シーズン到来を告げる紅葉の絶景!竜頭ノ滝と奥日光・湯ノ湖で紅葉狩り

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

シーズン到来を告げる紅葉の絶景!竜頭ノ滝と奥日光・湯ノ湖で紅葉狩り

シーズン到来を告げる紅葉の絶景!竜頭ノ滝と奥日光・湯ノ湖で紅葉狩り

更新日:2015/09/03 17:41

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

竜頭ノ滝(栃木県日光市)は、関東で一番早くカエデの紅葉が見頃になり、紅葉シーズン到来のニュースにも頻繁に登場する、関東を代表する紅葉名所です。隣接する奥日光・湯ノ湖や日光湯元温泉と併せて、シーズン最初の紅葉狩りに最適です。

紅葉の日光では渋滞が心配ですが、竜頭ノ滝の紅葉最盛期は中禅寺湖や華厳の滝、いろは坂の紅葉には時期尚早で混雑も回避。紅葉の絶景を快適に楽しめるので、断然おすすめです!

関東で一番早いカエデの紅葉名所!竜頭ノ滝は早朝から見物可能

関東で一番早いカエデの紅葉名所!竜頭ノ滝は早朝から見物可能

写真:藤田 聡

地図を見る

竜頭ノ滝の紅葉は山岳部のナナカマドを除いて、車で行けるカエデの紅葉では関東で一番早い紅葉名所。10月上旬には、既に紅葉が見頃です。

竜頭ノ滝の前に龍頭之茶屋の売店と蕎麦屋があり、いずれも早朝から営業。その先に一般向けの展望スペースがあり、早朝から大勢の観光客で賑わいます。蕎麦屋で蕎麦を食べながら、紅葉見物する事も出来ます。隣接して無料駐車場があり、満車の場合は南側の「おさかな情報館」前にも無料駐車場があります。

竜頭ノ滝の紅葉は長く続く。横からも上からも見よう!

竜頭ノ滝の紅葉は長く続く。横からも上からも見よう!

写真:藤田 聡

地図を見る

竜頭ノ滝の紅葉は、龍頭之茶屋からの眺めが代表的ですが、滝は上まで続いており、紅葉も続いています。茶屋右側の遊歩道を登って行けば、川のように続く滝の横を歩く事が出来、その途中で横からも眺められます。

一番上まで登ると国道に出て、国道の「竜頭の橋」から竜頭ノ滝の紅葉を見下ろす事も出来ます。国道横に無料駐車場もありますが、昼間には満車になるので、早朝から行動する必要があります。

写真のように、太陽光線が差し込むのは9時頃です。滝壺付近や滝の横を上まで散策していると、紅葉のあまりの美しさに時間を忘れ、早朝から見物開始しても、あっという間に9時になります。日光が降り注ぐと、竜頭ノ滝の紅葉が一層美しく光輝き、大感激出来ます!

竜頭ノ滝の後に行きたい!湯ノ湖の紅葉も絶景

竜頭ノ滝の後に行きたい!湯ノ湖の紅葉も絶景

写真:藤田 聡

地図を見る

竜頭ノ滝の紅葉は日光でも一番早いので、他に車で行ける場所に紅葉は無く、戦場ヶ原の草紅葉がある程度です。奥日光の紅葉も同時に見る為には、竜頭ノ滝の紅葉見頃に一週間程遅れて訪問するのがコツです。

奥日光でも紅葉が早いのが湯ノ湖で、湖畔の日光湯元温泉の無料駐車場に車を停めて、湯ノ湖東側の遊歩道を南端まで散策します。途中、紅葉の絶景スポットが次々に現れますが、一番南側(写真)が特に絶景。日光白根山に連なる山々を背景に、湯ノ湖の紅葉が猛烈に美しく、奥日光の大自然の素晴らしさを実感出来ます。

日光湯元温泉街には真っ赤な紅葉や白樺の絶景スポットも!

日光湯元温泉街には真っ赤な紅葉や白樺の絶景スポットも!

写真:藤田 聡

地図を見る

日光湯元温泉街の無料駐車場から湯ノ湖遊歩道へ行く途中、おおるり山荘付近に美しい紅葉が沢山あり、絶景スポットになっています。

青空の下で、もみじが真っ赤に色付き、白樺の白に映えて猛烈な美しさ。本当に美しい紅葉の絶景を見て、その美しさをそのまま写真に残したいという強い気持ちが、写真が自然と上達する原動力になるので、写真撮影にも最適です。

竜頭ノ滝の紅葉が終わっていたら、湯滝の紅葉を堪能!

竜頭ノ滝の紅葉見頃は10月上旬ですが、奥日光の紅葉も併せて楽しむには10月中旬に入った頃がおすすめ。紅葉の進行が早いと、竜頭ノ滝の紅葉が終わってしまう場合もありますが、その場合は奥日光の紅葉が最盛期になり、湯滝を含めた広い範囲で紅葉します。

湯滝とは湯ノ湖南端の滝で、遊歩道から湯滝の紅葉を見降ろせます。見頃の場合は有料駐車場になっている、湯滝の下にも車で行ってみましょう。大迫力の湯滝の紅葉を見上げるだけでなく、周辺の林の中を滝壺から溢れた清流が流れ去り、幻想的な美しさ。清流に面した林間に紅葉が加わり湯滝に匹敵する絶景で、湯滝と併せてダブルの絶景を楽しめます!

気象条件により紅葉の色付き具合は随時変化するので、このようにバックアップの目的地を用意しておくのも、紅葉狩りを成功させるコツです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/10/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ