トルコ・イスタンブールで絶景が望める!コスパ最高な「ホテルネナ」

| トルコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

トルコ・イスタンブールで絶景が望める!コスパ最高な「ホテルネナ」

トルコ・イスタンブールで絶景が望める!コスパ最高な「ホテルネナ」

更新日:2015/08/31 16:11

ご存知の方も多いかもしれませんが、イスタンブールは欧州側の旧市街・新市街、そしてアジア側との3つのエリアからなっています。
観光の中心はやはり旧市街に集まっていると言っていいでしょう。

このホテルネナは、欧州側旧市街の観光モニュメントが集まる、スルタンアフメットエリアからほど近いところに位置し、ホテル内のレストランから見るブルーモスクの姿が特に印象的です。
立地もさることながら料金もお手頃です!

レストランから見る一服の絵のような風景に感動間違いなし!

レストランから見る一服の絵のような風景に感動間違いなし!
地図を見る

とにかく一押しなのは、レストランから見る風景です。
「お天気が良ければ」と言う条件は否めませんが、ブルーモスクの背後に太陽が上がり、シルエットになったモスクと朝陽、まるで一服の絵のようで感動することでしょう!

もちろん、朝陽だけではなく霞みがかった曇り空の下でも、幻想的なイスタンブールを見る事が出来るのでご心配なく。

時間帯によって姿を変える美しい都の風景

時間帯によって姿を変える美しい都の風景
地図を見る

訪れる季節や時間によってももちろん違いはありますが、いつ何時も美しい風景を魅せてくれるイスタンブール。
そのアイコンの1つはやはりエキゾチックな建造物ですね。
ホテルのレストランのテラスへ出てみると、まずは真正面にブルーモスク、そしてアヤソフィアと言うまさにイスタンブールの代表とも言える建造物に、ボスポラス海峡まで見渡すことが出来ます。

仄かな明るさの朝陽の上がる前には、まだ灯りがともされていて、浮かび上がるようなモスクが何とも幻想的な姿です。

絶景と共に種類豊富な朝食ビュッフェもまたお薦め♪

絶景と共に種類豊富な朝食ビュッフェもまたお薦め♪
地図を見る

種類も豊富なビュッフェが全て揃うのは8:00頃〜ですが、太陽が上がる前に行くのが絶対お薦めです♪
まずはカメラ片手に暑くても寒くてもテラスへ出てみましょう〜そして、時間と共に移りゆく美しい都の風景を思う存分撮影したら、ゆっくりと朝食を頂きましょう!

トルコらしい前菜を始め、パン類も豊富で美味しいです。名物の一つバラジャムを是非味わってみて下さい!
エキゾチックな風景を見ながら頂く朝食は絶品ですよ。

ライトアップされた姿も美しく、イスタンブールを感じるインテリアが素敵なホテル

ライトアップされた姿も美しく、イスタンブールを感じるインテリアが素敵なホテル
地図を見る

ホテル自体はそう大きくない客室30室程ですが、清潔でインテリアもトルコ様式とビザンチン様式の建築が調和した素敵なプチホテルです。
部屋や廊下からの声がやや響くと言う点を除けば、パーフェクトに近いホテルと言えるのではないでしょうか?

愛らしいピンク色の建物に、レースのようなアイアンワークがオシャレなエントランスが迎えてくれます。
ライトアップされた夜は一際美しい姿になります。

フレンドリーなスタッフとおしゃべりしながら、中庭の見学もお忘れなく!

フレンドリーなスタッフとおしゃべりしながら、中庭の見学もお忘れなく!
地図を見る

このホテルのスタッフはみんなフレンドリー♪
出発前の日本からのメールレスポンスもとっても速く、細かい質問にも答えてくれます。

チェックアウト後も荷物を預かってくれますが、ホテルを出る前には中庭見学もお忘れなく!
夏は開放されていますが、冬場であればスタッフに一声かけたら案内してくれますよ。
楽しい会話と共にこのホテルでの思い出がまた増えることでしょう♪

まとめとして

アジアと欧州、東西文化の入り混じるエキゾチックイスタンブールは、誰もが一度は訪れてみたいと思う旅先ではないでしょうか?
どこに泊まるか?ホテルを選んでいる時からもう旅は始まっています。
やっぱり立地が良くオシャレでお手頃価格なのは、ホテル選びの条件とも言えますね。
こんな「絶景」と言う付加価値があるホテルネナで、素敵なイスタンブールをお過ごし下さい♪

観光やランチ・ディナーを付けられるプランもあり、さらには空港送迎片道が無料(ホテルサイトから3泊以上の予約)なんて、至れり尽くせりのコスパ最高のホテルですね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/29−2015/01/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ