夜を満喫

| 島根県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

秋のイチオシ!大感動の「松江水燈路」で国宝・松江城の夜を満喫

秋のイチオシ!大感動の「松江水燈路」で国宝・松江城の夜を満喫

更新日:2015/09/01 13:57

浦賀 太一郎のプロフィール写真 浦賀 太一郎 週末トラベラー

平成27(2015)年7月8日、島根県松江市の名城・松江城が国宝に指定されました。
国内12の現存天守のうち、とりわけ歴史・文化的価値が高く、国宝に指定されているのは松江城を含め僅か5城です。

その松江城で、毎年10月に開催されているのが「松江水燈路(すいとうろ)」というライトアップイベント。
今回は松江水燈路の、光と影が織りなす幻想的な魅力をお届けします。
10月の旅行は松江に決まりですよ!

松江水燈路、それは城下町を照らす神在月の奇跡!

松江水燈路、それは城下町を照らす神在月の奇跡!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

お月様がきれいな10月。古い言い方では「神無月(かんなづき)」と言います。ですが、実は島根県では「神在月(かみありづき)」と言うのです。
島根県。古い言い方では「出雲国(いずものくに)」では、毎年10月に日本中の八百万(やおよろず)の神々が集まって、出雲大社で酒造りや縁結びの会議を行うと伝承されています。

日本中の神様が島根に集まる。そんな時に開催されるのが、松江城周辺を淡い光で照らす、松江水燈路なのです。神秘の光に包まれた城下町・松江は、「水の都」と呼ばれる宍道湖の水運豊かな土地柄と共に、心に残る素晴らしい旅路を約束してくれます。

松江水燈路の開催期間は10月1日〜31日の毎日18:00〜21:00まで。
メイン開催は土曜・日曜・祝日で、堀川遊覧船の夜行運転や、お城周辺への行灯(あんどん)設置などなど、他にも色々なイベントが催されます。
平日は「緑の灯り道」として、城内のライトアップが行われます。

※イベント、無料シャトルバスなどの詳しい情報は、「神在月 松江水燈路」公式ホームページをご参照下さい。

幻想的にライトアップされた「国宝・松江城」が遂に登場!!

幻想的にライトアップされた「国宝・松江城」が遂に登場!!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

慶長16(1611)年、江戸時代の最も初期に築城された松江城天守は、黒を基調とした豊臣系の天守です。外見は四層でも実際の内装は五階、地下一階(四重五階地下一階(しじゅう ごかい ちかいっかい)と滑らかに言うとお城通に聞こえますよ!)、その平面規模は現存12天守中2番目の大きさを誇り、高さは3番目、もちろん山陰地方では唯一の現存天守です。

松江水燈路の期間中は、松江城本丸も21:00まで夜間開放され、天守への登閣ももちろんできます。行灯が並んだ登城道をのんびり歩いて、様々な場所から見える、漆黒の闇に浮かぶ天守を楽しみましょう。本丸内に入ると、ライトアップされた天守がハッキリと姿を現します。

天守から城下町・松江の夜景を一望!

天守から城下町・松江の夜景を一望!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

小山のてっぺんに建つ天守最上階の望楼から見渡す松江の風景は、昼間は山陰随一の都市である松江市街、神秘的な美しさの宍道湖、天気が良ければ霊峰・大山まで見晴るかす素晴らしい景観ですが、夜の風景もまた格別!

松江市街や、しんじ湖温泉街の灯り、宍道湖が湖面に映す町並の灯り。
大都市圏の強烈な印象を残す力強い100万ドル、1000万ドルの夜景ではありませんが、どこか優しく、包み込むような、幻想的な町並みの夜景にうっとりと浸れることでしょう。

神在月の松江を彩る行灯は市民の手作りだった!

神在月の松江を彩る行灯は市民の手作りだった!

写真:浦賀 太一郎

地図を見る

城下町の趣を残す塩見縄手や、城内に立ち並ぶ行灯の数々は、実はほとんどが松江市民によって作られたものです。二の丸広場を照らす行灯は500にも登り、市民はもちろん、松江ゆかりのアーティストも手作りで参加しています。
毎年参加者も増え、行灯だけではなく、市民参加のイベント作りが行われています。

手作り行灯が並ぶ淡い灯りの、在りし日の城下町を彷彿とさせる町をそぞろ歩きするのも楽しみの一つ。街灯は極力消灯されているので、往時の雰囲気をそのまま味わうことができます。

また、武家屋敷も開放されているので、お城周辺も見所は沢山。小泉八雲が感動し、永住を願った城下の美しさを堪能しましょう。
期間中特別に夜間営業する松江城のお堀を巡る「堀川遊覧船」もオススメ!城下町に並ぶ行灯を眺めながら、水の都・松江の「水の燈る路…水燈路」の真骨頂を見る絶好の機会ですよ!

松江藩開府を祝う「松江祭鼕(どう)行列」は、江戸時代から庶民に親しまれている伝統行事で、松江水燈路と連動して開催されます。豪快で勇壮な鼕太鼓の音の響く松江を訪れるなら、「水の都 松江」ホームページでイベントカレンダーを調べて早めの宿の予約を。毎年10月の第三日曜日に開催されています。

秋の行楽シーズンに最高の思い出を残すなら松江水燈路!

秋のイチオシ「松江水燈路」をご紹介しました。
国宝に指定されたばかりの松江城天守と、天守を取り巻く松江の夜の宴。皆さんもぜひ松江に訪れて、初めてなのにどこか懐かしい、再訪なのにどこか新しい…そんな松江のライトアップイベント「松江水燈路」で、最高の秋の思い出を作ってください!!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ